認知症による被害妄想への対応方法は?

認知症の症状として被害妄想があらわれることがあります。「財布を盗られた」「いつも悪口を言われる」と真剣に訴える様子に、周囲もつい巻き込まれてしまいます。

その矛先が介護者に向けられれば、「こんなに大切にしているのに」とショックや怒りを感じるのも当然です。

このような被害妄想をもたらす背景には何があるのか、それにどう対応していけばよいかを解説します。

認知症の被害妄想の背景

被害妄想の多くは、認知症の症状による苦しみと、周囲への不満などが相互に影響して表れます。認知症や老化そのものへの不安、一人で生活を送る孤独感、尊厳が傷つけられているという悲しみなど、多彩な深い感情が隠れていることもあります。

被害妄想はご本人にとって、そのような現状に対する抗議や、助けを求めるメッセージの意味合いがあります。そのため、ご本人も無意識に、身近で親しい間柄の人に訴えかけようとして、その人を「加害者」としてしまうことも多いのです。

介護者や家族にとってみれば、これはとても辛いものです。「私が嫌いだからこんなことを言うんだ」と、ご本人の悪意を感じてしまうかもしれません。しかし、被害妄想はご本人も無意識に思考してしまうもの。対象者への積極的な悪意を持っているのではなく、自分を「被害を受けている」という安全な立場に置きながら、必死に訴えかけているのです。

被害妄想のパターン

どのような被害妄想があるのか、主なものを以下に挙げていきます。

物盗られ妄想
認知症の被害妄想として頻繁に表れるのは、物盗られ妄想です。お隣に鍵を隠された、財布を嫁が盗んだなどと、対象になる相手本人や、その周囲の人に訴えます。
原因として多いのは、認知症による記憶障害と、認知症の症状を認めたくない不安です。財布をどこかに置き忘れて見当たらない、でも自分の記憶障害を認めたくないとなれば、結論として「誰かが盗った」となります。

多くは単なる記憶違いで説明できるのですが、時にはその裏に、ご本人が役割や自尊心を傷つけられた思いがある場合もあります。そのため、全てを単なる「記憶違い」として受け取ってしまうと、ご本人のメッセージを見逃す可能性もあるのです。例えば、悪徳商法に騙されたのをきっかけに、重要な家計の管理ができなくなったころから「財布を盗まれた」と主張する事例がありました。これは、「私が家計を預かっている」という役割や誇りを失ってしまったことが、「財布を盗まれた」という気持ちにつながった可能性が高いケースです。

身近で直接介護にかかわる人々が「泥棒」にされやすく、また、普段よい関係を築いている人に対しても起こります。例えば、「仲の良い若い男性ヘルパーが高価なネックレスを盗っていった」と主張するケースがありました。
ご本人は結ばれぬ恋をして生涯独身を貫いた経験をお持ちの方で、一方ヘルパーは最近結婚したばかりでした。「盗んだネックレスはきっと奥さんにあげたのだわ」と。過去に叶えられなかった幸せを目の前で見せられる苦しみが、そのような被害妄想を引き起こした可能性があります。これも、単なる記憶違いではなく、その裏に思いが隠れているケースです。
直接的な暴言・暴力などの被害妄想
家族に邪魔者扱いされる、病院の看護師にひどい悪口を言われるなど、直接的な攻撃を受けていると訴える被害妄想もあります。これらを、普段の様子を知らない親類や、警察などの公的機関に訴えられると、虐待を疑われ、大変なトラブルになってしまうこともあります。

原因として、認知機能の低下によりうまく状況を認識できず、誤解が生じていることがあります。周囲の人が、つい腫れものに触るような対応になったり、症状が表れると不安そうにひそひそと話していたりすると、その様子をご本人が「自分をのけ者にしている」「何か隠し事をしている」「悪口を言っている」ととらえたりします。

さらに、認知症によりコントロールができないご自身の感情が、周囲の人々や状況に「投影」されることもあります。つまり、コントロールできない怒りや不満を持っているのは自分なのに、「周囲が私に怒っている」という認識にすり替わってしまうのです。そうでない人にはわかりにくいものですが、認知症の人にとって、特に感情の面で「自分」と「他人」を分ける垣根はとても低いのです。
嫉妬や対人関係の妄想
妻や夫が浮気をしているという嫉妬妄想や、特定の誰かが家に入ってくるという対人関係にまつわる妄想もあります。
こうした妄想は、非現実的な訴えなのに、細部は妙に生々しいことが多いようです。例えば、「若い男が入り込み、昼に食べようと思っていた冷蔵庫の煮物を食べた。証拠隠滅に器を洗っていったが、置き場所がいつもと違うのでボロが出た」「妻が義理の息子と浮気をしている。破廉恥なことに、汚れた下着が洗濯カゴに入っていたのが証拠だ」など、聞かされる側もうんざりさせられることもしばしばあります。

この背景には強い孤独感や不安があることが多いのです。また、役割を失い、頼られる存在でなくなっていく悲しみや、自分の価値がないように感じる淋しさが原因の場合もあります。

家に入り込まれ煮物を食べられたと訴えた方は、「自分の手料理を誰かに食べてほしい」と思っている可能性があります。また、妻が義理の息子と浮気をしていると疑っていたケースでは、かつてなんでも相談してくれた妻が、近頃義理の息子にばかり相談しているという背景がありました。実はご本人の介護や今後のことを話し合っていたのですが、それを「浮気」と感じたのかもしれません。

被害妄想への対応方法は?

基本的な対応は以下の通りです。

否定せずに聞く
非現実的な訴えだったとしても否定せず、その訴えに耳を傾けることが大切です。
否定され、訴えを繰り返すたびに、ご本人の中ではその被害感情、怒りや悲しみ、苦しみが何度も生まれます。その結果、感情が抑制できず混乱を深めたり、被害妄想をより確信して訴えが強くなったり、この人はわかってくれないと判断して様々な人に見境なく訴えるようになります。

たとえ自分が妄想の対象になっていたとしても、まずは否定せずゆっくりと共感し、話を聴きましょう。共感的に聞くだけで被害妄想が消えることも珍しくありません。
ご本人の立場や感情に注目する
一方で、積極的に被害妄想を肯定したり、真正面から対応して現実的な解決手段を勧める必要もありません。認知症の被害妄想は、ご本人の訴える内容そのものには重要な意味がなく、「不安を聴いてほしい」「気持ちを分かってほしい」「一人の人として大切に扱ってほしい」など、その裏に隠された感情のほうが大切なメッセージであることが多いのです。

つまり、ご本人が求めているのは、事態への賛同や具体的なアドバイスではなく、ご本人の置かれた状況への理解や、その感情のメッセージを受け止めてくれることです。
ひとりで闘わない
被害妄想で、特に介護者自身がその対象となって巻き込まれている場合、一人きりでそれに対応するのは大変な心労を伴います。できれば、誰かに相談をしてみましょう。
介護者としては、状況を他人に話したところで「責められるかもしれない」と怖がったり、気が引けるかもしれません。他の誰かが対応したところで簡単には解決できないとあきらめているかもしれません。

でも、ご本人をどうにかするより先に、介護者ご自身が自分の心と体を守ることが最優先です。そのために、その事態をできるだけ早期に、信頼できる機関や相手(ケアマネジャーや地域包括支援センター職員、家族会の人など)に相談し、必ず状況を理解してくれる人を作ってください。

被害妄想の状況別対応法

物盗られ妄想への対応
「あなたが盗った」と言われても否定も肯定もせず、まずは「大切なものがなくなって困っている」ことに共感して聞きましょう。一緒に探し、もしあなたが先に見つけた場合は、ご本人がみつけやすいところに置き直し、ご自分で発見してもらってください。

自分が置き忘れたのに「盗られた」と主張し、結果他人に見つけてもらったというのは、ご本人にとってばつの悪いことです。「あの人が盗って、元に戻した」という新たな被害妄想に陥る可能性もあります。
「自分で見つけられた」という安心感と自信は、もの忘れへの不安を少しずつ拭ってくれます。
直接的な暴言・暴力などの被害妄想への対応
このタイプの妄想への対応には注意が必要です。その理由は2つあります。1つ目は、もしかしたらそれが妄想ではなく真実である場合も考えられることです。はじめから被害妄想だと疑いの目で見ず、慎重に対応する必要があります。2つ目は、1つ目の裏返しで、事情を知らない人に本当の虐待かと疑われ、トラブルを招く場合もあることです。

いずれにしても、リスクマネジメントとして第三者(担当ケアマネジャーや地域包括支援センター職員など)を巻き込み、一人で抱え込まないことが大切です。特に自分が「加害者」として対象にされている場合は、大変なストレスですので、心理的、物理的に適度に距離をとりましょう。ちょっとでもそのような傾向が見られたら、早期に相談できる先を確保し、ショートステイの利用などレスパイトの手段を用意して、外部の人を積極的に巻き込む必要があります。
嫉妬や対人関係にまつわる妄想への対応
大切な人とのつながりを失う恐怖や、居場所や役割を失うといった喪失体験が引き金になりやすいこのタイプの妄想では、失われたと思っている関係を直接再確認させて、恐怖や喪失の感情を癒すことが大切です。例えば配偶者への嫉妬妄想なら、配偶者がもっとゆっくり、丁寧に関わることが直接的な解決法となります。

一方、このタイプの妄想は「自分は頼られ役に立つ存在だ」という体験をすると収まりやすいようです。先の誰かに住居に入り込まれ、煮物を食べられたという女性は、ご家族が時おり電話で手料理のレシピを聞くようにしたところ、住居侵入の訴えはなくなりました。
妄想に絡む直接の関係に意識を向けるだけではなく、ご本人が価値を認められる趣味や社交の場を作り、役割をもってもらうことも効果的な対応になります。

人間の心は奥深く、複雑なものです。長い間秘めた思いや願望が、認知症のために、被害妄想の形となって表れることが多いのです。そのため、被害妄想を消失させるのは困難で時間がかかります。その間に認知症の症状も進んでしまい、ご本人と周囲の方の苦しみがいっそう増してしまうこともあります。大切なのは妄想を消してしまうことではなく、妄想があったとしても、ご本人とご家族が安全で安心して過ごせることです。

一番近いご家族なら、被害妄想への対応に限界を感じるのは、むしろ自然なことです。無理に対応したり、完全に解決しようとせず、短時間でも他の人の力を借り、必要に応じて介護や医療のサービスを利用して、なんとかやり過ごす工夫もまた必要です。

著者

志寒浩二

志寒浩二(認知症対応型共同生活介護ミニケアホームきみさんち 管理者/介護福祉士・介護支援専門員)

現施設にて認知症介護に携わり10年目。すでに認知症をもつ人も、まだ認知症をもたない人も、全ての人が認知症とともに歩み、支え合う「おたがいさまの社会」を目指して奮闘中。

(編集:編集工房まる株式会社)

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

認知症の方が入居可能な老人ホームを探す

希望エリアをクリックしてみてね!

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。