老老介護、認認介護の現状-対策やサポート方法は?

「老老介護」とは高齢者が高齢者を介護することを言います。高齢化や核家族化が進み高齢者のみの世帯が多くなっているなか、老老介護の世帯も増えてきています。さらに状況が進み、認知症高齢者が認知症高齢者を介護するというケースも出てきています。これを「認認介護」と呼びます。

今後ますます高齢化が進み、社会問題化してくることは明らかです。現状とその対策、サポート方法を分かりやすく解説します。

増加する老々介護、認認介護

高齢者介護をしている世帯の半数以上が老老介護

平成28年の国民生活基礎調査によると、65歳以上の高齢者のみの世帯は全体の26.5%で、総数も割合も30年以上増え続けています。

また、65歳以上の要介護高齢者がいる世帯の54.7%が主介護者も65歳以上であり、いわゆる老老介護であることを示しています。要介護者も主介護者も共に75歳以上という世帯も30%を超えています。

高齢夫婦の11組に1組は認認介護世帯という現実

一方で、介護が必要になった原因を見てみると認知症(18.0%)が1番多く、次いで脳血管疾患(16.6%)となっています。要介護1以上においては、認知症が原因で要介護状態になったケースは24.8%と4人に1人にのぼっています。老老介護世帯のうち夫婦ともに要介護者の場合は、2人とも認知症であるケースも珍しくないでしょう。

80~84歳の認知症出現率が21.8%というデータがあり、2人とも80歳くらいの老老介護世帯においては、21.8%×21.8%×2=9.5%で11組に1組は認認介護世帯であると試算されています。

密かに増加するMCI(軽度認知障害)

さらに、認知症と健常者の境界線にいるMCI(軽度認知障害)である人は65歳以上の高齢者(3079万人)の13%(約400万人)というデータがあり、認知症と診断された15%(約462万人)と合わせると3.6人に1人の割合で何かしらの認知障害を持っていると言えます。

従って、認知症と診断された人を介護する人はMCIであるというケースや、介護する人もされる人もMCIでなんとか夫婦2人暮らしを保てているという認認介護予備軍世帯まで考えると、28%×28%×2=15.7%という試算が成り立ち、現在は夫婦ともに65歳以上の夫婦の6.3組に1組の割合で出現していると言え、今後ますます増加していくことが推定されます。

社会環境の変化も要因の一つに

いずれも少子高齢化・核家族化・女性の社会進出・晩婚化・長寿化などが絡み合って出た結果と言えるでしょう。

子どもが遠距離で離れて暮らしているケースも多く、女性の社会進出や景気の不安定などの理由で仕事を辞めない・辞めることができない、少子化で介護の主担当となる対象が同時に何人もいて1人だけを面倒をみるということができない、晩婚化で育児と介護が同時に発生したなど、さまざまなケースが想定できます。

また、平均寿命が延びていることで、世話をする子供自体が高齢者であるというパターンもあるでしょう。親が90代、子供は70代というケースも珍しくありません。

老老介護、認認介護のリスク

老老介護は、介護をする側も高齢者であるがために多くの問題点を抱えています。介護殺人や介護心中という悲惨な事件は老々介護であったために起こったものが多く、その問題点を浮き彫りにしています。

認認介護においては、さらに問題が深刻化していきます。殺人を犯しても、認知症による物忘れのためそのこと自体を覚えてないというケースも出てきています。

さまざまなリスクを考えた体制を作るなどの対策は、早急に講じていかなくてはなりません。

老老介護のリスク

共倒れ

  • 介護する側が高齢のため、体力的かつ精神的な負担によって倒れやすい
  • 介護する人がいなくなる 

介護にかかる時間の増加

  • 介護する側の体力消耗や動作そのものが遅いために介護に時間がかかる
  • 介護される側の負担も大きくなる
  • 介護度が重くなるほど、お互いの負担が加重される

介護者の社会的接点の減少、閉じこもり

  • 外出ができなくなり、社会とのつながりが希薄になる
  • 運動量が少なくなり、筋力が低下し、身体能力が衰える
  • 体力的にも時間的にも趣味などをする余裕がなくなる
  • 体力的精神的負担と外部からの刺激がないことなどから、鬱状態や認知症になる

認認介護のリスク

服薬管理ができない

  • 薬を飲む飲んだという行為を忘れてしまうため、飲み忘れや飲みすぎになり体調を崩す
  • 場合によっては命に関わる事態に陥ることもある

食事管理、栄養管理ができない

  • 好きなものばかりを用意するなどで栄養に偏りが出る
  • 満腹感が鈍くなることで食べたことを忘れて過食になる
  • 空腹感が鈍くなることで食べることを忘れて低栄養になる

体調管理ができない

  • 寒暖の感覚が鈍くなり、温度調節ができず熱中症になる
  • のどの渇きがわからず、適切な水分接種ができず脱水症状を起こす
  • 身体の不調を説明できない
  • 身体の不調に対して適切な処置ができない

お金の管理ができない

  • お金をおろしすぎて引き落としができなくなった
  • キャッシュカードの暗証番号がわからず生活費をおろせない
  • 銀行に入金できない
  • お金がないにもかかわらず高額のものを購入してしまう

緊急事態の対応ができない

  • 緊急事態が起こった時の連絡先がわからなくなる
  • 緊急事態が起こっていることに気づかない

火の不始末

  • 火をつけっぱなしにして鍋を焦がす
  • 火事を起こしてしまう

老老介護、認認介護世帯へのサポート、行政の対策は?

不安を感じたら地域包括支援センターへ相談を

現在、特に老老介護や認認介護に焦点を当てた行政のサポートは存在しません。

ですが、少子高齢化がスピードを増して進んでいることへの対策として「地域包括ケアシステムの構築」がありますが、それが確立することで老老介護や認認介護の解決策にもなり得るかもしれません。

現状では、介護サービスを利用していれば、ケアマネジャーが状況を察知し、介護者の負担を減らすことを目的としたケアプランを作成するなどの個別対応ができます。介護サービスを利用していない介護予備軍においては、地域包括援センターがその役割を果たしています。

また、子供がいない夫婦においては、センサーなどで安否確認ができる見守りサービスの強化や、老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅へ入居するという選択肢もあるでしょう。

早めの状況把握が大切。ご近所との関係構築も

核家族化が進んだ現状では、子供がいても同居が難しいケースが多くあります。遠距離で暮らす両親の老老介護や認認介護が心配されるなら、常に状況を把握しておく必要があります。

電話をする・帰省する頻度を増やして両親の様子を注意深くチェックし、心配な部分が見えたら、ケアマネジャーや地域包括支援センターに相談をしましょう。

自治体によってはシルバー人材センターやボランティアを活用して高齢者の見守りをしてくれるサービスを行っていることがあります。ご両親が住む自治体のサービスの内容も把握しておきましょう。

認認介護になった場合は後見人制度を利用するのも一法です。地域包括支援センターでは後見人制度の相談も対応しています。

また、ご近所の方たちも見守りをしてくれる強力なサポーターです。帰省した時にはご近所に挨拶をしておくことをお勧めします。

老老介護・認認介護 チェックリスト

  • 心身共に疲れている様子が見受けられないか
  • 自宅で引きこもりになっていないか
  • 話に辻褄の合わないおかしい部分はないか
  • 家事の状況に変化はあるか(きれい好きだったのに掃除が行き届いてない。料理が好きだったのに出来合いの総菜ばかりが並んでいる。など)
  • 金銭管理はできているか
  • 服薬管理はできているか
  • 食品など同じものばかりが過剰にストックされていないか

高齢者の介護をしている世帯の半数以上が老老介護という現実。認知症人口・MCI(軽度認知障害)人口も増えており、認認介護も身近な問題となってきました。

これらを解決していくには、国の施策もそうであるように、地域で高齢者を見守るという意識を住民全員が持つことではないでしょうか。

遠く離れて暮らす両親と同居できず面倒をみることができなくても、近所のお年寄りのご様子を見守ることはできるかもしれません。そんな意識を多くの人が持つだけで、かなりのリスクを事前にキャッチし問題解決を図れるのではないかと考えます。

また、困ったときにはSOSをきちんと出すことも重要です。「向こう三軒両隣」という精神で、つながる地域コミュニティーを作っていきたいものです。

著者

武谷 美奈子

武谷 美奈子(シニアライフ・コンサルタント)

学習院大学卒 福祉住環境コーディネーター 宅地建物取引士
これまで高齢者住宅の入居相談アドバイザーとして約20,000件以上の高齢者の住まい選びについての相談を受ける。 「高齢者住宅の選び方」「介護と仕事の両立」等介護全般をテーマとしたセミナーの講師をする傍ら、テレビ・新聞・雑誌などでコメンテーターとして活躍。 また日経BP社より共著にて「これで失敗しない!有料老人ホーム賢い選び方」を出版。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

老人ホーム・介護施設を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。