老人ホームを知ろう

有料老人ホーム・介護施設から高齢者向け住宅まで、シニア向けの住まいにはさまざまなタイプがあります。

それぞれどんな特徴があり、どのくらいの費用がかかるのかを見てみましょう。

老人ホームを知るために、まずおさえておきたいこと

有料老人ホームをくわしく知る

シニアの住まいとして、もっともポピュラーな有料老人ホーム。大きく分けて「介護付き有料老人ホーム」、「住宅型有料老人ホーム」、「健康型有料老人ホーム」があります。

有料老人ホーム

介護付き有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

健康型有料老人ホーム

有料老人ホームのショートステイを探す(外部リンク)

高齢者向け住宅をくわしく知る

比較的お元気なシニアの方が、さまざまな支援を受けながら暮らすことができる高齢者向け住宅。

「サービス付き高齢者向け住宅」「高齢者専用賃貸住宅」「高齢者向け優良賃貸住宅」「シニア向け分譲マンション」などさまざまなものがあります。

関連記事 【はじめての方へ】高齢者向け住宅について

サービス付き高齢者向け住宅

高齢者専用賃貸住宅

高齢者向け優良賃貸住宅

シニア向け分譲マンション

介護保険施設をくわしく知る

介護保険施設とは、介護保険サービスとして利用できる、要介護状態の方を受け入れる施設です。「特別養護老人ホーム(特養)」、「介護老人保健施設(老健)」、「介護療養型医療施設(療養病床)」の3つがあります。

関連記事 【はじめての方へ】介護保険施設とは?

特別養護老人ホーム

介護老人保健施設

介護療養型医療施設

介護保険施設のショートステイを探す(外部リンク)

その他の介護施設をくわしく知る

グループホームやケアハウスなど、その他の介護施設についてはこちら。

関連記事 その他の介護施設について

グループホーム

軽費老人ホーム

ケアハウス

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

情報セキュリティマネジメントシステム 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。