居宅療養管理指導とは 利用手順と費用

居宅療養管理指導とは、要支援や要介護と認定され、通院が困難な方を対象としたサービスです。

利用者の自宅に医師や看護師、薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士などの専門職が訪問し、療養上の指導や健康管理、アドバイス等を行ない、自宅でも安心して過ごすことを目的としています。

このページではそのメリットとデメリット、混同されやすい訪問介護や往診との違い、費用についてわかりやすく解説します。

居宅療養管理指導

居宅療養管理指導の特徴

医師や看護師などの専門職が自宅に訪問するサービスですが、その専門職から利用者の担当ケアマネジャーに対して、ケアプラン作成に必要な情報提供なども行います。サービス対象者は要介護1以上の高齢者です。40~64歳の方は、特定疾病により要介護1以上の認定を受けた方が対象となります。
要支援1・2の方は「介護予防居宅療養管理指導」というほぼ同様のサービスを受けることができます。

どんなときに利用すればいい?

1人暮らしや老々介護などで管理が行き届かない場合や、在宅介護で家族では手が回らないケースなどで利用できます。

居宅療養管理指導の利用例
・認知症が進んできた1人暮らしの母が、薬をちゃんと飲めているかが心配。
・なんでも面倒がる認知症の父が歯を磨けているのか、虫歯にならないか心配。虫歯になっても、1人で歯医者に行くのは無理。
・最近食が細くなり、好きなものしか食べないので痩せてきた。栄養管理指導をして欲しい。
・ほぼ寝たきりの父を母が介護しているが、薬をもらうための定期的な通院が母にとって重荷になっている。

居宅療養管理指導のメリット・デメリット

  • 通院が困難な人でも、自宅で健康管理や指導を受けることができる
    ・通院時の身体的負担を軽減できる
    ・介護者の通院介助の負担を軽減できる

デメリット

  • 医師又は歯科医師の指示がないと利用できない

医師や薬剤師などの専門職が直接訪問・指導する

それぞれの職種ごとにサービス内容や訪問回数が異なります。

医師・歯科医師の場合

サービス内容
・診断に基づく継続的な健康管理や指導
・処方されている薬の服用方法や副作用に関する指導
・使用している医療器具の管理
・ケアプランに必要な情報提供
訪問回数
月2回まで

薬剤師の場合

サービス内容
医師の指示を受け、処方されている薬の管理方法や服薬指導・アドバイス
副作用の説明
訪問回数
(病院または診療所勤務)2回まで
(薬局勤務)4回まで

管理栄養士の場合

サービス内容
医師の指示を受け、栄養バランスを整える「栄養ケア計画」の作成
身体状況に合わせた食事メニューや調理方法の指導
訪問回数
2回まで

歯科衛生士の場合

サービス内容
正しい歯磨きの方法や義歯の手入れ方法の指導
嚥下機能の維持・回復のためのアドバイス
訪問回数
4回まで

看護師・保健師の場合

サービス内容
療養・介護に関する相談・アドバイス
訪問回数
サービス開始から6ヶ月間で2回まで

訪問看護や往診との違い

医療の専門職が利用者の自宅を訪問するサービスとして、訪問看護や訪問診療、往診があります。居宅療養管理指導との違いを説明します。

サービス名称 特徴
居宅療養管理指導 医師・歯科医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士などの専門職が、利用者宅に訪問して利用者およびその家族に対して自宅で生活する上での注意点などを指導する。医師・歯科医師以外の職種によるものは医師・歯科医師による指示が必要。必要に応じて看護師などから医療行為を受けることはあるが、医師による医療行為は行われない。
※介護保険適応
訪問看護 ケアプランに基づいて看護師や理学療法士などのリハビリ専門職が利用者宅に訪問し、医療ケアやリハビリを行なう。
※介護保険適応
訪問診療 自宅や施設で療養しており、通院することが困難な人に対して、計画的に医師が自宅や施設に訪問して診療する。
必要に応じて医師による医療行為が行われる。
※介護保険適応
往診 患家の求めに応じて医師が自宅に赴いて診察する。必要に応じて医師による医療行為が行われる。
※介護保険適応

居宅療養管理指導の費用

居宅療養管理指導の費用は、介護保険サービスと同様に介護報酬単価の1割~3割負担となっています。訪問1回につき約300円~550円と訪問指導する職種によって違いがあります。また、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅に併設しているなど同一建物内の事業所から派遣される場合は、費用はやや低く設定されています。

居宅療養管理指導は介護保険対応ですが、介護保険の支給限度額の対象にはなりません。そのため、他のサービスで介護保険の支給限度額を満額利用していても、訪問限度回数を超えなければ1割~3割の負担で利用することができます。
さらに、医師や薬剤師など違う職種による居宅療養管理指導は、それぞれが決められた回数内であれば介護保険が適用となり、組み合わせて利用することも可能です。

利用料金以外の費用として、診察や検査、投薬などは別途医療費がかかります。

居宅療養管理指導の利用料金の目安(訪問1回、1割負担の場合)

訪問限度回数内での料金で、訪問先が同一建物居住者か否かで料金が変わります。
※介護保険2割負担の場合は2倍、3割負担の場合は3倍の料金になります。

指導する職種 自己負担額
医師・歯科医師 同一建物居住者以外 507円
同一建物居住者 483円
薬剤師 医療機関所属 同一建物居住者以外 558円
同一建物居住者 414円
薬局所属 同一建物居住者以外 507円
同一建物居住者 376円
管理栄養士 同一建物居住者以外 537円
同一建物居住者 483円
歯科衛生士 同一建物居住者以外 355円
同一建物居住者 323円
看護師・保健師 同一建物居住者以外 402円
同一建物居住者 362円

サービス利用までの手順

サービス利用までのフロー

サービス利用までのフロー
1.担当のケアマネジャーや主治医に相談

2.ケアマネジャーが状況に応じて、訪問してくれる医師や事業所を探す

3.事業所側が対応できるか確認

4.契約・利用日の決定

5.主治医の指示に基づくサービス開始

事業者を選ぶ際のポイント

事業者は担当のケアマネジャーが探しますが、最終的に決定するのは利用者です。選ぶ際のポイントを押さえておきましょう。

ポイント
●契約について下記の説明があるか
 ・サービス内容や料金
 ・苦情受付
 ・事故発生時の対応
 ・キャンセル時の対応、料金
 ・契約書、重要事項、個人情報の取り扱い など
●利用者に対する態度や言葉遣いは丁寧か
●訪問時間を守れているか
●周囲で利用している方からの評判や口コミなどの評価は良いか

まとめ

居宅療養管理指導は、医療の専門家が自宅に来て健康管理や指導をしてくれるという便利なサービスです。通院介助の必要もなく、医療的な側面での介護方法、嚥下などの状態に合わせた食事の調理方法などのアドバイスも受けられるので、家族にとってのメリットもあります。

しかし、医師や歯科医師による医療的処置は行わないため、治療も受けたい場合は医療保険が適用される往診や訪問診療を選んだほうが良いこともあります。利用者の病状や家族の希望をしっかり確認し、最適なサービスを選びましょう。

著者

武谷 美奈子

武谷 美奈子(シニアライフ・コンサルタント)

学習院大学卒 福祉住環境コーディネーター 宅地建物取引士
これまで高齢者住宅の入居相談アドバイザーとして約20,000件以上の高齢者の住まい選びについての相談を受ける。 「高齢者住宅の選び方」「介護と仕事の両立」等介護全般をテーマとしたセミナーの講師をする傍ら、テレビ・新聞・雑誌などでコメンテーターとして活躍。 また日経BP社より共著にて「これで失敗しない!有料老人ホーム賢い選び方」を出版。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。