要介護2とは?受けられるサービスや要介護1、要介護3との違い

介護が必要な度合いを示す「要介護度」。要支援1、要支援2、そして要介護1から5までの7段階で表されます。ここでは、それぞれの要介護度がどのような状態を指しているのか、どんなサービスが利用できるのか等をご紹介していきます。

要介護2とは?

要介護2はどんな状態?

厚生労働省によると、要介護状態とは「寝たきりや認知症等で常時介護を必要とする状態」とされています。

要介護2は、家事や身の回りのこと全般に見守りや介助が必要な状態です。また、支えがないとずっと立っているのは難しいです。

要介護1や要介護3とはどう違う?

要介護2は要介護1や要介護3とはどう違うのでしょうか。

いくつかの自治体が公表している基準を表にまとめてみましたので、比較してみましょう。

要介護1

要介護2 要介護3

食事はほとんど自分でできるが、身の回りのことに部分的に手助けを必要とする。

立ち上がるときは支えを必要とする。

・歩くときは不安定になるので支えを必要とする。

・理解力の低下が見られる。

・トイレや入浴に一部手助けが必要。

食事やトイレ、入浴に手助けが必要。

立ちあがるときや歩くときは支えを必要とする。

・見だしなみや掃除など、身の回りのこと全般に見守りや手助けが必要。

理解力の低下が見られることがある。

・立ち姿勢を保ったり、歩いたりするときに何らかの支えが必要。

・トイレや入浴、服の着替えなどに介助が必要。

・身のまわりのことや家事が自分ひとりでできない。

自力で立ち上がったり歩いたりすることができない。

・立ち姿勢を保ったり、片足で立ったりすることが自分ひとりでできない。

全般的な理解の低下がみられることがある。

※参考:静岡市、戸田市、和寒町(2020年)

要介護2は要介護1に比べると足腰が弱ってきているため、立ち上がったり歩いたりするのにより支えを必要とします。

また、食事にも見守りや手伝いが必要になってきます。

要介護2の方が入居できる介護施設特集を見てみる

要介護2だとどんなサービスが使えるの?

要介護の認定を受けた人は介護給付というサービスを受けることが可能です。以下のサービスから自分に合ったものを利用することができます。

自宅で家事の世話や介護を受ける

訪問介護(ホームヘルプ)

訪問入浴

訪問看護

訪問リハビリ

夜間対応型訪問介護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

施設に通って介護サービスやリハビリを受ける

通所介護(デイサービス)

通所リハビリ

地域密着型通所介護

療養通所介護

認知症対応型通所介護

訪問・通い・宿泊サービスを組み合わせて利用する

小規模多機能型居宅介護

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

短期間のみ施設に宿泊する

短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所療養介護

施設に入居する

介護老人保健施設(老健)

介護療養型医療施設

特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム、軽費老人ホーム等)

介護医療院

小規模な施設に入居する

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

地域密着型特定施設入居者生活介護

福祉用具を使う

福祉用具貸与

特定福祉用具販売
>在宅介護に欠かせない!居宅介護サービスの種類

介護度別に決められた「区分支給限度額」の範囲内であれば、利用したサービスの費用のうち1割から3割の負担での利用が可能です。

ただし、介護保険の給付にも上限があります。要支援の場合、区分支給限度額は約19,705円ですから、自己負担が1割の方の場合、サービス利用額が1,970円を超えた分は全額自己負担となります。

要介護2のA子さん(ひとり暮らし)の場合

A子さんは1人では洗濯や掃除をするのが難しいため、週3回訪問介護サービスを利用しています。

また、歩く時や立ち上がる時は支えが必要なため、福祉用具貸与サービスを使って家に手すりを設置しています。

要介護2の方のケアプラン例
利用しているサービス 利用頻度 利用回数/月 金額/回 金額/月
訪問介護 3/週 12 \3,200 \38,400
訪問看護 2/週 8 ¥5,160 ¥41,280
訪問リハビリテーション 1/週 4 ¥3,300 ¥13,200
通所リハビリテーション 2/週 8 \8,220 ¥65,760
福祉用具貸与 - - 定額 ¥13,110
合計 ¥171,750
自己負担(1割の場合) \17,175

参考:介護サービス情報公表システム(厚生労働省)

要介護2の方が施設に入所するには?

LIFULL介護が各施設の入居者を対象に独自に実施したアンケートをもとに、下のグラフを作成しました。

施設ごとに入居者の平均要介護度や平均年齢を見てみると、比較的要介護度が低い方も施設に入居していることがわかります。

高齢者向け賃貸住宅の約4割の方が要介護2

下もLIFULL介護が独自に行ったアンケート結果をもとにしたグラフです。各施設の介護度別の入居者割合をグラフ化しました。

高齢者向け賃貸住宅では約4割の入居者が要介護2のようです。

次いで多いのがサービス付き高齢者向け住宅、グループホームになります。

要介護2の方が入居できる介護施設特集を見てみる

関連記事サービス付き高齢者向け住宅とは

A子さんの場合

では、要介護2で入居した場合の費用負担はどれくらいになるのかを見てみましょう。

要支援2の方が介護付き有料老人ホームに入居する場合
介護サービス費用(1割負担の場合) 20,255円
月額費用相場※ 200,000円
合計 220,255円

参考:介護サービス情報公表システム(厚生労働省)

※LIFULL介護に登録している施設の相場です。

介護付き有料老人ホームなどの「特定施設入居者生活介護サービス」の対象となっている施設では、生活上の介護サービスを毎月定額で利用することが可能です。

また、介護サービス費用の他に家賃や管理費、水光熱費などの月額費用を施設に支払う必要があるので注意しましょう。

施設によっては、入居時にまとめて入居金を求められることもあります。

>【全国・都道府県別】介護施設の料金相場を調べる

要介護2で施設に入居するのは早い?

上のグラフで見たように要介護2の状態でも施設に入居している方は少なくありません。

費用が低額で人気のある特別養護老人ホーム(特養)は、原則要介護3以上の方しか入居できませんが、サービス付き高齢者向け住宅や介護付き有料老人ホームなど要介護2の方でも入居できる施設は多くあります。

まずはお住まいの地域にどんな施設があるかを見てみてはいかがでしょうか。

【PR】暮らし方、生き方を大切にしたケアを【東急不動産HDグループ】

この記事の制作者

重山 三香子

監修者:重山 三香子(精神保健福祉士・介護支援専門員・公認心理師)

福祉学科を卒業後、障害者施設や通所介護の生活相談員を経験。その後福祉・介護職員のメンタルヘルスに興味を持ち、働く人の心の健康である産業精神保健分野を専門に活動。
現在は障害者支援施設の運営にかかわる一方で、働く人の環境や、働き方、健康経営についても情報発信を行っている。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

情報セキュリティマネジメントシステム 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。