要支援2とは?受けられるサービスや要支援1、要介護1との違い

要支援2は介護が必要な度合いを表す「要介護度」のうち、要支援1に次いで軽度の状態とされています。要支援1と要支援2はともに「介護予防サービス」の対象です。また、自治体が独自に実施する「介護予防・日常生活支援総合事業」のサービスを受けることができます。

要支援2とは?

要支援2はどんな状態?

厚生労働省によると、要支援とは、家事や身支度等の日常生活に支援が必要であり、特に介護予防サービスを利用することで生活状況の改善が見込める状態とされています。

要支援2は、要支援1と同様に食事やトイレも一人でできるのですが、身の回りのことに手助けをより必要とする状態です。また、足腰も要支援1に比べて弱っています。

要支援2と要支援1、要介護1の違い

では、要支援2は要支援1や要介護1とはどう違うのでしょうか。

いくつかの自治体が公表している基準を表にまとめてみましたので、比較してみましょう。

要支援1 要支援2 要介護1

・日常生活動作を行う能力がわずかに低下し、何らかの支援が必要となる状態。

・部屋の掃除などの家事を行うときに一部見守りや手助けを必要とする。

・立ち上がったり片足で立ったり、複雑な動作に何らかの支えを必要とすることがある。

・食事やトイレはほとんど一人でできる。

・日常生活動作を行う能力が一部低下し、部分的な介護が必要となる状態。

・部屋の掃除などの家事を行うときに見守りや手助けを必要とする。

・立ち上がったり両足で立ったり、複雑な動作に何らかの支えを必要とすることがある。

・立ち上がりや歩行などに支えを必要とする。

・食事やトイレはほとんど一人でできる。

・立ち上がりや歩行が不安定一部介助を必要とする。

理解力の低下がみられることがある。

・トイレや入浴に一部介助が必要。

※参考:静岡市、戸田市、和寒町(2020年)

要支援2の方が入居できる介護施設特集を見てみる

要支援2だとどんなサービスが使えるの?

要支援の認定を受けると、予防給付というサービスを受けることが可能です。以下の予防給付サービスから自分に合ったサービスを利用することができます。

訪問系サービス 訪問入浴 看護師と介護職が自宅に訪問して入浴介助を行います。
訪問看護 看護師が自宅を訪問して医療的ケアを行います。
訪問リハビリ 理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が自宅に訪問してリハビリをおこないます。
通所系サービス

通所リハビリ 利用者がリハビリ施設に通い、リハビリを受けます。
認知症対応型通所介護 認知症ケアを専門とした通所施設に通って食事や入浴などの支援を受けます。
多機能型サービス 小規模多機能型居宅介護 施設への通いを中心に、訪問介護サービスや短期の宿泊サービスを受けます。
宿泊系サービス 短期入所生活介護(ショートステイ) 介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどの施設に短期間宿泊するサービスです。
短期入所療養介護 医療機関や介護老人保健施設などで医療ケアを受けながら短期間宿泊するサービスです。
入居系サービス 特定施設入居者生活介護 有料老人ホームや軽費老人ホーム等、指定を受けた施設で日常生活上の支援を受けます。
地域密着型サービス 認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 認知症ケアを専門にした施設で見守りや介助を受けながら利用者同士が共同生活を送るサービスです。
福祉用具 福祉用具貸与 専門知識を持った業者から福祉用具をレンタルするサービスです。
特定福祉用具販売 専門知識を持った業者から福祉用具を購入するサービスです。

介護度別に決められた「区分支給限度額」の範囲内であれば、利用したサービスの費用のうち1割から3割の負担での利用が可能です。

ただし、介護保険の給付にも上限があります。要支援の場合、区分支給限度額は約105,310円ですから、自己負担が1割の方の場合、サービス利用額が約10,531円を超えた分は全額自己負担となります。

では、要支援2の方がどんな介護サービスを利用しているのか、A子さんを例に見てみましょう。

要支援2のA子さん(一人暮らし)の場合

A子さんは介護予防サービスを利用しながら一人暮らしをしています。

歩く時や片足で立つときにふらつくことがあるので、足の筋力が低下しないようにリハビリに通っています。

外出時の転倒を防止するために福祉用具貸与という介護予防サービスを使って杖をレンタルすることにしました。

また、薬の服薬をたまに間違えることがあるので訪問看護を利用しています。

要支援2の方のケアプラン例
利用しているサービス 利用頻度 利用回数/月 金額/回 金額/月
訪問看護 週に1回 4 ¥4,350 ¥17,400
訪問リハビリテーション 週に1回 4 ¥3,260 ¥13,040
通所リハビリテーション 週に2回 8 定額 ¥44,890
福祉用具貸与 - - 定額 ¥6,770
合計 ¥82,100
自己負担(1割の場合) \8,210

参考:介護サービス情報公表システム(厚生労働省)

自己負担が1割の方は毎月8,210円ほどの費用がかかります。

要支援2で施設に入居することはできる?

軽費老人ホームには要支援2の方が多く入居している

下のグラフは、LIFULL介護が1年以内に家族・親族の介護施設選定にかかわった人を対象に実施した、アンケートをもとに作成したグラフです。

軽費老人ホームやシニア向け分譲マンションに入居している方の中で、約2割の人が要支援2の認定を受けていました。

株式会社LIFULL senior「介護施設入居に関する実態調査」(2020年)より

要支援2の方が入居できる介護施設特集を見てみる

要支援2で施設へ入居した場合の費用

では、要支援2で入居した場合の費用負担はどれくらいになるのかを見てみましょう。

要支援2の方が介護付き有料老人ホームに入居する場合
介護サービス費用(1割負担の場合) 10,474円
月額費用相場※ 200,000円
合計 210,474円

参考:介護サービス情報公表システム(厚生労働省)

※LIFULL介護に登録している施設の相場です。

介護付き有料老人ホームなどの「特定施設入居者生活介護サービス」の対象となっている施設では、生活上の介護サービスを毎月定額で利用することが可能です。

また、介護サービス費用の他に家賃や管理費、水光熱費などの月額費用を施設に支払う必要があるので注意しましょう。

施設によっては、入居時にまとめて入居金を求められることもあります。

要支援2で施設に入居するのは早い?

上のグラフで見たように要支援2の状態でも施設に入居している方は少なくありません。

大切なのはご自分がどういう暮らしをしたいか、ということです。

できる限り慣れ親しんだ我が家で暮らしたい、という方もいれば、元気なうちに安心して暮らせる住まいへ移りたい、という方もいるでしょう。

LIFULL介護には要支援の方でも入居できる施設も多く登録していますので、まずはどんな施設があるのかを見てみてはいかがでしょうか。

【PR】暮らし方、生き方を大切にしたケアを【東急不動産HDグループ】

関連記事よりよい老後を考えた早めの選択

この記事の制作者

重山 三香子

監修者:重山 三香子(精神保健福祉士・介護支援専門員・公認心理師)

福祉学科を卒業後、障害者施設や通所介護の生活相談員を経験。その後福祉・介護職員のメンタルヘルスに興味を持ち、働く人の心の健康である産業精神保健分野を専門に活動。
現在は障害者支援施設の運営にかかわる一方で、働く人の環境や、働き方、健康経営についても情報発信を行っている。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

情報セキュリティマネジメントシステム 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。