老人ホーム・介護施設選びの希望条件整理

介護施設選びの準備として、希望条件を整理しておきましょう。まずは、選定のポイントを「身体状況」「費用」「エリア」「希望条件」の4つにわけてご紹介します。

身体状況

適切なサービスを受けるには、まずは身体の状況をきちんと把握しましょう。

介護施設で提供される介護や医療関連のサービスは施設によって違うので、注意が必要です。

例えば、こんなサービス
どのような介護サービスが必要か?
認知症対応は必要か、その程度はどうか?
日常的な医療ケアが必要な症状はあるか?

資金計画・予算見積り

手持ちの資産や収入の範囲内で、無理のない資金計画を立てましょう。

介護施設の入居には初期費用と月額費用がかかり、必要な費用は、施設でかなり差があります。資産や収入、費用をきちんと確認しておきましょう。

例えば、こんなサービス
手持ちの資金はどのくらいか?
年金や生命保険などの収入はどの程度か?
補助金などは利用できるか?
初期費用の上限金額はいくらか?
月額費用はその程度に設定するか?

エリア・周辺環境

住みたいエリアや交通機関の利便性などを考慮しながら、エリアを絞り込んでいきましょう。

どの地域の施設に住むかによって、入居後の交友関係や活動範囲は変わるので、希望条件はもれなく聞いておく必要があります。

例えば、こんなサービス
住み慣れた地元がよいか?
家族や友人が訪問しやすい場所にするか?
駅からの距離は何分くらいが良いか?

希望条件・優先順位付け

希望条件を上げたら、それに優先順位を付けましょう。

介護施設での生活を楽しく快適にするには、施設の設備や規模、周りの環境や施設なども重要です。

例えば、こんなサービス
居室に対する希望はあるか(個室、二人部屋、その他など)?
共用施設で重視するのは何か(趣味、機能訓練、生活利便など)?
周りの環境で重視するのは何か(緑、商業施設、交通の便など)?

こうした状況・条件は、本人の意思を確認し、家族・親族間でしっかりと話し合った結果を、リストにまとめておきましょう。条件の抜け漏れを防げるだけでなく、介護施設の担当者やケアマネへの伝え間違いや家族間での意見のすれ違いを避けることができます。

また、状況・条件が整理できたら、以下でご紹介するフローチャートにもぜひ、活用してみてください。その方に合った介護施設が見えてくるはずです。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国32,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

比較検討リストに追加しました