高齢者に多い目の病気|白内障、緑内障、加齢黄斑変性症

人間が五感で得られる情報のうち8割を占めるのが目からの情報といわれています。

体の中でも重要な部位であるのに、片目に異常が起こっても、もう片方の目で見えてしまうため”見え方”の変化に気づきにくいというのが目の病気の特徴です。

ここでは、少しでも早く”見え方”の変化に気づき、手遅れにならないための知識を紹介します。    

この記事の制作者

橋本 優子

著者:橋本 優子(看護師編集者)

大学卒業後、出版社にてビジネス誌の編集に携わる、その後、出産をきっかけに看護師資格を取得。病院勤務後、「看護」「医療」の知識を活かした情報発信をするためファンメディケーション株式会社に入社。現在、健康に関する記事の企画、取材、執筆、編集までを行う。

no photo

監修者:戸張幾(表参道内科眼科名誉院長)

日本眼科学会認定眼科医
東邦大学医学部名誉教授

老眼は目の周りの筋肉の衰えで起こる

40代も半ばになると、ほとんどの人が近くの文字を”見えづらい”と感じ、「老眼」を訴えはじめます。

この「老眼」という病気(現象)は眼球自体の老化で起こるのではありません。近くをみたり、遠くを見たりするために眼球の見方を調節する筋肉(毛様体筋)の衰えと、レンズの役割をする水晶体が硬くなることによって起こります。

少しでも見え方が変わってきたと感じたら眼科へ行きましょう。また見えづらさを感じなくても、40歳を過ぎたら1年に1回は眼科で定期健診を受けることで、目の病気の予防につながります。

高齢者の失明原因にもなる3つの目の病気

高齢者に多いのが「白内障」「緑内障」「加齢黄斑変性」の3つの病気。これらは失明の恐れがある目の病気です。

片方の目が見えにくくなっていても、もう一方の目で見えにくさを補う「両眼視機能」や脳が見えた情報を補う「補填機能」を働かせるので気づかずに過ごしてしまいます。そのため、自覚症状が現れるころには失明を免れない状況になっていることも。

それぞれの病気について、メカニズムから症状までを紹介していきます。

白内障

白内障は65歳以上の60~70%の人がかかり、約2000万人以上の人がかかっているといわれています。

白内障は水晶体が濁ることによって視力が低下する病気です。おもな原因は加齢によるものがほとんどで、ほかにも糖尿病、アトピーなども原因となります。白内障は手術をすれば視力が回復する病気でもあります。

ものが二重、三重にみえる、光を以前よりまぶしく感じる、ぼやけて見える、白っぽくかすんで見えるなどの症状が現れた場合は、早めに眼科を受信しましょう。

緑内障

失明原因第1位の目の病気が「緑内障」です。現在、40歳以上の20人に1人、70歳以上では10人に1人がかかっているといわれ、約360万人の緑内障患者がいるといわれています。

緑内障は眼圧が上がることで、眼から視神経に見えたものの情報を伝える視神経乳頭が圧迫されるため視野が欠けて見えるようになる病気です。

眼圧とは目の硬さのこと。目の中は房水という水で一定の眼圧が保たれていますが、老化によりこの眼圧を一定に保つことが難しくなるのが「緑内障」です。

症状がないのが緑内障の特徴で、見える範囲が外側から欠け始め、中心部まで影響があらわれる頃にはかなり進行しています。

自覚症状がみられないため、40歳を過ぎたら1年に1回は眼科を受診するようにしましょう。

加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)

加齢により、網膜の黄斑という部分が正常に働かなくなることで視力が低下する病気が加齢黄斑変性症です。

視野の中心がゆがんで見える、視野の中心が暗く見える、視力が低下するなどの症状がみられます。一方の目が加齢黄斑変性症になると、もう片方の目にもおよそ3人に1人の割合で発症するといわれています。

目の病気を予防するための生活習慣

生活の中に3つの習慣を取り入れることで「白内障」「緑内障」「加齢黄斑変性症」の予防につながります。

メガネや老眼鏡がいまの視力にあっているか眼科医に診てもらう

視力にあわないメガネや老眼鏡を使い続けると、老眼が加速するだけでなく目の障害にもなります。まずは、いま使っているメガネや老眼鏡を眼科医にみてもらいましょう。

スマホやパソコンは紫外線よりも目を傷める恐れがある

スマホやパソコンから発せられるブルーライトは、紫外線のように角膜や水晶体に吸収されることがありません。そのため、眼の奥まで到達し網膜を傷つけます。ブルーライトをカットする専用のメガネをつけるなどして、目の負担を軽減しましょう。

また外出するときは、帽子やサングラスなどで紫外線を防止しましょう。

一汁三菜+サプリメントが目におすすめ

汁物、主菜、副菜(2品)、主食の「一汁三菜」とよばれるバランスの良い食事を規則正しく摂ることが目の加齢化を防ぎます。

しかし、バランスの良い食事を日々摂り続けることは困難です。そのため、食事で栄養が偏ったり不足していると感じたらサプリメントをプラスするとよいでしょう。

なかでも「ルティン」「アスタキサンチン」「ビタミンA」「ビタミンB12」などは眼精疲労に良い影響が期待できます。

ただし、サプリメントは予防を約束したり治療効果があるわけではありません。あくまで栄養補助として摂取するように心がけましょう。

まとめ

高齢者に多い目の病気としてあげられるのが「白内障」「緑内障」「加齢黄斑変性症」の3つ。どの病気も「見えづらさ」を感じる頃には病気がかなり進行しているのが特徴です。しかし、老眼がはじまる40代から目に優しい生活習慣を送り、自覚症状がなくても1年に1回は眼科を受診し、検査を受けることでこれらの病気を防ぐことができます。

【PR】座ってできる介護予防!自宅で簡単あしふみウォーキング(外部リンク)

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

情報セキュリティマネジメントシステム 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。