その他の介護施設について

介護施設の種類は多岐に渡ります。認知症の高齢者向けの「グループホーム」や、生活に不安がある高齢者が対象の「軽費老人ホーム」、身体介助にも対応する「ケアハウス」もその一つです。それぞれ特徴について解説します。

グループホーム

グループホームとは、認知症のある高齢者を対象とした居住型の施設です。「ユニット」と呼ばれる9名以下のグループごとに生活し、スタッフによる介助や機能訓練、レクリエーションなどが提供されます。入居者はできる範囲で家事などの役割分担を行い、お互いが助け合うことで、認知症の進行を遅らせる効果が期待されています。認知症と診断され、要支援2以上の介護認定があり、施設と同一地域に住む高齢者が利用できる、「地域密着型サービス」の一つです。

グループホームとは グループホームの費用 【見学前に要確認!】グループホームの選び方

軽費老人ホーム

軽費老人ホームとは、主に社会福祉法人が運営する高齢者向けの生活施設です。「身体は元気だけど生活に不安がある」といった高齢者を対象としており、見守りと食事の提供を行う「A型」と、見守りのみの「B型」があります。介護が必要となった場合は、訪問介護などの外部サービスと契約する必要があります。また、入居者の所得に応じた料金体系となっており、有料老人ホームなどに比べて少ない費用負担で利用できます。

軽費老人ホームとは軽費老人ホームの費用

ケアハウス

ケアハウスは軽費老人ホームの一種で、「軽費老人ホームC型」とも呼ばれています。こちらも社会福祉法人が運営し、主に自立した高齢者を対象に、見守りや食事の提供といったサービスを提供しています。行政から「特定施設」の指定を受けたケアハウスであれば、身体介助や機能訓練、レクリエーションなども実施しており、介護が必要な高齢者も入居可能です。また、入居者の所得に応じた料金体系となっており、有料老人ホームなどに比べ少ない費用負担で利用できます。

ケアハウスとはケアハウスの費用

【はじめての方へ】リバースモーゲージ|自宅を活用して入居資金を準備しよう

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

グループホーム、ケアハウスを探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。