デイケアはリハビリに特化した介護サービス|その内容と利用法まとめ

デイケア(通所リハビリテーション)とは、医療機関や老健(介護老人保健施設)、介護医療院で行っている通いでリハビリを受けられる介護保険サービスです。

要介護高齢者を対象とし、医師の指示のもと国家資格を持ったリハビリ専門職によるリハビリを受けることができます。

近しい名称の「デイサービス」と比べると、デイケアはリハビリに特化してるといえるでしょう。また、医師や看護師、国家資格を持ったリハビリスタッフなどの医療従事者が多数配置されているという点も特徴的です。
 

デイケアではどんなことをする?基本的なサービス内容

デイケアの利用時間は、6~8時間程度の「一日型」が一般的ですが、事業所によっては1~2時間程度の短時間で行っている施設もあります。提供されるサービス内容は以下の通りです。

  • リハビリテーション(歩行訓練等)
  • 体操
  • 送迎
  • 入浴介助
  • 排せつ介助
  • 昼食
  • 家屋調査
  • 住宅改修・福祉用具の提案
  • レクリエーション
  • 看護師による健康チェック

デイケアは、デイサービスと比べて医療やリハビリという点において強化されている施設です。胃ろうや痰吸引などの医療的ケアが必要な方や、集中的にリハビリを希望する方が多く利用されています。

デイケアで活躍する専門職

デイケアでは、以下のような職員が在籍し、専門性を活かしたサービス提供を行います。

医師
医師が常勤し、リハビリの指示やデイケアで行う医療的ケアなどについて指示を出します。ただし、医師がいるからといって薬などを処方することはできませんので注意しましょう。
理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)
リハビリを行う国家資格を持った専門職です。その方の身体状況に合わせて、適切な専門職がリハビリにあたります。リハビリを行うときには、「リハビリテ―ション計画書」内容に基づいて進めます。
看護師、准看護師
デイケアにおける血圧測定などの健康管理や、服薬の管理。また、医師の指示のもと医療的ケアやリハビリの補助を行います。
介護職員
デイケアにおける入浴介助、排せつ介助、食事介助など必要な介護を全般的に行います。また、レクリエーションの提供も介護職員が対応します。

デイケアの費用

通常規模型通所リハビリテーション費(円/1回)
(1回につき) 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
1~2時間未満 331 360 390 419 450
2~3時間未満 345 400 457 513 569
3~4時間未満 446 523 599 697 793
4~5時間未満 511 598 648 795 905
5~6時間未満 579 692 803 935 1,065
6~7時間未満 670 801 929 1,081 1,231
7~8時間未満 716 853 993 1,157 1,317
  • 1単位10円とした場合 ※2019年10月時点の情報です

以下の費用も加算される場合があります。

通所リハマネジメント加算Ⅱ⑴ 850円/月
通所リハマネジメント加算Ⅱ⑵ 530円/月
短期集中個別リハ加算 110円/日
入浴介助加算 50円/回
栄養改善加算 150円/回
  • ここに記載されているのは一部です。その他実施サービスに応じて加算が生じる場合があります。

他にも、昼食代やおやつ代が別途必要です。

例)要介護1 通常規模型通所リハビリテーション費 7~8時間利用の場合

716円+50円(入浴介助加算)=766円(介護保険分 1割負担の場合)

766円+50円(おやつ代)+600円(昼食代)=1回あたり1416円

※その他、月単位でかかる費用:850円/月(リハビマネジメント加算Ⅱ1)

※おやつ代、昼食代はデイケアによって異なります。

デイケアの利用方法

デイケアの利用手順を解説します。

要支援・要介護認定が必要

要介護認定を受けている「要支援1~2、要介護1~5」までのすべての人が利用できます。要介護認定は基本的に65歳以上を対象としていますが、64歳以下で特定疾病を抱えている方の場合も「2号被保険者」として要介護認定の申請ができます。

介護認定がない人は役所等で申請を

介護サービスを利用するには要支援・要介護認定が必要です。まずは市区町村役場へ要介護認定の申請をしましょう。申請から約1ヶ月後に、認定結果が記載された介護保険証が届きます。その認定結果が「要支援」の方は、地域包括支援センターへ相談を。「要介護」の方は、居宅介護支援事業所へ相談し、どこのデイケアを利用するか決めましょう。

要介護認定の申請方法|介護保険サービスを受けるには?

健康診断書等の書類を準備する

通いたいデイケアを決めたら、「診療情報提供書」または「健康診断書」を主治医に作成してもらい、それをデイケアへ提出することで利用判定会議が行われます。会議の結果、特に問題なければ利用開始の手続きに入ります。

デイケアによっては、「診療情報提供書」や「健康診断書」の提出が不要な場合もあるので、具体的な手続きをケアマネジャーに聞いてみましょう。

知っておくべきデイケア利用時のポイント

デイケアについて、知っておきたいポイントをまとめました。デイケアに通うメリット・デメリット。そして「デイサービス」や「訪問リハビリ」といった近しいサービスもあるので、その違いについても解説します。

デイケアのメリット・デメリット

デイケアのメリットとしては、医師や看護師がいるため、体調がすぐれない場合、すぐに診察や医療的処置をしてくれるということがあります。また、必要であれば、理学療法士や作業療法士が家屋調査を行ったうえで、自宅の環境に合わせた福祉用具やリハビリ内容を提案してくれます。

通うことのデメリットは特段ありません。あえていえば、利用にあたり主治医が作成する「診療情報提供書」や「健康診断書」が必要になるということです。この書類作成のために健診を受け直す必要があったり、作成料がかかることもあります。書類ができるまでに1~2週間程度かかることもあり、利用するまでに時間や手間が掛かるといえます。また、デイサービスと比べると利用料がやや高くなります。

デイケアと訪問リハビリどちらを利用すべきか

上述のように、デイケアは施設に通い利用するサービスですが、利用者の自宅に理学療法士などが訪問する訪問リハビリという介護サービスもあります。リハビリを希望する場合、どちらを利用するか迷うところですね。

訪問リハビリは、自宅環境でないとできないリハビリを希望する場合にオススメです。例えば、「浴槽のまたぎ方」などの入浴時の動作訓練や、「自宅から近所のスーパーまで転ぶことなく歩きたい」という屋外歩行訓練などです。

デイケアでは、筋力強化や日常生活動作の向上も行います。流れとしては、まずデイケアで基礎的な身体機能を向上させ、デイケアを終了したあとは訪問リハビリへ移行して、具体的な生活動作のリハビリを行うと良いかもしれません。

訪問リハビリテ―ションについて詳しくみる

デイケアとデイサービスどちらにするか迷ったとき

デイケアとデイサービスは一見すると似たようなサービスなので、どちらを利用するか迷う方がいます。デイケアは、医療的ケアが必要な方や、病院を退院したばかりで病院のリハビリを継続したい人にはオススメです。

もし迷った場合は、まずデイケアを利用してみて、デイサービスでの機能訓練でも対応できるまで機能回復をしたあとに、デイサービスに移行するのもよいでしょう。デイケアは、デイサービスに比べると利用手続きに時間がかかるため、時間的余裕をもって探すようにしましょう。

デイサービスについて詳しくみる

マンツーマンのリハビリをずっと行うわけではない

デイケアによっては、1~2時間程度の短時間利用のところがあり、そこでは短時間にリハビリのみ集中的に行って帰宅します。

デイケアによって異なりますが、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのスタッフが1対1で行うのは20~30分程度で、それ以外は立案されたリハビリメニューを自分で行う自主トレーニングが多い場合もあります。

利用時間中ずっと1対1の個別リハビリが受けられるわけではありません。デイケア見学時や契約時に個別のリハビリがどの程度してもらえるか、しっかり確認しておきましょう。

リハビリ目標を達成するとデイケアを卒業

デイケア利用当初にリハビリテーション計画書を作成し、そこにリハビリの目標が記載されています。この計画書に沿ってリハビリが行われ、目標が達成されるとデイケアを卒業(サービス終了)という流れになります。

その後は身体機能の維持のためデイサービスに移ったり、場合によっては訪問リハビリを利用することも可能です。デイケアでは医師の指示のもとリハビリが行われるため、リハビリの必要性がある間はサービスを継続することができます。

デイサービス(通所介護)の特徴と費用についてくわしく見る

著者

森 裕司

森 裕司(介護支援専門員、社会福祉士、精神保健福祉士、障がい支援専門員)

株式会社HOPE 代表取締役 
11年医療ソーシャルワーカーを経験後、介護支援専門員(ケアマネジャー)として相談援助をする傍ら、医療機関でのソーシャルワーカーの教育、医療・介護関連の執筆・監修者としても活動。最近では、新規事業・コンテンツ開発のミーティングパートナーとして、企業の医療・介護系アドバイザーとしても活躍。
https://www.hope-kawagoe.co.jp/mori/top

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

情報セキュリティマネジメントシステム 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。