介護保険施設とは?

介護保険施設は、介護保険サービスとして利用できる居住型の介護施設のことで、「特別養護老人ホーム(特養)」、「介護老人保健施設(老健)」、「介護療養型医療施設」の三つのタイプがあります。それぞれの特徴や費用について解説します。

介護保険施設には3つのタイプが

介護保険施設は、介護保険サービスの一つとして、要介護認定を受けた方が利用できる居住型の施設です。入居対象は、「65歳以上」または、特定疾病により介護を必要とする「40~64歳」の要介護者です。必要な介護や医療により、次の三つのタイプに分かれます。

中重度の要介護者が生活する「特別養護老人ホーム(特養)」。リハビリを提供して在宅復帰を目指す「介護老人保健施設(老健)」、医療行為などがあり長期療養を目的とした「介護療養型医療施設(療養病床)」です。何れも、入居時にまとまった入居金は不要です。介護保険の財源で運営している部分が大きく、月額費用も有料老人ホームなどと比べて安価に利用することができます。

特別養護老人ホーム(特養)

特別養護老人ホームは、中重度の要介護高齢者が生活するための施設です。「特養」とも呼ばれ、主に社会福祉法人が運営し、日常生活に必要な介護を中心に、レクリエーションやリハビリなども提供します。

入居対象は、介護保険施設の中で特養だけ「要介護3~5」の認定がある方、と決められています。近年は個室化が進んでいますが、依然として4人部屋の「多床室」も多く存在します。多床室は費用が低額なので、人口の多い都市部では入居待機者が多いのですが、郊外に行くと空室のある特養もあります。

株式会社などが手掛ける「有料老人ホーム」と比較されますが、どちらも高齢者の生活施設という点では同じです。しかし、サービス内容や料金体系が大きく異なり、双方にメリット・デメリットが存在します。

特別養護老人ホーム(特養)とは? 特別養護老人ホーム(特養)の費用と料金 特別養護老ホームと有料老人ホームの違い

介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設は、自宅と病院の中間施設として位置づけられた介護施設です。「老健」とも呼ばれ、医療法人や社会福祉法人が運営しています。

入居対象は「要介護1~5」と認定された方で、主に病院で治療を終えた高齢者が、退院後の自宅復帰を目指すために入居します。老健には、医師や看護師、リハビリスタッフなどが配置され、日常の生活支援はもちろん、医療ケアや手厚いリハビリを受けることができます。

特別養護老人ホーム(特養)と比較すると、どちらも介護サービスが受けられる入居型の施設という点は同じです。しかし、老健は自宅復帰を目指すという性格が強く、入居期間も「3ヶ月~1年程度」と、一定期間で退去することが前提となっています。そのため、長期滞在ができる特養とは役割が異なります。

介護老人保健施設(老健)とは?介護老人保健施設(老健)の費用特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)の違い

介護療養型医療施設(療養病床)

介護療養型医療施設は、長期療養が必要な高齢者向けの介護施設です。医療法人が運営し、医師や看護師による手厚い医療ケアが受けられ、「療養病床」とも呼ばれています。

入居対象は「要介護1~5」と認定され、「経管栄養」や「たんの吸引」、「がんの疼痛管理」など、継続的な医療・介護を必要とする高齢者です。

実際には、要介護3以上の中重度の高齢者が多く入居しているため、レクリエーションなどの娯楽やイベントは、他の介護施設と比べると少ないようです。また、個室よりも4人部屋の「多床室」が多いことから、比較的少ない費用負担で入居することができます。

※法改正に伴い、「介護老人保健施設(老健)」や、2018年4月に新設された「介護医療院」へ転換することが決まっています。

介護療養型医療施設(療養病床)とは?介護療養型医療施設(療養病床)の費用・料金

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

介護保険施設を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。