低栄養とは

低栄養とは食欲の低下など様々な理由から食事量が減る、あるいは食事内容が偏ることで栄養状態が低くなり、からだを動かすために必要なエネルギーや筋肉を作るたんぱく質が不足した状態をいいます。

高齢者の栄養不足は課題も多く深刻です。高齢者が安心して健やかな生活を送るためには良好な栄養状態を保つことが必要です。

低栄養とは

高齢者は加齢によるからだの機能低下や疾病、食生活環境により食事摂取そのものに大きな影響を受けます。

高齢者が安心して健やかな生活を送るためには良好な栄養状態を保つことが必要です。食べることは命をつなぐこととして真剣に取り組まねばなりません。

低栄養の要因を知っておこう

低栄養の主な要因

身体的な要因

  • 加齢による視覚、嗅覚、味覚などの感覚機能の衰えと食欲・食事量の低下
  • かむ力や飲みこむ力の低下
  • 疾病によるもの(生活習慣病などの慢性疾患、後遺症など)

精神的要因

  • ストレス
  • 認知機能低下
  • うつ
  • 不安

環境的要因

  • 孤食
  • 一人暮らし
  • 貧困
  • 自立度の低下

低栄養になるとどうなるの?

1.筋肉量や筋力の低下

疲れやすく、筋力がおとろえ転倒や骨折の原因、さらには寝たきりの原因になりかねません。

2.骨格筋量の減少

呼吸筋が疲労しやすく、咳をする力が低下するため気道内の異物や分泌物を除きにくく肺炎などを起こしやすくなります。

3.免疫力の低下

免疫力低下により皮膚や消化管へのバリアが低くなり感染症へのリスクが高くなります。

低栄養と食事

加齢によって起こるからだの変化 ※主に食にかかわる変化

  • 飲みこむ力が弱くなりむせやすくなる。
  • かむ力が弱くなり硬いものが食べにくくなる。
  • のどの渇きが鈍くなる。水分の摂取量が減り脱水症状になりやすい。
  • 味覚が鈍くなる。特に塩味、甘味。濃い味付けを好むようになる。
  • 活動量低下により食欲が低下。
  • 腸の運動が弱くなり便秘になりやすい。
  • 膵液の分泌低下により脂肪の消化・吸収力が落ちる。

低栄養に早めに気づくために

高齢者のからだの変化は、そのままにしておくと生活の質を著しく落としてしまう危険性があります。“食べる力”の変化をチェックしてみましょう。

食べる力に変化はないですか?

□体調がすぐれず、食欲があまりない。食べる量が減ったと感じる。
□息切れしやすい。食事のときに疲れやすい。
□1日の水分摂取量が1000ml以下である。(食事の水分も含む)
□食事を作ること、食べることが面倒だと感じる。
□主食だけの食事になってしまうときがある。(例:おにぎりやお茶漬けで食事を済ませる)

神経質になりすぎるのはよくありませんが、小さな変化を見過ごしていると大きな危険につながることがあります。

「ちょっと最近、ごはんの量が減ったかな?」ということも「気のせい」にせず、「気に留める」ことも大切です。

気に留めた出来事が頻繁に続くようであれば、その原因を知り早めの対策を考えることができます。時には体重を測定し3か月間の変化をメモしておくと数字で比較することができます。

少しずつ現われるからだの変化に耳を傾け、無理をせず大事に年を重ねていきましょう。

 普段から“食べる力”をつけよう

□食べたり食べなかったり不規則にしない。少量でも食べる工夫と習慣を。
□たまには「らくちん」手抜きをしても大丈夫です。市販のお惣菜や冷凍食品も活用しよう。
□おいしそう!食べたいな!と思う食べ物を見つけよう。

お腹が空いてから食べるよりもある程度の時間になれば食事をとるという習慣により食習慣のリズムが築けます。

しかし「習慣づける」ことは重要ですがあれこれ細かく決めすぎて頑張り過ぎないことも大切です。ご自身の食事リズムに合わせて強弱をつけながら、食べる楽しみも見つけてください。

 お腹が空いてから食べるよりもある程度の時間になれば食事をとるという習慣により食習慣のリズムが築けます。

しかし「習慣づける」ことは重要ですがあれこれ細かく決めすぎて頑張り過ぎないことも大切です。ご自身の食事リズムに合わせて強弱をつけながら、食べる楽しみも見つけてください。

まとめ

通常、私たちが当たり前のようにとっている食事は、食欲がない、うまく飲みこめないなど身体的変化を伴う高齢者の方々にとって食べることが負担となることが多々あります。

加齢によって起こる様々な病気や障害を予防するためにも私たちは、食べる意欲と楽しみを持ち続けていただく工夫を重ね、介護予防のための食事に取り組む必要があります。

「口から食べる」ことを大切にし、高齢者が栄養状態を良好に保てるよう医療・介護スタッフがご家族や周囲の方々とともに協力し合っていくことが大切です。

著者

徳田 泰子

徳田 泰子(「株式会社ヘルシーオフィスフー」代表取締役。管理栄養士・調理師)

病院での栄養管理業務に約10年間携わり、健康であるためには日々の暮らしにおいて「おいしく、楽しく」食事をとることが重要であると考え起業しました。
家族の在宅での介護・看取りの経験からグループホームをはじめ高齢者施設での栄養サポートを行い、安全・かんたん・おいしい食事づくりのご支援をさせて頂いております。
高齢者食支援専門サイト「スマイリーフード」http://foo.co.jp/管理運営。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。