介護で疲れる前に知っておきたい負担軽減法

毎日休みなく続く介護により、家族介護者の多くが介護疲れを感じています。介護疲れは、介護離職や介護うつなどを引き起こすため、大きな社会問題にもなっています。

ここでは、介護疲れの背景や要因、そして解消法について解説します。

主介護者の多くが介護疲れを感じている

介護は突然始まるケースが多く、家族介護者は覚悟や準備もないままに、いきなりこれまでの生活からの変化を強いられます。

家族が要介護状態になったショック、何から手をつければよいのかわからないことからくるパニック、仕事に支障が起こるなど、介護には初めから大きな精神的負担がかかります。中には勤めていた会社を辞める「介護離職」をする人も少なくありません。

介護が始まれば、身体的・精神的な負担が重なり、「介護疲れ」を感じていきます。本来ならば、家族間の協力や近所や地域の助けがほしいところです。しかし、近所や地域との交流が薄れ、親族との関係も疎遠になっている現代社会では、家族介護は周囲から孤立しやすくなります。また、介護をきっかけに、それまで表に出ていなかった家族間の問題などが表面化するケースもあります。

次第に主たる介護者の孤立が深まり、閉塞感を強く持つようになると、介護者の体や心のバランスが崩れ始め、精神的に追い詰められていきます。そして「介護うつ」や「介護放棄」といった危機を迎える可能性が出てくるのです。最悪なケースに至れば「介護殺人」という痛ましい事件に発展することもあります。これらネガティブな出来事は、逃げ場のない介護生活をしている介護家族の誰にでも起こり得る危険性があるのです。

介護疲れは誰にでも起こりうる

介護疲れは、介護により起こる身体的な負担、精神的な負担、認知症の症状がある場合の負担、そして経済的な負担が複雑に絡み合うことによって、誰にでも起こり得ます。それぞれの負担がどこから来るのかを、もう少し詳しく解説します。

身体的な負担

毎日の起床介助、座る場所などを変える移動介助や体位介助、衣服の着脱、トイレや入浴の介助など、介護者は要介護者の体を一日に何度も持ち上げたり、支えたりしています。そのため、腰、ひざ、腕などに過度な負担がかかります。

また、散歩や通院の付き添いからくる疲れもあります。夜になってようやく就寝できたかと思えば、夜中に何度もトイレ介助やおむつ交換に起こされ、十分な睡眠がとれない介護者も多くいます。このような毎日を過ごすことで、介護者の身体的な負担は相当なものになっていくのです。
 

精神的な負担

介護者は、要介護者との関係、他の家族や親族との関係、介護スタッフとの関係など、いろいろな立場の人との人間関係に疲れてしまうことがあります。その人間関係が煩わしくなると、介護者は一人で介護を抱え込みがちになり、孤独感を深めていきます。

また、要介護者との関係では、よかれと思ってしたことが伝わらなくていらだちを覚える、要介護者の言動に我慢できなくなってつい怒鳴ってしまい、そのたびに自己嫌悪に陥るといったことが多いでしょう。

また、他の家族や親族の非協力的な姿勢からストレスをためてしまう介護者は多く、介護うつになる人は「自分だけが介護することを強いられて自由がない」と訴えます。

他にも介護にかかわってくれているヘルパーやケアマネジャーとの相性がよくなかったり、介護サービスに不満があっても言い出せず、それが精神的な負担になってしまうケースもあります。

認知症介護の負担

認知症の介護では、要介護者の症状に伴い、心身ともに疲れやすくなります。要介護者が朝から晩まで同じことを繰り返す、夜中に起き出して探し物をする、失禁が多い、介護者に暴言や暴行をする、外出したがるなどの様々な症状があるため、対応しきれなくなると介護者は疲れ果てていきます。

睡眠不足の問題も、認知症介護をしている介護者に特に多く見られます。

経済的な負担

訪問介護などの介護サービスを介護保険の支給限度額内に収めたとしても、在宅介護には、紙おむつや防水シーツ、介護食品などの介護用品に費用がかかります。

また、介護離職をして収入が途絶えたり減ったりすれば、貯蓄や要介護者の年金に頼ることになり、経済的な不安を抱えることになります。経済的な負担を感じている介護者はとても多くいます。
 

介護疲れを軽減する方法

介護疲れは、その要因を減らすことで軽減が望めます。そのための方法をいくつか解説します。

介護保険サービスなどの高齢者支援サービスを利用する

介護保険サービス、介護保険外サービス、行政サービスの3つの高齢者支援サービスを上手に組み合わせて、介護の負担を軽減しましょう。

1.介護保険サービス

公的介護保険の支給限度額を考慮しながら、ケアマネジャーに依頼して必要な介護サービスを組んでもらいます。その時、介護のどの部分を家族が行い、どの部分をプロに任せるかの判断を明確にすることがポイントです。

例えば、排せつ介助やおむつ交換は、家族がしたほうがいいケースもあればプロの介護職に任せた方がいい家庭もあり、十人十色です。体裁にこだわらずに介護者の正直な気持ちをケアマネジャーに伝えることが大切です。

介護者のリフレッシュのためにはショートステイの利用も検討しましょう。介護者が休息できる支援を「レスパイトケア」といいますが、ケアマネジャーなどのプロの介護職の人たちは、レスパイトケアも重要な仕事の一つとして認識していますので、家族介護者は自由な時間をもつことに罪悪感を抱く必要はありません。

介護者の負担軽減につながる主な介護サービスは次のとおりです。

訪問介護
ホームヘルパーが訪問して、排せつ・入浴・食事介助などの身体介護や生活支援を行います。
訪問入浴介護
専用の浴槽を自宅に持ち込んでスタッフが入浴介助を行います。
デイサービス
要介護者の自立支援及び介護者の負担軽減のために、要介護者が介護施設などに通い、食事や入浴などの生活支援やレクを受ける日帰りサービスです。
ショートステイ
介護施設などに宿泊するサービスです。介護者の休息(レスパイト)としても利用されています。

2.介護保険外サービス

同居家族がいる場合の掃除、洗濯、買い物、調理などの日常生活援助。リハビリ目的でない散歩、旅行の付き添いなど、公的介護保険では提供しないサービスは、介護保険外サービスとして利用できます。

一例として

  • ホームヘルパーによる生活援助(家族のための食事作り、墓参り・旅行の付き添いなど)
  • 民間事業者による配食サービス
  • トレーニングを受けたボランティアによる付き添いや安否確認

このように様々な保険外サービスが提供されています。これらは柔軟に利用できる反面、介護保険が適用されないため費用は全額自己負担となるサービスもあります。トラブルにならないためにも、利用の際は費用もよく確認しておきましょう。

利用する場合は、ケアマネジャー、地域包括支援センターに相談のほか、近所の口コミやインターネットの情報を参考にすると良いでしょう。

3.行政サービス

各市区町村には、独自の高齢者支援サービスがあります。代表的なものが「紙おむつ助成」です。終日おむつを利用すると月額数万円の費用がかかりますが、そのうちの何割かが助成されるため、経済的負担が軽減されます。

市区町村のホームページや地域包括支援センターなどで、どのようなサービスがあるかをチェックしてみてください。

また、介護サービス費や医療費が高額になったときは、高額介護サービス費、高額医療費、高額医療合算介護サービス費など費用負担を緩和する国の制度があります。
知らずに損した!?便利な制度、支援金は?

専門的なことを相談できる相手を探す

介護疲れが起こる背景には、介護者の孤立があります。プロの介護者や介護経験のある友人などのような相談相手を作るようにしましょう。ケアマネジャーには守秘義務がありますので、最も身近な相談相手になり得ます。また、同じ悩みを抱える「介護家族の会」などに参加するのもよい方法です。

また、認知症の家族を介護している場合は、介護者自身が定期的に認知症主治医に来診することをお勧めします。精神科医である認知症の専門医は、認知症介護の家族の悩みや苦しみをよく理解しているため、愚痴も聞いてくれますし、要介護者への対応や介護者のリフレッシュ方法など適切なアドバイスをしてくれると思います。

そして、介護者は地域の誰かとつながることも大切です。いざという時に手を差し伸べてくれるのは、遠くに住む親せきよりも信頼できる近所の人たちです。

介護していることを隠さないようにすれば、自分がちょっと熱を出した時にご飯を作って持ってきてくれたり、買い物をしてくれたり、留守を頼んだりなど、助けの手を差し伸べてくれる人はいるものです。

特に認知症介護をしている場合は、町内会、民生委員、マンションの管理人、交番、行きつけのお店など、お世話になりそうな人たちに挨拶をしておきましょう。近所の人や地域とつながることは、介護者にとって実はいちばん孤独から救ってくれる力になりやすいのです。

介護スキルを身につける

介護のスキルがないことがストレスにつながることがあります。特に移動介助や排せつ介助、おむつ交換などでは、多少のスキルを家族介護者が身につけておくと、要介護者も安心できるので信頼感も高まるでしょう。要介護者との関係がよくなれば、介護全般がスムーズになることも多くなります。市区町村では家族のための介護教室などの情報があると思いますので、問い合わせてみてください。

みんなはどうしてる?介護ストレス解消法

介護負担の軽減を図っても、なかなか介護ストレスは解消されないものです。介護ストレスを上手に解消している人は、次のような方法を心がけています。参考にしてみてください

まず、自分の生活を介護のために100%費やさないようにすることです。デイサービスやショートステイを利用して作った時間を、掃除などの家事だけに使うのではなく、自分のための趣味や外出などに使い、介護生活にオンとオフを作り出しましょう。

例えば、家でゆっくりする、友人と会って介護とは関係のないおしゃべりをする、映画や美術館に出かける、スポーツクラブで汗を流すなど、介護生活から離れることを意識するとよいでしょう。

また、ショートステイを1週間ほど利用できるときは、一泊旅行や趣味の再開などの計画を立てるのもよいアイデアです。

一方で、介護から離れずに、「介護家族の会」などに積極的に参加して、介護仲間を作るのもリフレッシュ効果があります。なぜなら、介護のことを話すことができ、自分を認めてくれる仲間がいて、楽しい時間が過ごせる場所をもつことができると、孤立感から解放されやすくなるからです。
自分に合ったストレス解消法を見つけてください。
 

介護施設への入居という選択肢もある

色々な介護負担からの軽減をしていても、介護者が疲れ切ってしまうようでしたら、老人ホームなどの介護施設に入居して要介護者の様子が落ち着くケースも多くありますので、要介護者の介護施設入居を検討すべきかもしれません。

要介護者と介護者の双方が安心した暮らしができることが一番大切なことですから、広い視点で考えるようにしましょう。

そのためには、せっぱつまってからではなく、在宅介護を問題なく行っている間に、介護サービスのひとつとして介護施設を調べておくようにするとよいと思います。

老人ホームについて調べる

まとめ

介護で疲れない最も重要なポイントは、介護を一人で背負わないことと、自分自身を追い込まないように留意することです。家族介護者の一番の役目は、要介護者の支えになることです。介護サービスを利用しながら、自分流の介護スタンスと介護方法を生み出して、少しでも介護生活の中に楽しさや充実感を見出してほしいと思います。

著者

浅井 郁子

浅井 郁子(介護・福祉ライター)

在宅介護の経験をもとにした『ケアダイアリー 介護する人のための手帳』を発表。
高齢者支援、介護、福祉に関連したテーマをメインに執筆活動を続ける。
東京都民生児童委員
小規模多機能型施設運営推進委員
ホームヘルパー2級

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

老人ホーム・介護施設を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。