老人ホームで受けられる医療行為(医療ケア)

老人ホーム・医療行為

医療行為とは

医療行為とは、医師および医師の指示を受けた看護師などの医療従事者に認められている医療的な処置のことです。

「治療」は本来医師にしかできない「絶対的医行為」であり、医師の指示のもとで看護師などができる「相対的医行為」とは区別されます。

老人ホームや介護施設では、この「相対的医行為」が提供されており、一般的に医療行為(医療ケア)と呼ばれています。

看護師と介護スタッフができる医療行為の違い

老人ホームで提供される医療行為には、看護師など医療資格を持つ者しかできない行為と、そのような資格を持たない介護スタッフでもできる行為があります。これは専門的な判断や技術を必要とするかどうかで分かれています。

また、看護師しかできないとされる行為の中でも、指定の研修を受講すれば介護スタッフでもできるものがあります。

看護師と介護スタッフができる医療行為の違いは以下の通りです。

「看護師」ができる医療行為

  • インシュリン注射
  • 褥瘡(床ずれ)の処置
  • 痰の吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)※
  • 経管栄養(胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養)※
  • 中心静脈栄養(IVH)
  • 在宅酸素
  • 人工呼吸器の管理

※研修および手続きを受けた介護職も行える

「介護スタッフ」ができる医療行為

  • 体温測定、血圧測定
  • 軽い切り傷、擦り傷、やけど等で、専門的な判断や技術を要しない処置、軟膏の塗布
  • 湿布の貼付、点眼薬の点眼、内服薬の内服介助、座薬の挿入
  • 鼻腔粘膜への薬剤噴射の介助
  • 専門的な管理が必要でない場合の爪切り、耳垢の除去歯、口腔粘膜、舌に付着した汚れの除去
  • ストマ装具のパウチに溜まった排泄物の廃棄
  • 自己導尿の補助としてのカテーテルの準備、体位の保持

看護師がいても入居の受け入れが難しいときもある

医療行為については、看護師の勤務時間と配置状況で受け入れ可能かどうかが決まります。

24時間看護師が常駐している老人ホームはまだ少ない現状では、下記の医療行為は入居難易度が高くなります。

老人ホームで受け入れが難しい場合は、要介護者が長期療養ができる「介護療養病床」や「介護医療院」を探す必要があります。

【はじめての方へ】介護療養型医療施設(療養病床)とは

下記は受け入れ難易度がやや高い医療行為です。

喀痰吸引(気管切開、人工呼吸器)

特に回数が多く夜間も吸引が必な場合は、24時間看護師が常駐しているホームや、喀痰吸引の研修を受けた介護スタッフが毎日夜勤に入れる体制を敷いているところでないと受け入れができません。

鼻腔経管栄養

鼻から胃に直接チューブを差して栄養を注入する方法で、たんの吸引とセットで行われることが多いため、夜間対応が可能な24時間看護師が常駐している施設以外は受け入れが難しいです。 また、認知症の高齢者が自分でチューブを外してしまうことも多く、人手が少なく常時見守りが困難な場合は入居を断られるケースもあります。

中心静脈栄養(IVH)

点滴により静脈から高カロリーの栄養剤を補給する方法で、常にカテーテルを装着している状態で観察が欠かせません。そのため、少なくとも24時間看護師が常駐している施設でないと受け入れはできません。また、管理に人手が必要なため、看護師が不足している場合も入居を断られるケースがあります。

インスリン投与(3回以上)

インスリン注射は食事前に投与する必要があり、朝食前の時間に看護師がいることが条件となります。日中のみの場合は出勤時間が9時となり対応できません。

人工透析

人工透析を行う方は、週3日医療機関に通う必要があり、送迎が施設では対応できず家族もできない場合には入居を断られることがあります。

老人ホームにおける看護師の配置義務

老人ホームの看護師の配置義務は下記の表の通りです。

施設種別 看護師の配置義務 医師の配置義務 医療行為の充実度
有料老人ホーム あり
(介護付き)
なし 施設による
グループホーム なし
(任意)
なし あまり充実して
いない
介護老人保健施設(老健) あり あり 充実
特別養護老人ホーム(特養) あり あり
(非常勤可)
施設による

医療行為の必要な方が入居できる施設は、日中に看護師がいる介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホームとなります。住宅型有料老人ホームでも訪問看護で対応している場合もあります。何れの場合でも、夜間に医療行為が必要であれば「24時間看護師常駐」の老人ホームを選びましょう。

有料老人ホームとは?種類ごとの特徴・費用について

また、介護老人保健施設(老健)では看護師・医師体制としては充実していますが、在宅復帰が目的の施設であるため、終の棲家にはなりえません。

まとめ

日常的に医療ケアを必要とする方は、医療行為の内容と看護師の配置で入居できる施設が決まります。

2012年から一定の研修を受けた介護スタッフも喀痰吸引などの医療行為ができるようになったことから、スタッフの教育・研修にも注目して施設を選ぶことが大切です。

人手不足が常態化しているホームでは、看護師や研修を受けた介護スタッフがいたとしても、十分な医療ケアが受けられないかもしれません。

また、重介護度の方や医療依存度の高い方が多く入居しているところは、看護師や介護スタッフの医療対応力・経験値が高いと言えますが、余裕のない現場であることも予想されます。実際に選ぶときには総合的な判断が必要と言えるでしょう。

看護・医療体制が充実した老人ホーム

著者

武谷 美奈子

武谷 美奈子(シニアライフ・コンサルタント)

学習院大学卒 福祉住環境コーディネーター 宅地建物取引士
これまで高齢者住宅の入居相談アドバイザーとして約20,000件以上の高齢者の住まい選びについての相談を受ける。 「高齢者住宅の選び方」「介護と仕事の両立」等介護全般をテーマとしたセミナーの講師をする傍ら、テレビ・新聞・雑誌などでコメンテーターとして活躍。 また日経BP社より共著にて「これで失敗しない!有料老人ホーム賢い選び方」を出版。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

「老人ホームはまだ早い。でも一人暮らしは不安…」 そんな高齢者とご家族の方へ LIFULL介護 もしもサポート

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。