軽費老人ホームの費用

初期費用は0~数十万、月額費用はおよそ3~17万円で、居住費などは安価ですが、A型とB型で食費の分、費用が異なります。

軽費老人ホームの費用の考え方

軽費老人ホームの費用は「A型」と「B型」で異なります。

食事を提供するA型は、生活費として家賃・サービス提供費・食費・日常生活費を負担するのに対して、B型では、生活費として家賃・サービス提供費・日常生活費を負担して、食事は自炊することになります。

いずれも、初期費用として保証金を払い込み、介護が必要な場合には、外部の介護事業者を利用して、要介護度に応じた介護サービス費の自己負担分をその事業者に支払います。

下の図は、A型とB型における介護サービスを利用しないときの入居者が負担する費用のイメージです。

例)A型の場合

※外部介護サービスを利用したと想定

軽費老人ホームA型の利用料イメージ

例)B型の場合

※外部介護サービスを利用したと想定

軽費老人ホームB型の 利用料イメージ

軽費老人ホームで介護サービスを利用する場合には、自宅で暮らす要介護者同様に、外部事業者の訪問・短期入所・一時入所サービスなどを利用することになります。

生活費に含まれる居住費は地域や設備、居室の大きさなどによって決まり、一般に都市部の方が高く設定されています。ただし、入居者および世帯全員が生活保護の対象であったり、年収が少なかったりすれば、サービス費は低く設定されます。

施設ごとに、その他生活費として、理美容代、新聞・雑誌などの項目や料金が設定されており、入居者は利用した分だけ実費を負担します。詳細は入居を検討する施設に確認してください。

また冬季には、月額2,000円~5,000円程度の冬季加算を負担するところもあります。実際の自己負担金額については、入居を希望する施設へ直接確認してください。

なお保証金は、一般的な不動産契約における敷金にあたるお金で、退去時に居室内の清掃・修繕などで必要になる経費、あるいは家賃が滞った際の滞納分に充填され、残金は基本的に返却されます。

【はじめての方へ】リバースモーゲージ|自宅を活用して入居資金を準備しよう

軽費老人ホームとは

軽費老人ホームとは、社会福祉法人や地方自治体などによって運営される福祉施設で、有料老人ホームよりも比較的安い費用でサービスを受けられます。

サービスは、見守りや外出時のサポートといった生活援助が主で、食事や排泄の介助といった身体介護のサービスは提供されていません。

身寄りがない、または家庭環境や経済状況などの理由により家族との同居が困難な高齢者が暮らす軽費老人ホームは、高齢者の生活の基本的な部分をサポートする施設なのです。

軽費老人ホームについて詳しくはこちら

監修者

森 裕司 株式会社HOPE代表
介護支援専門員、社会福祉士、精神保健福祉士、障がい支援専門員
医療ソーシャルワーカーを11年間経験後、ケアマネジャーとして相談援助をする傍ら、医療機関でのソーシャルワーカーの教育、医療・介護関連の執筆・監修者としても活動。企業の医療・介護系アドバイザーとしても活躍中。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

ケアハウス(軽費老人ホーム)を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

情報セキュリティマネジメントシステム 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。