介護療養型医療施設(療養病床)の費用

初期費用は0円、月額費用はおよそ9~17万円と、安価でサービスを受けられるものの、老健や介護医療院への転換が決まっており、2020年までに廃止の予定です。

介護療養型医療施設の費用の考え方

介護療養型医療施設(別称:療養病床)では、入所一時金などの初期費用は必要ありません。入所後に月額費用として、介護サービス費と生活費(居住費・食費・その他日常生活費)を自己負担することになります。

下の図は、要介護度3の入所者が負担する費用のイメージです。

例)要介護度3の方の場合

療養型・要介護度3の方の場合

介護サービス費(介護療養型医療施設サービス費)は、要介護度などによって異なり、要介護度が高くなるほど、高額に設定されています。また、施設の設備や職員の体制、施設で対応する処置やサービスなどに応じて、「褥瘡対策指導管理加算」「感染対策指導管理加算」などの介護サービス加算が発生し、その1割も自己負担となります。※自己負担割合はその方の収入に応じて1割~3割となります。

生活費に含まれる居住費は、施設や居室のタイプによって決まり、多床室よりも個室の方が高く設定されています。また施設ごとに、その他生活費として、電話代や理美容代、新聞・雑誌などの項目・料金が設定されており、入所者は実費を負担します。詳細はケアマネジャーや施設に確認してください。

月々の費用(目安)

介護療養型医療施設の費用は負担能力に応じて、入所者本人と主たる扶養義務者(配偶者・子供など)が負担することになります。

以下は、東京の介護療養型医療施設における自己負担額の例です。

介護療養型医療施設の月々の費用

従来型多床室の費用(30日換算、要介護3の場合)の表
内訳 利用料
居住費 ¥9,600
食費 ¥41,400
その他費用 ¥10,500
介護療養型医療施設
サービス費
¥32,130
サービス加算 ¥1,567
合計 ¥95,197
ユニット型個室の費用(30日換算、要介護3の場合)の表
内訳 利用料
居住費 ¥59,100
食費 ¥41,400
その他費用 ¥10,500
介護療養型医療施設
サービス費
¥32,790
サービス加算 ¥1,567
合計 ¥145,357

ただし本人および世帯全員が生活保護の対象であったり、年収が少なかったりすれば、居住費や食費は低く設定され、介護サービス費についても高額介護サービス費などの補助金が自治体から支給されます。そのため、実際の自己負担金額については、ケアマネや施設に確認しましょう。

介護療養型医療施設とは

介護療養型医療施設とは、医療法人などによって運営される施設で、医療処置が充実しており、寝たきり状態の高齢者や重度の認知症患者をはじめとして、特別養護老人ホームよりも重度の要介護者を多く受け入れています。

サービスは、痰の吸引、経鼻栄養、酸素吸入といった医学的管理下でのケア・看護・リハビリ・介護などが中心で、レクリエーションなどのサービスはあまり行われていません。

介護療養型医療施設は、新たに創設された「介護医療院」への転換によって廃止される予定で、その移行期限は2024年3月までとされています。

介護療養型医療施設について詳しくはこちら

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

介護療養型医療施設を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。