認知症の症状―初期の症状や進行のしかた

認知症の症状と言えば「もの忘れ」「徘徊」を思い浮かべる方も多いと思いますが、これら以外にも様々なものがあります。

どんな症状かを知り、ご本人がどう感じているかを理解することによって、症状を解決する糸口が見つかることもあります。また、症状が進行するにつれ対応がより困難になっていくため、周囲の人が初期症状に気づくことは大切です。

このページでは、より早い段階で症状に気づき適切に対応できるように、そして認知症の症状を通して周囲の人がご本人の内面を理解できるよう、解説していきます。

認知症の初期症状と発見のきっかけ

認知症の種類によって初期症状は異なりますが、多くの場合、下のようなできごとがきっかけで、「もの忘れ」から気づかれることが多いようです。

また、比較的初期からものごとの「理解や判断速度の低下」「集中力・作業能力の低下」も始まるため、日常的な家事や趣味などにも下記のような変化が表れます。

認知症の症状発見のきっかけ例
もの忘れ
・同じ話を繰り返す
・約束をすっぽかす
・ゴミの回収日を守らなくなる
・同じものを不必要に何度も買ってくる
・鍵や財布をなくす
・料理の味付けがおかしくなる
理解力・判断速度の低下
・買い物の支払計算が難しくなり、小銭があっても常にお札で払う
・周囲の会話速度についていけず理解が難しくなる
・走ることができないのに、信号が赤になりそうなときに渡ろうとする
集中力・作業能力の低下
・読書好きの人が本を読まなくなる
・テレビドラマの筋が追えなくなり、見なくなる
・趣味の手芸や工作、料理などの家事を途中で放棄してしまう
精神的混乱や落ち込み
・楽しみだった活動をやめてしまう
・人付き合いを避けるようになり、やる気がなくなる
・怒りっぽくなる

ご本人にとってこうした症状はとてもつらいものです。症状を自覚していることはなくても、周囲と話がかみ合わない、誤解されている、どうもおかしなことが起こりはじめていると、漠然と強い不安や混乱、怒りを感じていることも多いものです。

これまでできていたことができなくなった、急にわからないことが増えたことによる、恐れや自信喪失から感情や意欲にも変化が現れ、認知症ではなくうつ病などを疑われることもあります。

認知症の症状には中核症状と行動・心理症状がある

こうした認知症の症状は大きく「中核症状」「行動・心理症状」に分けることができます。

中核症状とは文字通り認知症の中核にあると想定されている症状で、脳の病変による認知機能の低下から引き起こされます。程度の差はあれど認知症であれば必ず起こりうる症状で、進行とともに徐々に重くなり、進行を遅らせることはできても、完全に止めることはできないとされています。

一方、そうした中核症状と、周囲の環境や対応、その人の性格などが相互に影響し、二次的に生じるとされる症状が、行動・心理症状(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia:「BPSD」という略語も使われている)です。中核症状に対し副次的に生じるものという側面から、「周辺症状」と呼ばれることもあります。

行動・心理症状は、その人の置かれた環境や周囲の人々、生活の歴史との関わりが深く、現在の環境や対応が適したものであれば軽減・消失することもあり、全ての認知症の方に生じるものではないとされています。

中核症状とその進行

認知症の中核症状には以下のようなものがあります。先に述べたように、高齢者の認知症では記憶障害(もの忘れ)が先に目立つようになることが多いですが、各症状が初期から少しずつ表れ、並行して進行していくことが多いようです。

記憶障害

記憶を司る脳の海馬という部位が破壊され、記憶障害が生じます。誰しも老化に伴うもの忘れがみられるようになりますが、単なる物忘れと認知症の記憶障害は以下のような違いがあります。

1.短期記憶ほど失われ、長期記憶は保たれやすい

記憶は、数分~数日のことに対する短期記憶と、数か月~数十年前にわたる長期記憶に分けられます。認知症の初期では短期記憶が失われやすく、症状が進行すると長期記憶へ障害が広がっていきます。

短期記憶が失われたとき、残された長期記憶を利用して状況を理解しようとすることがあります。例えば、後述する見当識障害により道に迷ったとき、昔の故郷の光景と重ね合わせて帰ろうとしさらに迷うこともあります。

失われやすい短期記憶の例
・先ほど物を置いた場所
・話していた話題
・買い物に来た目的の品
保たれやすい長期記憶の例
・数年前の旅行
・子ども時代のできごと

2.体験を部分ではなく丸ごと忘れる

体験した出来事にまつわる記憶をエピソード記憶と呼びます。通常のもの忘れでは体験したできごとの一部分を忘れることはあっても、丸ごと忘れてしまうことは稀ですが、認知症では体験した記憶を丸ごと失ってしまう状態がみられます。このようなもの忘れは、認知症と認識されていない場合、下のように周囲の人には理解されづらいものです。

エピソード記憶忘れによるトラブル例
・友人と食事に行き支払を立て替えてもらった
 ↓
・友人と食事に行ったことを丸ごと忘れる
 ↓
・後日、お金を返してほしいと言われるが、本人は「食べに行っていない」という
 ↓
・友人は「ウソつき」「とぼけている」と思う

3.一般的な知識や体で覚えたことは忘れにくい

短期記憶やエピソード記憶は初期から失われていきますが、一方で物事に対する一般知識・教養である意味記憶、楽器や編み物などいわゆる体で覚える手続き記憶と呼ばれるものは失われにくいものです。

見当識障害

時間や場所、周囲の人々と自分との関係を理解し見当をつける能力を「見当識」といい、それが低下することを「見当識障害」と呼びます。見当識障害は多くの場合、以下の順に生じていくとされています。

1.時間の見当識障害

いまが何時か、何月何日かがわからなくなることから始まり、昼か夜か、今はどの季節なのかわからなくなっていきます。

2.場所の見当識障害

外出先で今どこにいるのかわからなくなり、道に迷うようになります。徐々に自宅が自宅と認識できなくなり、他人の家と認識し帰ろうとしたり、トイレの位置がわからなくなり排泄のトラブルを起こすようになります。

3.対人関係の見当識障害

比較的、症状が進むと生じてきます。当初はご近所の方や普段会わない方が、次第に家族や近い人間がわからなくなります。例えばお孫さんがわからなくなり、お子さんの小さいころと認識したり、妻のことをご近所の優しいおばさんと認識したりするようになります。

ただし、その相手が顔なじみか、安心できる人であるかどうかを把握する力は失われにくいようです。

実行機能障害

計画を立て、その工程を順序よくこなしていく能力が低下してきます。同時並行することも苦手になります。そのため、料理や電化製品の使用などが比較的初期から難しくなります。

次第に単純な作業(更衣の順番など)もわからなくなり、下着を衣服の上に身に付けるなどが見られるようになります。更衣の順番が難しくなると、次第に更衣自体を避けるようになっていきます。

理解・判断力の障害

ものごとを素早く適切に理解し、判断することが難しくなります。急かされなければ適切な理解や判断ができることも多いのですが、信号や踏切を渡るタイミング、乗り物の運転など、早く瞬時に理解、判断する必要があり、生命の危険に直結する状況では注意が必要です。

失行、失認、失語など

道具の使い方など、適切な手順で目的を達成する動作が難しくなる「失行」、目から得た情報を適切に認識できなくなる「失認」、音声や文章からの言語の理解や表現が難しくなる「失語」などの症状もあります。

いずれも身体的には異常がみられないのに、脳神経の障害のために困難になっている状態です。障害のタイミングや部位により症状は多様で、生じる時期にも個人差があります。さらに、他の症状が目立たない初期からこれらの症状が生じる場合があり、周囲からは認知症による症状と理解されず、「できるのにやっていない」と思われることも多くあります。

行動・心理症状(BPSD、周辺症状)

前述のような中核症状は、ご本人に強い不安や混乱、自尊心の低下をもたらします。そのような精神状態に、周囲の環境や人々の対応、ご自身の経験や性格などの要因が絡み合い起こってくるのが行動・心理症状です。

周囲にとっては「問題行動」とみなされる症状も多いですが、ご本人にとっては「何とかよりよく適応しよう」と模索した結果でもあるようです。そのため、ご本人の症状を理解し、適切にケアされれば行動・心理症状が軽減・消失する可能性があります(ただし、行動・心理症状があるから適切なケアがされていないという判断は必ずしも適切ではありません)。

認知症の行動・心理症状イメージ

行動・心理症状には主に以下のようなものがあります。

興奮、暴力や暴言、介護への拒否

感情をコントロールする部分である脳の前頭葉の委縮や、脳の疲れやすさから、比較的初期から感情が抑えにくくなっていきます。そんな中、ご本人にとって理解が困難な状況におかれ、尊厳が傷つけられたと感じる対応をされると、症状が強く表れます。

認知症による介護拒否への対応方法 認知症による暴力への対応方法

抑うつ、不安、無気力

上記と同様に脳が疲れやすいために、何か行動を起こそうとするエネルギーが出てこないことがあります。また、できないことが増えたと感じ自信や尊厳が傷つくことでも症状が表れます。

外出時の道迷いや行方不明(徘徊)

場所の見当識障害が進むにつれ、外出時に道に迷うだけではなく、自宅や施設など見慣れているはずの景色が初めての場所と感じられ、「ここがどこか確かめたい」「家に帰らなければ」などの理由で外出をしたいと思うようになります。ご本人にとっては必然的な理由があるため、無理に引き留め出かけないよう説得することはかなり困難です。

認知症による徘徊への対応方法

妄想

客観的にはあり得ない考えを、他人が訂正できないほど確信するようになる症状です。例えば、記憶障害が進み置き忘れた財布やお金を周囲の人に盗られたと主張する「もの盗られ妄想」は初期からしばしばみられます。

また、理不尽な対応をされた、いじめられたなどの「被害妄想」や、配偶者が浮気をしているというような「嫉妬妄想」もみられます。自分にとって身近で大切な人だからこそ、その関係性が悪化し維持できなくなるという不安から引き起こされることが多いようです。

認知症による被害妄想への対応方法

幻覚

現実的にはあり得ないものをまぎれもない現実として見聞きし感じられる症状です。衣服などを人や動物と見間違えるようなものから、見知らぬ人が話しているというようなものまで多様な症状がみられます。レビー小体型認知症では特に多くみられますが、薬物や水分不足、睡眠不足が引き金になっているなど、その原因も様々です。

その他にも、昼夜逆転や睡眠障害、食物ではないものを口にする異食や、排泄物をいじってしまう不潔行為などが行動・心理症状として挙げられます。

異食への対応方法は? 弄便への対応方法は?

まとめ

ひとくちに認知症といっても、上記のような多様な症状がどのように表れるかは個人によって大きく違います。「百人いれば百の認知症がある」といわれるほどです。

中核症状に対し、行動・心理症状は適切なケアで防げる可能性はありますが、症状には複雑で幅広い要因が絡み合っており、確実に「適切なケアで防げる」とは言い切れません。時にはご本人とともに、症状のあるがままを受け止め、適切な支援を受けながらうまく症状と付き合っていくことも必要となります。

関連記事 【はじめての方へ】認知症の診断方法、診察をうける際の注意点とは

認知症口座凍結

関連記事 【他人事じゃない】認知症で親の預金口座が凍結されるとどうなる?

著者

志寒浩二

志寒浩二(認知症対応型共同生活介護ミニケアホームきみさんち 管理者/介護福祉士・介護支援専門員)

現施設にて認知症介護に携わり10年目。すでに認知症をもつ人も、まだ認知症をもたない人も、全ての人が認知症とともに歩み、支え合う「おたがいさまの社会」を目指して奮闘中。

(編集:編集工房まる株式会社)

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

認知症の方が入居可能な施設を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。