訪問看護とは?

訪問看護とは病気や障害を持った方が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしい療養生活が送れるように支援するサービスです。地域の訪問看護ステーションから看護師や理学療法士・作業療法士等がその方が生活する場所へ訪問し看護ケアを提供します。

訪問看護の目的は、自立への援助を促し、その方らしい療養生活を支援すること。今回は、そのサービス内容や費用について説明します。

訪問看護でうけられるサービスとは?

訪問にくるのは、地域の訪問看護ステーションから派遣される看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士です。多くは地域のケアマネージャーから依頼をうけ、患者の主治医からの訪問看護指示書が発行されてから訪問がスタートします。

病気や障害をもちながら在宅療養する方は全て訪問看護が利用できます。

高齢者の場合は、内服管理が必要な認知症の方や、日常生活能力(ADL)が低下しひとりで入浴ができない、あるいは入浴時に病状の観察が必要な方が訪問看護を利用するケースが少なくありません。その他がん末期や、老衰、疾患による終末期にも自宅で過ごせるよう、看護ケアを受ける方もいます。

また、ご本人は寝たきりの状態でご家族が介護をしている家庭にも訪問し、褥瘡(じょくそう ※床ずれのこと)の処置や医療機器の管理、在宅でのリハビリテーション、排泄のケア、介護支援の指導や栄養相談なども行います。

具体的には以下のようなことがあげられます。

  • 身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導
  • 病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
  • 医師の指示による医療処置
  • 医療機器の管理:在宅酸素、人工呼吸器などの管理
  • がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるよう適切なターミナルケア
  • 床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て
  • 拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等の在宅リハビリテーション
  • 認知症による事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
  • ご家族等への介護支援・相談
  • 低栄養や運動機能低下など介護予防のアドバイス

訪問看護を受けるには?

訪問看護は病気や障害をもちながら在宅療養する人は全て対象になりますが、その方の疾患、年齢などにより介護保険と医療保険のどちらを利用できるかが異なります。いずれの保険も必ず主治医の訪問看護指示書が必要です。

介護保険で訪問看護を利用できる方は、65歳以上で、要支援・要介護認定を受けている方です。第1号被保険者といいます。また、40~64歳の方は、介護保険上で「特定疾病」とされている末期がんや関節リウマチ等が原因で要支援・要介護の認定を受けた場合に、利用できます。これに該当する方を第2号被保険者といいます。

いずれも、「要支援1~2」または「要介護1~5」と認定を受けた方は、担当ケアマネジャーと相談し訪問看護ステーションに依頼をしてもらいましょう。

医療保険と介護保険の使い分け

医療保険では、赤ちゃんから高齢者まで年齢制限なく訪問看護を利用できますが、65歳以上の場合は、要支援・要介護認定を受けていない方、つまり介護保険が利用できない方のみとなっています。

ただし、65歳以上で介護保険が利用できる方でも、厚生労働省が指定した難病をお持ちの場合は医療保険が適応になりますので、訪問看護を利用する際には主治医にご相談ください。その他がん末期や人工呼吸器の方、毎日処置が必要な深い床ずれの方も対象になります。

また、介護保険でサービスをうけていた方の病状が変化し、がん末期となった場合は医療保険に切り替わります。
 

訪問回数

訪問回数は原則週に3回ですが、がん末期などより頻繁な回数の訪問看護が必要と主治医が判断した場合は、特別訪問看護指示書が発行され、週4日以上(回数制限なし)訪問ができます。ただし、特別訪問看護指示書は14日間有効となりますので、期限の延長時には再発行が必要です。

訪問看護にかかる費用は?

訪問看護の費用は、訪問時間の長さによって異なります。また、新規に訪問看護を利用する場合や、緊急時に利用する場合など、特定の場面で料金の加算が発生します。

訪問看護にはそれぞれの内容で「単位」が定められており、1単位ごとの金額に応じて料金が決定されます。下記は、介護保険を利用して訪問看護を利用する場合の、1単位を10円とした時の料金表です。

実際には地域によって1単位あたりの金額が異なるため、詳しくは利用する訪問看護ステーションに問い合わせてみてください。

種別 時間 料金 自己負担額
(1割の場合)
看護師
による訪問
20分未満 3,110円 311円
30分未満 4,670円 467円
30分以上60分未満 8,160円 816円
60分以上1時間30分未満 11,180円 1,118円
理学療法士
作業療法士
による訪問
1回あたり20分 (A) 2,960円 296円
1回あたり40分(A×2回) 5,920円 592円
1回あたり60分(A×3回) 8,880円 888円

※負担する方の所得により、自己負担額が2~3割になる場合もあります

訪問看護は公的保険である介護保険、医療保険により自己負担額を軽くすることができます。上記の表にも、介護保険を利用して自己負担が1割になった場合の金額を掲載しました。

介護保険を利用してさまざまなサービスを受ける場合の、介護度別の自己負担額は以下の通りです。訪問看護も、この限度額内であれば自己負担は1割(所得に応じて2割~3割)になります。

介護度 支給限度額 自己負担(1割) 自己負担(2割)
要支援1 50,030円 5,003円 10,006円
要支援2 104,730円 10,473円 20,946円
要介護1 166,920円 16,692円 33,384円
要介護2 196,160円 19,616円 39,232円
要介護3 269,310円 26,931円 53,862円
要介護4 308,060円 30,806円 61,612円
要介護5 360,650円 36,065円 72,130円

医療保険には月間の支給限度額はありませんが、その方により負担割合が異なります。

  • 70歳以上の方は、原則として1割(高所得者の方は費用の2割~3割を負担)
  • 70歳未満の方は、原則として3割 
  • 就学前の方は費用の2割 

※一定時間を超えるサービス、休日や時間外のサービスは差額を負担 
※交通費、おむつ代、死後の処置は自費負担となります

ただし、いずれの保険を利用するにせよその方の介護度や病状、年齢などにより自己負担額や毎月の利用回数、看護師の滞在時間に制限があるため、事前にケアマネージャーや主治医、看護師にご相談ください。
 

費用負担のモデルケース

あるモデルケースを挙げ、かかる費用負担をシミュレーションしてみます。

利用者のモデル

85歳(女性) ・一人暮らし・要介護3
右大腿骨骨頸部骨折にて入院していたが、歩行可能になり退院。介護サービスの他、訪問看護サービスを利用し在宅にて療養をすることとなる。
退院後は、看護師の訪問による入浴介助と訪問看護ステーションから派遣される理学療法士の訪問にてリハビリテーションをしていく。
利用しているサービスとその料金
初回加算(初月のみ) 3000円
週1回 1日型デイサービス 6,560円
週1回 看護師による訪問看護 (30分以上60分未満) 8,140円
週1回 理学療法士による訪問看護 (60分)  7,344円

こちらの方の1月あたりの利用料金を計算すると、以下の通りです。

それぞれのサービスを月に4回とすると、

  • デイサービス 6560x4=26,240円
  • 看護師による訪問 8140x4=32,560円
  • 理学療法士による訪問 7344x4=29,376円
1か月間でかかる料金の合計
3,000+26,240+32,560+29,376=91,176円
自己負担額(1割の場合)
9,117円 (91,176円の1割)

まとめ

在宅療養しながら最期まで家で生活したいという願いは、誰しもがもっているのではないでしょうか。訪問看護はそれを叶える方法のひとつです。

まずは利用する方がどんな療養生活を望んでいるかを把握し、介護が必要であればまず地域包括支援センターへ相談、介護認定を受けておきましょう。介護保険が適用されれば自己負担は基本的に1割です。ただし介護度により介護保険で負担してもらえる限度額が変わってきますので、注意が必要です。

難病や終末期の場合は主治医に相談をし、医療保険で訪問看護サービスがうけられるかを相談してみましょう。医療保険適応の場合は、1割〜3割が自己負担になりますが、病気の種類や状態によって変わってきますので、詳しくは主治医に確認をしましょう。

大切なのはひとりで悩まず主治医や地域のケアマネージャー、訪問看護師などの協力を得ながら、その方にとって一番良い在宅療養のカタチを見つけていくことではないでしょうか。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

有料老人ホーム・介護施設を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。