グループホームとは

グループホームとは、認知症の高齢者が共同生活を送りながら、専門スタッフによる身体介護と機能訓練、レクリエーションなどを受ける施設です。正式名称は認知症高齢者グループホーム、介護保険法では「認知症対応型共同生活介護」と呼び、65歳以上で要支援1をのぞく要支援2以上の介護認定を受けた方向けのサービスです。入居者数の定員は1ユニットあたり9名と定められており、少人数で家庭的な雰囲気が特徴です。

メリット・デメリット

グループホームは、社会福祉法人や地方自治体、NPOなどによって運営される地域密着型の介護施設であり、認知症高齢者を受け入れています。

グループホームにおいて入所者は、介護スタッフのサポートを受けながら、5〜9人のユニット単位で共同生活を送り、認知症の進行を緩やかにすることを目的としています。ただし、身体状態が悪化し、1人で着替え・食事摂取・排泄などができなくなったり、慢性疾患のために日常的な医療ケアが必要になったりすると退去しなくてはなりません。

メリット

  • 少人数で家族的な介護を行っている
  • 小規模でアットホームなところが多い
  • レクリエーション充実のところも多い
  • 認知症専門のスタッフが常駐する

デメリット

  • 身体状態が悪化すると退去しなくてはならない場合がある
  • 医療ケアには対応しないところが多い
  • 施設と同じ地域に住民票がないと入居できない
グループホームで共同生活を送る、良い点・悪い点は?

グループホームの費用

グループホームの入所には、多くの場合、初期費用と月額利用料が必要になります。施設の場所や地域、設備やスタッフによって、初期費用は0~数百万円、月額利用料は15~30万円程度とかなり差があります。なお費用は一般に、大都市圏の方が高めに設定されています。

※下記は目安となります

初期費用 月額費用
0~数百万円 15~30万円
グループホームの費用を見る

入所基準

グループホームの入所では、「65歳以上の要支援2または要介護1以上の認知症患者」「施設のある市町村に住民票があること(グループホームは地域密着型サービスのため)」が基本条件となっています。そのほかの条件は、「身の回りの世話ができる」「感染症にかかっていない」「共同生活に適応できる」など、地域や施設によって様々で、詳細は施設に問い合わせる必要があります。

年齢 介護レベル 認知症 共同生活 収入・資産
65歳以上 要支援2~要介護5 対応 必須 特に影響なし

提供されるサービス

グループホームで提供されるサービスは、認知症についての正しい知識を持った介護スタッフによる見守り・食事・掃除・洗濯のサポート・機能訓練・緊急時の対応などです。家庭に近い環境で家事などを行うようにサポートすることで認知症の症状を和らげるのが狙いです。

ただし通常は、常時見守りが必要な重度の認知症患者や医療処置が必要な患者などは受け入れていません。

生活の援助 身体の介護 身体の機能回復 医療処置

グループホームの設備

グループホームには、基本的な設備である居室、浴室・トイレなどの共同設備、食堂と共同リビングを兼用する共同生活室のほか、機能訓練室などの設備が備えられています。居室は基本的にユニット型の個室で、設備は施設によって様々です。また自立をサポートする施設という性格上、介助浴槽などの機械式入浴設備は設置されていません。

居室 個室・準個室
食堂・リビング あり
浴室 あり
機能訓練室 あり
健康管理・相談室 あり
洗濯室 あり
居室内トイレ・キッチン 一部あり
理美容室 一部あり

入所手続

グループホームへの入所の申し込みは、各施設に行います。

入所申込書の提出、訪問あるいは来訪による面談の後、住民票・健康診断書・所得証明書・面談・診断書などの必要書類を提出し、施設スタッフなどが、「自立度」「要介護度」「介護の必要性」「資産や収入額」などから、総合的に判断して、入所が決定されます。

特に診断書は、医師による認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症など)の診断を確認する上で必須となります。

入所難易度

グループホームは2008年に導入された制度ですが、現在は新設物件が少なく、施設の規模(定員)も少数のため、入所まで数か月を要する施設もあります。入居を希望する場合には、待機人数や待機期間などを各施設に確認しましょう。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

グループホームを探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。