介護保険サービスにはどんなものがある?その種類と内容

介護保険適用のサービスとは、要介護・支援状態にある「65歳以上の高齢者」と「40歳から64歳までの特定疾患の患者」が、介護保険料と国・自治体からの財源によって、1割の自己負担で受けられる介護サービスです。(自己負担割合は、収入に応じて1割~3割負担に変動します。)
介護保険適用のサービスには様々な種類がありますが、ここでは「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」というサービスの種類で分類し、理解していきましょう。

居宅サービス

居宅サービスは、要介護・要支援者が現在の居宅に住んだまま提供を受けられる介護サービスです。居宅サービスは種類が非常に多いため、さらに「訪問サービス」「通所サービス」「短期入所サービス」「その他サービス」に分類して、各サービスの内容を決めています。

訪問サービス

訪問サービスは、自宅で暮らす要介護者・要支援者を訪問して、買い物や掃除などの生活支援、食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導などの看護、リハビリ・入浴などを提供するサービスです。

通所サービス

通所サービスは、自宅から通ってきた要介護者・要支援者を施設に受け入れて、食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導などの看護、リハビリ・入浴などを提供するサービスです。

短期入所サービス

短期入所サービスは、要介護者・要支援者を施設に一定期間施設内に受け入れて、食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導などの看護、リハビリ・入浴などを提供するサービスです。

その他サービス

その他サービスは、介護保険の指定を受けた有料老人ホームやケアハウスなどに入居している要介護・要支援者向けのサービスと、自宅で暮らす要介護・要支援者向けのサービスにわけられます。前者には「特定施設入居者生活介護」があり、後者には「福祉用具貸与「特定福祉用具販売」「住宅改修費支給」があり、「居宅療養管理指導」と「居宅介護支援」は両方で提供されています。

居宅サービスの種類と内容まとめ

訪問サービス サービス内容
訪問介護 利用者の自宅に訪問して買い物や掃除、食事や排せつの介助などを行う
訪問入浴介護 利用者の自宅に訪問し、移動式浴槽を用いて入浴などを行う
訪問看護 利用者の自宅に訪問して、医師の指示に基づく医療処置、医療機器の管理、床ずれ予防・処置などを行う
訪問リハビリテーション 利用者の自宅に訪問してリハビリテーションの指導・支援などを行う
通所サービス サービス内容
通所介護 施設に通う利用者に、食事や排せつの介助、リハビリやレクリエーションなどを提供する
通所リハビリテーション
短期入所サービス サービス内容
短期入所生活介護 施設に利用者が短期間宿泊し、食事や排せつの介助、リハビリやレクリエーションなどを提供する
短期入所療養介護
その他サービス サービス内容
特定施設入居者生活介護 有料老人ホームやグループハウスなどにおいて、食事や排せつの介護、リハビリやレクリエーションなどを提供する
福祉用具貸与 利用者に、車椅子や特殊ベッドなどの福祉用具をレンタルする
特定福祉用具販売 利用者に、腰掛便座、特殊尿器、入浴補助用具などの福祉用具を販売する
住宅改修費支給 利用者の自宅に、手すりの取り付け、段差解消などの小規模な改修を実施する
居宅療養管理指導 利用者の自宅に訪問して、療養上の管理・指導・助言などを行う
居宅介護支援 利用者と介護サービス事業者との調整を行う。また、利用者や家族の希望に沿ったケアプランを作成する。

居宅介護サービスについて詳しくはこちら 福祉用具・住宅改修に関するサービスについて詳しくはこちら

施設サービス

施設サービスは、「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」に入所した要介護状態にある高齢者に対して提供されるサービスです。

特別養護老人ホームでは主に食事・排泄・入浴などの介護が提供されるのに対して、介護老人保健施設や介護療養型医療施設では、医学管理下における介護やリハビリ、療養上の管理や看護などのサービスも提供されています。

施設サービスの種類と内容
分類 介護保険適用サービス サービス内容
施設サービス 介護老人福祉施設入居者生活介護 特別養護老人ホームに利用者を長期間受け入れ、食事や排せつの介護、リハビリやレクリエーションなどを提供する
介護老人保健施設入居者生活介護 介護老人保健施設に利用者を一定期間受け入れ、医療処置と食事や排せつの介護などを提供する
介護療養型医療施設入居者生活介護 介護療養型医療施設に利用者を受け入れ、医学管理下におけるリハビリと食事や排せつの介護などを提供する
施設介護サービスについて詳しくはこちら

地域密着型サービス

地域密着型サービスとは2005年に新設された制度で、高齢者が身近な地域で生活し続けられるように、事業所のある市町村の要介護者・要支援者に提供されるサービスです。

地域密着型では、訪問・通所・短期入所によるサービス、認知症患者向けのサービス、特定施設や介護保険施設におけるサービスなどが提供されています。

種類が多いので、ここでは訪問・通所型、認知症対応型、施設・特定施設型にわけて理解しましょう。

【はじめての方へ】リバースモーゲージ|自宅を活用して介護資金を準備しよう

訪問・通所型サービス

地域密着型の訪問・通所型サービスでは、自宅で暮らす要介護・要支援者を訪問あるいは施設に受け入れて、買い物や掃除などの生活支援、食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導などの看護を提供しています。

なお複数の居宅サービスや地域密着型サービスを組み合わせて提供するサービスは、「複合型サービス」と呼ばれています。

認知症対応型サービス

地域密着型の認知症対応型サービスは、自宅から通ってきた認知症患者やグループホーム内に入居する認知症患者に、買い物や掃除などの生活支援や認知症ケアなどを提供するサービスです。

施設・特定施設型サービス

地域密着型の施設・特定施設型サービスは、特別養護老人ホームや有料老人ホームに入居する要介護・要支援者に、買い物や掃除などの生活支援、食事や排せつなどの介護、リハビリ・看護・入浴などを提供するサービスです。

地域密着型サービスの種類と内容
分類 介護保険適用サービス サービス内容
訪問・通所型サービス 小規模多機能型居宅介護 1つの拠点で訪問・通所・短期入所の全サービスを提供する
夜間対応型訪問介護 夜間の定期的な訪問や緊急時の随時訪問による介護を行う
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 日中・夜間を通じて1日複数回の定期訪問と緊急時の随時訪問による介護と看護を一体で提供する
認知症対応型サービス 認知症対応型通所介護 施設に通ってきた認知症患者に、食事や排せつの介護、リハビリやレクリエーションなどを提供する
認知症対応型共同生活介護 グループホームにおいて、見守りや生活援助、リハビリやレクリエーションなどを提供する
施設・特定施設型サービス 地域密着型特定施設入居者生活介護 利用人数29人以下の、介護付き有料老人ホームやケアハウス、サ高住などにおいて、見守りや生活援助、リハビリやレクリエーションなどを提供する
地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介 利用人数29人以下の特別養護老人ホームにおいて、食事は排泄の介助、リハビリやレクリエーションなどを提供する
地域密着型サービスについて詳しくはこちら

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

老人ホーム・介護施設を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。