特定疾病|65歳未満も介護保険対象となる16の病気

「特定疾病」とは、一般的に65歳以上に多く発症する病気ですが、65歳に満たない年齢層でも発症が認められており、罹患率や有病率が加齢と関係する16の病気をさします。また、3~6か月以上継続して要介護、要支援状態となる割合が高い病気です。

特定疾病に認定されると、通常介護保険サービスの対象とならない「40歳以上64歳まで」の人も介護保険の第2号被保険者として介護認定をうけ、公的介護保険サービスを利用することができます。

このページでは利用できる制度と、16の特定疾病について解説します。
 

特定疾病と診断されると利用できる介護保険制度

介護保険制度は、第1号被保険者として65歳以上の高齢者を対象としています。また、40歳以上64歳であっても医療保険に加入していて、16の特定疾病の何れかを患い、介護が必要な状態であれば第2号被保険者として介護認定をうけることができます。            

要介護認定をうけ、「要支援1、2」のどちらかに認定されれば介護予防サービス、地域密着型介護予防サービスなどを利用できます。

また、要支援より状態の重い「要介護1~5」に認定されると施設サービス、居宅サービス、地域密着型サービスを利用することができます。

これらのサービスの中には、訪問介護や訪問看護などの自宅で利用できるものや、デイサービスや、通所リハビリ、ショートステイなど、自宅以外で過ごしながら生活支援やリハビリをうけられるサービスもあります。

そのため、デイサービスを利用することは本人だけでなく、介護疲れを感じている家族にもおすすめといえます。

公的介護保険サービスを利用すれば、自己負担額もおさえられるので積極的に活用しましょう。要介護認定の申請についてまとめました。下記リンク先をご参照ください。

要介護認定の申請方法|介護保険サービスを受けるには?

また、介護保険で利用できる介護サービスを下記にまとめました。併せて参考にしてみてください。

介護保険の居宅介護サービスとは?

16種類の疾病とはどのような病気があるか

1.ガン末期

医師が医学的知見をもとに進行性で治癒が困難だと判断した状態にあるがん(悪性新生物)であること(※)

(※)ここでいう治癒困難な状態とは、余命6ヶ月程度と判断される場合を指す。なお、現に抗がん剤等による治療が行われている場合であっても、症状緩和等、直接治癒を目的としていない治療の場合は治癒困難な状態にあるものとする。

高齢者はガンにかかりやすい?その理由と予防法

2.関節リウマチ

身体中のあらゆる関節に炎症が起こり、痛みやこわばりが現れる状態。関節の炎症が影響し、筋肉や腱の働きが低下することで、身体が動かしにくくなる。

3.筋萎縮性側索硬化症(ALS)

運動神経細胞が障害された結果、筋肉が萎縮し筋力が低下する病気。しかし末期になるまで感覚障害や眼球運動障害、膀胱直腸障害、床ずれ(褥瘡)は認められないのが特徴。治癒するための治療方法はいまだに確立されていない。

ALSの症状と治療法について詳しくみる

4.後縦靭帯骨化症

後縦靭帯が骨化して肥大し硬くなり、脊髄の通り道である脊柱管を圧迫することで知覚障害や運動障害が起きる。

5.骨折を伴う骨粗しょう症

日常生活程度の負荷でも骨折を引き起こしてしまう骨粗しょう症。背中が曲がるような骨の変形、骨の痛みなども含まれる。

腰背部痛を伴う脊柱の変形が特徴的である脊椎圧迫骨折や転倒等の後に、股関節の痛みを訴え起立不能となる大腿骨頚部骨折・転子部骨折が特徴的。寝たきりや歩行不能になるケースもある。

骨粗しょう症について詳しくみる

6.初老期における認知症

40歳以上65歳未満で発症する3つの認知症が代表的です。

アルツハイマー型認知症

初期症状はもの忘れではじまる。意欲の低下や物事の整理整頓ができなくなり、自分がどこにいるのかがわからなくなる見当識障害もあらわれる。

脳血管性認知症

物忘れに加えて、歩行障害や排尿障害を伴うことが多い。頭部画像検査で認知症をひきおこす部位に脳血管障害を認める。

レビー小体認知症

意識レベルの変化やリアルな幻視体験が特徴的な認知症。パーキンソン症状が先行する事もあり、薬物治療で効果が得られる場合がある

認知症の症状から予防・対応方法まで

7.パーキンソン病関連疾患

以下の3つの疾患にはパーキンソン症状として特徴的な筋肉のこわばり(筋固縮)、ふるえ(振戦)、動作緩慢(無動)、突進現象(姿勢反射障害)が認められる。

パーキンソン病

パーキンソン症状を中心とし、薬剤などの治療効果が高いものが多い

進行性核上性麻痺

異常な姿勢 (頚部を後屈させ、顎が上がる)や、垂直方向の眼球運 動障害(下方を見にくい)といった多彩な症状を示す

大脳皮質基底核変性症

パーキンソン症状と大脳皮質症状(手が思うように使えないな ど)が同時にみられるなど、症状や病状の進行に差がある。

パーキンソン病|4つの症状と治療法

8.脊髄小脳変性症(SCD)

歩行のふらつき、ろれつが回らない、手の震えなどが初期症状として現れる。非常にゆっくりと進行するのが特徴。後頭部にある小脳が障害される病気で、末期には寝たきり状態になる。

9.脊柱管狭窄症

脊椎にある脊柱管が狭くなり神経が圧迫され起こる病気。歩行していると足がだんだんとしびれてくるが、休むと回復する間歇性跛行(かんけつせいはこう)が特徴的な症状。

脊柱管狭窄症の症状と治療法について詳しく見る

10.早老症

遺伝子の異常により起こる病気。若年性白内障、白髪、毛髪の脱落、骨の萎縮、血管や軟部組織の石灰化などが20代から起こる。

11.多系統萎縮症(MSA)

多系統萎縮症は1.起立性低血圧、排尿障害、発汗低下など自律神経症状。2.筋肉のこわばり、ふるえ、動作緩慢、小刻み歩行などパーキンソン症状。3.立っているときや歩行時のふらつき、ろれつが回らない、字がうまく書けないなどの小脳症状が現れる病気。
そのなかでも3つに分類されます。

シャイ・ドレーガー症候群…自律神経症状がつよいもの。

線条体黒質変性症…パーキンソン症状が強いもの。

オリーブ橋小脳萎縮症…小脳症状が強いもの。

12.糖尿病神経障害、糖尿病腎症、糖尿病性網膜症

糖尿病が原因で起こる合併症のこと。

糖尿病性神経障害…足のしびれ、痛みなど。

糖尿病性腎症…高血圧やむくみがあらわれる腎機能の障害。

糖尿病性網膜症…網膜の血流障害により視力の低下が現れる。

高齢期の糖尿病|その症状から予防法まで

13.脳血管疾患

脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血などの疾患により、言語、記憶、行為、注意が障害される高次機能障害。麻痺などの運動障害、感覚障害が生じ、通常の社会生活が継続できない状態。

脳血管疾患|寝たきりになる病気第1位 原因から予防まで

14.閉塞性動脈硬化症

足の血管の動脈硬化がすすむこと血流が悪くなり、足に冷感、しびれ、安静にしているときの痛み、壊死が起こる状態。

15.慢性閉塞性肺疾患

肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎により、咳痰、呼吸困難がある病気。

高齢者の呼吸器疾患・主な病名とその予防法

16.両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

両足の股関節、膝関節が変形し、痛みを伴い活動に制限がある場合。

変形性膝関節症|原因と症状・予防法まで 【PR】座ってできる介護予防!自宅で簡単あしふみウォーキング(外部リンク)

イラスト:坂田優子

監修者

山口 潔 ふくろうクリニック等々力 理事長・院長
医学博士
東京大学医学部附属病院老年病科非常勤講師
日本認知症学会専門医・指導医
日本老年精神医学会専門医・指導医
日本老年医学会老年病専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本緩和医療学会指導者研修会修了
当院では、がんの方の食事と運動を考える「がんリハビリ外来」、がん患者のメンタルケアを行う「精神腫瘍科外来」という専門外来を行っています。

著者

橋本 優子

橋本 優子(看護師編集者)

大学卒業後、出版社にてビジネス誌の編集に携わる、その後、出産をきっかけに看護師資格を取得。病院勤務後、「看護」「医療」の知識を活かした情報発信をするためファンメディケーション株式会社に入社。現在、健康に関する記事の企画、取材、執筆、編集までを行う。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

情報セキュリティマネジメントシステム 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。