有料老人ホームの費用が払えないと何が起こるのか

老人ホーム払えない

有料老人ホームでは、入居時にまとまったお金を支払っていたとしても、管理費や食費などの月額利用料が発生します。

これは、ホームで生活を継続するために必要な経費ですが、万が一、お金の捻出ができず支払いが滞るとどうなってしまうのでしょうか。

なぜ支払いが滞るのか、その状況

月額利用料を利用者が支払えなくなるのは、どんな場合が考えられるのでしょうか?

考えられるのは、今まで毎月定額で入ってきた年金以外の収入が滞ってしまう下記のような場合です。

老人ホームの支払いが滞る理由

  • 介護度の進行により、想定以上に介護費用の自己負担額が増加した
  • 自宅を売却し介護費用に充てよう考えていたが、売却がうまく進まない
  • アパートの不動産収入が入っていたが、空室が増え収入が減少した
  • 息子が金銭援助をしていたが、病気のため職を失い親を支えられなくなった

このように、入居当初と比べ経済状況が変化し支払いの滞りが起こることは、誰にでも起こりうるリスクです。

支払いを滞納すると何が起きるのか

月額利用料を滞納してしまった場合、どんなことが起こるのでしょう。

まず、即時退去を求められるということはありません。1~2カ月の猶予が認められるのが通常です。これは一般的に契約書や重要事項説明書に記載されています。

また、本人に支払い能力がない場合、身元引受人(連帯保証人)へ連絡がいきます。その後も払えない状況が続き、滞納期間があまりに長引いてしまうと、強制退去を求められるということも可能性としてはありえます。

まずは施設スタッフに相談!

まずは入居しているホームの生活相談員やケアマネジャー、施設長といった人に事情を伝え相談しましょう。その上で必要な手続きを進めていきます。

周辺でより低価格の施設を紹介してくれる場合や、仲介業者である「老人ホーム紹介センター」の担当者を紹介してくれる場合もあるでしょう。

また、ネットなら条件を入力することでいつでも探すことができます。活用してみましょう。

【初期費用を抑えられる】入居金0円の老人ホーム・介護施設特集

支払えなくなった場合の対処法

料金が支払えないということがわかった場合、退去までの猶予期間にすぐ次の手を考えることが大切です。そのまま放置しておくと、行き場がない状態で強制退去ということになる可能性もあるからです。

料金が安い施設に転居する

入居しているホームがまだ償却期間中で、未償却の入居金が残っているなら退去(契約解除)することでいくらかは戻ってきます。

その費用を転居する老人ホームの入居金や月額費用に充てるという考え方もあるので、未償却金額を確認してみるとよいでしょう。

その際、退去時の原状回復費用の支払いが必要かどうかもよく確認しましょう。通常のアパートなどの退去時と同様に、経年劣化によるものは、利用者負担で回復する必要はありません。

その上で、入居金0円など比較的安価な有料老人ホームや、初期費用をそれほど必要としないサービス付き高齢者向け住宅などを探すとよいでしょう。一定の条件を満たすことができればグループホームという選択肢もあります。

また、社会福祉法人などが運営する福祉施設で、有料老人ホームよりも比較的低価格でサービスを提供している軽費老人ホームという選択肢もあります。

要介護度3以上であれば、初期費用もかからず月額利用料も低額な特養(特別養護老人ホーム)への入所も可能です。都市部の特養では入居まで数ヶ月待ちというところも多いため、複数の特養に申し込むという手もあります。

老人ホーム・介護施設の種類、それぞれの特徴

生活保護を受給する

年金を受給していても、生活に困窮していると認められた場合は生活保護を受けられる可能性があります。そして、生活保護を受給していても入居できる老人ホームがあります。

介護費用も生活保護の扶助対象となるので、要介護・要支援の認定を受けている方はケアプランを生活保護の担当員に提出することで介護サービスを受けることができます。

金額的に折り合わず、どうしても入れるホームが見つからない場合には、自宅に戻り訪問介護を利用して生活することとなります。

ライフプランニングは慎重に

有料老人ホームなどに入居する際には、事前に資産や財産などを確認し、しっかりライフプランニングをしておくことが大切です。家族が援助をするにしても限度があるでしょう。一定の金額を越えたら住み替えを検討するなども考えておきましょう。

入居後に経済状況が変化することも考えられます。その場合には、速やかに相談し、可能な公的支援を受ける手続きをすることが大切です。

【初期費用を抑えられる】入居金0円の老人ホーム・介護施設特集

著者

株式会社回遊舎 酒井富士子

株式会社回遊舎 酒井富士子(フィナンシャル・プランナー)

“金融”を専門とする編集・制作プロダクション。
お金に関する記事を企画・取材から執筆、制作まで担う。近著に「貯められない人のための手取り『10分の1』貯金術」、「J-REIT金メダル投資術」(株式会社秀和システム 著者酒井富士子)、「NISA120%活用術」(日本経済出版社)、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った世界で一番わかりやすいニッポンの論点1 0」(株式会社ダイヤモンド社)など

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

老人ホーム・介護施設を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。