訪問入浴サービスとは

訪問入浴とは、看護師1名を含めた3名(または2名)のスタッフが自宅に訪問し、専用の浴槽を使って入浴をサポートしてくれる介護サービスです。
要介護者本人が自力での入浴が困難であったり、家族のサポートだけでは入浴が難しい場合、こうしたサービスを受けることで家族の負担が軽減されます。実際に利用して助かっているご家庭は多いことでしょう。

このように、ご本人もご家族も負担が軽減される訪問入浴ですが、どなたでもサービスを受けられるわけではありません。
このページでは訪問入浴サービスを受けるために必要な条件や費用、準備などについてご説明します。

訪問入浴サービスはこんな方におすすめ

訪問入浴では、入浴介助はもちろんのこと看護師による入浴前後の健康チェックも行われるため、次のような方におすすめのサービスです。

・寝たきりのため、自力での入浴が困難
・自宅の浴槽が狭く、家族のサポートだけでは入浴が困難
・体調の変化が激しく、看護師のサポートがある中で入浴をさせたい

入浴は健康な人であっても自分が感じている以上にエネルギーを使います。入浴介助に慣れていない家族がすることで、浴室での転倒など思わぬ事故の原因に繋がることもあり、本人・家族ともに大きな負担がかかります。
日々の生活を少しでも負担なく穏やかな気持ちで過ごせるよう、このような訪問入浴サービスがあるのです。

訪問入浴の利用条件

訪問入浴を受けるには次の条件を満たしていなければなりません。

・要介護(1〜5)認定を受けている方
・医師から入浴を許可されている方
※要支援(1〜2)の方には「自宅に浴室がない」などの条件付きで訪問入浴を受けられる「介護予防訪問入浴介護」というものがありま

訪問入浴サービスの利用を検討している場合は、主治医に入浴許可を貰っておくとスムーズでしょう。

以上の条件を満たし、ケアマネジャー(要支援の場合は「地域包括支援センター」)に相談の後ケアプランを作成してもらい、訪問入浴サービスの契約を行うことができます。

サービス利用・当日の流れ

訪問入浴当日は、看護師1名・介護スタッフ2名の計3名(介護予防訪問入浴介護の場合は看護師1名・介護スタッフ1名の計2名)が訪問入浴専用の浴槽を乗せた「訪問入浴車」でやってきます。浴槽を利用者宅に運び入れ、準備完了です。
家庭ではバスタオル・替えのシーツなどを用意しておくと良いでしょう。入浴に必要なものは事前に伝えられます。


入浴の流れは一般的に次の通りです。

(1)健康チェック(血圧・脈拍・体温など、利用者が入浴可能な健康状態かを看護師が確認します)

(2)脱衣・お湯の準備(健康状態に問題がなければ介護スタッフが利用者の脱衣とお湯の準備を行います)

(3)ベッドから浴槽に移動し入浴開始(利用者の希望に沿って、スタッフ3名で全身浴・部分浴・清拭を行います)

(4)上がり湯(入浴の仕上げにシャワーでお湯をかけます)

(5)浴槽からベッドに移動

(6)着衣・健康チェック(看護師が着衣と入浴後の健康状態を確認します)

(7)片付け(健康チェックと同時進行で介護スタッフが行います)

(8)終了

訪問入浴は浴槽の設置から片付けまでを利用者のすぐ近くで行います。浴槽を部屋に運び入れるということで、部屋の広さを心配されている方もいらっしゃるかと思いますが2畳〜3畳ほどあれば可能です。

全身浴・部分浴の違いですが、一般的な入浴に近いものを「全身浴」とイメージしてください。全身浴ができない場合はシャワーなどで体の一部をお湯につけることができます。これを「部分浴」と呼び、洗髪や陰部洗浄、手・足だけの入浴を楽しむこともできます。
また、体調不良時などはお湯をしめらせたタオルで体を拭く「清拭(せいしき)」に切り替える場合もあり、その日の心身の状況に合わせて変更することができます。

入浴に使用する水は一部タンクに入れて持参する場合もありますが、全量を持参することは難しいため基本的には自宅の水道水を使用することになります。事前に確認しておくと良いでしょう。また入浴に使用したお湯は基本的に自宅の浴室・トイレで排水を行います。

こうした訪問入浴の流れは一般的なものですが、サービス事業所によっては入浴後の「保湿ケア」「爪切り」「シーツ交換」などのサービスを積極的に行っているところもあります。こうしたサービスの有無で事業所を選んでも良いでしょう。
しかし、体に触れるサービスであることから何より大切なのが利用者とスタッフの信頼関係です。利用者とスタッフの相性を考慮することが良い事業所を選ぶために最も必要なことかもしれません。

サービスにかかる費用

訪問入浴の費用は「要介護」「要支援(介護予防訪問入浴介護)」で差が生じるほか、「全身浴」「部分浴」「清拭」でも変わってきます。費用の目安は次の通りです。

介護度 洗浄範囲 1回あたりの費用
要介護1~5 全身浴 1,250円
部分浴 875円
清拭 875円
要支援1・2 全身浴 845円
部分浴 592円
清拭 592円

※介護保険1割負担の場合の自己負担額です(所得により2~3割負担の場合あり)
※お住いの地域により変動します

要支援者向けの訪問入浴(介護予防訪問入浴介護)は「要介護にならないため介護予防をする」という目的があり、可能な限り自力で行うことを重視していることから、スタッフの人数も少なく要介護の方よりも費用が抑えられています。
その他にも次のポイントで費用が変わります。

・訪問するスタッフに看護師がいない場合(減額)
・要介護者の訪問入浴を看護師1名・介護スタッフ1名の計2名で行う場合(減額)
・地域加算、介護職員処遇改善加算など各種加算がある事業所の場合(増額)

訪問入浴の所要時間

訪問入浴の所要時間ですが、準備から片付けまでを50分前後で行っている事業所が大半です。大まかな内訳は次の通りです。

(入浴前)健康チェック・浴槽の準備・脱衣:15〜20分
(入 浴)10分程度
(入浴後)健康チェック・浴槽の片付け・着衣:15〜20分

※入浴後に保湿ケアや爪切りなど行う場合延長することもあります。

訪問入浴のトラブル事例

【事例1】利用者の入浴拒否

利用者の羞恥心や認知症の症状などが原因で、直前になって入浴を拒否してしまうことがあります。そのため利用者と同性のスタッフを希望される方もいらっしゃいますが、事前に希望を伝えたとしても叶わない事業所が多いようです。
少しでもスムーズに入浴ができるよう「スタッフの性別指定ができるか」「利用者とスタッフの相性は良いか」といったポイントで事業所を選択すると良いでしょう。

【事例2】看護師は医療行為を行えない

看護師同伴ということで、医療行為をしてもらえると思う方もいます。しかし訪問入浴は介護保険サービスの「訪問介護」の一種にあたり、看護師であっても「痰の吸引」「摘便」「褥瘡(じょくそう)のケア」といった本来の目的(入浴)とは異なる医療行為はできません
できることは「バイタルチェック」「湿布の張り替え」「軟膏の塗布」など、健康状態の確認が中心です。
これはどの事業所でも共通のため、訪問入浴サービスを利用する場合はご注意ください。

まとめ

入浴は人が生活を送る上で大切な行為です。寝たきりの場合や家族だけで介助が困難な場合でも、最低限の負担で入浴できるサービスが訪問入浴です。医療行為は行えなくとも看護師のサポートがある中で、介護スタッフに入浴支援をお願いすることにより、日頃から介護をしている家族の負担も大きく軽減されることでしょう。

スタッフとの相性などで事業所を選ぶ必要はありますが、要介護(または要支援)認定を受けているのであれば積極的に利用することをおすすめしたいサービスです。まずはケアマネージャー(要支援の場合は地域包括支援センター)に気軽にご相談ください。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

老人ホーム・介護施設を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。