【栄養士が解説】嚥下とは

嚥下とは

嚥下(えんげ)とは、口の中で咀しゃくした食事を飲みこみやすい大きさに取りまとめ喉の奥へ飲みこみ、食道から胃へ送り込むことを嚥下といいます。

嚥下機能に障害がある高齢者に適した介護食について正しく学びましょう。

加齢による嚥下(えんげ)機能の低下とは

年齢に伴い少しずつ食べる周辺機能が弱くなります。誰しも年を重ね機能的変化も現れますが、健やかに過ごすために対策や工夫、予防にも目を向けてみませんか。

嚥下による主な機能の低下

  • 義歯の不具合による咀しゃく力低下
  • 唾液の粘性、分泌量の変化および減少
  • 嚥下に関する筋力低下
  • 注意力、集中力低下

その他 基礎疾患や薬による嚥下機能の低下などがあげられます。

嚥下の際、喉の奥ではこんなことが起きている!

食道の入り口付近では、空気の通り道「気管」と食べ物の通り道「食道」、2つの分かれ道があります。飲食をしていないときは、食道の入り口は閉じて空気専用通路になっています。

逆に飲食の際には、気管の入り口は閉まり、飲食物が食道へと進んでいきます(ぜん動運動)。食道へつながる喉の奥を喉頭(こうとう)といい、この動きを嚥下反射といいます。

ステップ1

ごっくん!するとき ⇒ 食べ物が喉を通過し、食道の入り口にくると反射が起こり食道から胃へと進んでいきます。一瞬呼吸は止まっています。

ステップ2

わっしょい、わっしょい! ⇒ 食道を通過した飲食物は胃へ進みますが、自然に落ちていくわけではありません。

食道の筋肉が収縮して送り込まれます。まるで「わっしょい、わっしょい!」と運ばれているようですね。この運動を蠕動運動(ぜんどう うんどう)といいます。

喉から奥はいろんな働きが集中しています

当たり前のように唾液を飲み込み、飲食を繰り返していますが、喉の奥はとても複雑で1つの器官がいくつもの役割を担っていることにも驚きます。

しかし、それは機能が弱ることで様々な弊害も持ち合わせていることにもなります。

喉から奥(喉頭~食道)の役割

  • 唾液の飲み込み(喉頭~食道)
  • 水分をとり入れる(喉頭~食道)
  • 食べ物をとり入れる(喉頭~食道)
  • 空気の通り道(気管)
  • 声の発生を行う(声帯)

通り道は1つ。しかし小さく細い器官によって口から食べる機能が活かされています。

よく耳にする、誤嚥(ごえん)ってなんですか?

例えば飲食物が食道入り口付近に近づき食道扉の開閉タイミングうまくいかず、誤って気管に入ることがあります。これを誤嚥(ごえん)といいます。

どんなものが誤嚥の原因になるの?

  • 唾液
  • 胃食道内容物の逆流
  • 口の中に残っている食べ物
  • 飲食物 など

中でも、細菌を含んだ唾液や胃の中の食べ物が食道を通って逆流したものは気道粘膜を損傷します。これら誤嚥したものが肺に入って炎症を起こすことを誤嚥性肺炎といい命にかかわるケースもありますので注意が必要です。

嚥下を補ってくれる介護食のポイント

  • まとまりの工夫    :食べ物がバラけて口の中や喉に残らない工夫を。
  • 喉を通りやすくする工夫:食べ物がまとまりつつ、喉の奥に送り込まれるようとろみ加減の調整を。
  • パサつかない工夫   :パサつくものは口に残りやすく、後で誤嚥の原因にも。あんをかけるなどとろみとまとまりを補う工夫を。
  • サラサラにもご注意を :水分のようにサラサラは気管に入りやすいので少しとろみをつけて飲みやすく。

平成27年、農林水産省より自分に合った介護食選びをチャート式で行えるスマイルケア食の考え方が発表されました。

介護食には興味や必要性があっても選び方がわからないという方にもご参考頂けると思います。要介護者の摂食レベルに合わせた食の提案に役立てください。

スマイルケア食の選び方

まとめ

口から食べることは、様々な機能に支えられています。嚥下の重要性を再認識するとともに「年だから」と諦めることなく食事を楽しみながら予防のためのエッセンスを日常生活に取り入れていただければと思います。

目で見て、香りで、口に含んで咀しゃくして五感を刺激しつつ健やかに過ごしたいものです。


著者

徳田 泰子

徳田 泰子(「株式会社ヘルシーオフィスフー」代表取締役。管理栄養士・調理師)

病院での栄養管理業務に約10年間携わり、健康であるためには日々の暮らしにおいて「おいしく、楽しく」食事をとることが重要であると考え起業しました。
家族の在宅での介護・看取りの経験からグループホームをはじめ高齢者施設での栄養サポートを行い、安全・かんたん・おいしい食事づくりのご支援をさせて頂いております。
高齢者食支援専門サイト「スマイリーフード」http://foo.co.jp/管理運営。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。