質問

軽度認知症の義母が入居する老人ホームを探しています。
入居してからも、買い物などでお金を使うことがあると思います。義母が使いすぎたり失くしたりしないよう、ホームで預かってもらうことはできるのでしょうか。

回答
西村 英記

ホームにより異なりますが、入居者自身での管理が難しい場合は、ホーム側が金銭や貴重品類を預かるサービスを行うところもあります。 西村 英記(介護保険の評価調査員/外部評価、第三者評価)

【目次】
  1. 1.老人ホームでの金銭管理はどうしているの
  2. 2.老人ホームでの金銭トラブル事例
  3. 3.老人ホーム側の金銭管理方法とは
  4. 4.望まれる管理方法とは
  5. まとめ

1.老人ホームでの金銭管理はどうしているの


老人ホームに入居後、入居者が自分のお金を使ってホーム内の自動販売機や売店で買い物をしたり、外出して自由に自分の欲しい物を買って帰ることができます。

しかし、自分のお金だとはいえ、家族としてはどういった用途に毎月どれだけ使っているのか、一人でしっかり金銭管理が出来ているのかが心配ではないかと思います。また、入居時にこれまで大切にしてきた貴金属類も一緒に持ち込んでこられる方もいます。

このような現金や貴重品の管理について、老人ホーム側の対応は様々で、現金の場合大きく3通りあります。

①小口現金として管理をし、月々の利用料請求時に一緒に管理表をつけて精算するホーム

②管理料などの名目で月々費用を徴収して管理するホーム

③あくまでプライベートな問題と捉え、入居者本人の自己責任に全て任せているホームです


そのうえで「貴重品に関するトラブルは一切責任を負いません」というような規程が盛り込まれている場合がほとんどです。




2.老人ホームでの金銭トラブル事例

実際にはどのようなトラブルがあるのでしょうか。ここで老人ホームでの金銭絡みのトラブル事例をご紹介します。


・認知症の入居者が間違えて他の入居者の部屋に入り、金品を持ち帰ってしまった。

・部屋に置いてある金庫の鍵を失くしてしまい利用できなくなってしまった。

・小口現金の収支が合わず、職員が不足分を補うことになった。

・入居者がお金を使いすぎていることに家族が不満を持ち、クレームとなった。

これはほんの一例ですが、入居後も金銭に関するトラブルがあります。



3.老人ホーム側の金銭管理方法とは

ホームが金銭管理を行うことに消極的である理由は、管理の手間がかかることが挙げられます。まず管理方法について

①「預り金管理規程」のような規約を作成する

②金庫や鍵付きのロッカーのような安全に保管できる設備を整える

③管理を受託している事を契約書や依頼書のような明確な書類で残しておく

というように、ホーム側も管理を受け入れる準備に時間と労力を割く必要があります。

各ホームがどのような管理方法をしているのかについては、重要事項説明書や管理規程に明記されているため入居時にも説明がなされるはずです。実際の管理方法については口頭でホーム長などに直接確認しておくと良いでしょう。




4.望まれる管理方法とは

外部の専門家と家族との連絡を密にとることが理想的といえます。
いくらホーム側の管理が面倒だとしても、ホームでの生活にあたり一切お金を使ってはいけないということはありません。

ホーム内部での管理が難しい場合、ホーム外部の専門家(弁護士、司法書士、行政書士など)と別途財産管理委任契約を結ぶ方法もあります。

この契約によって法律的に正当な権限をもつ第三者が財産管理をすることになりますので、ホーム側も責任を回避でき安心といえるでしょう。

ただ、こうした支援を行っている外部の専門家との接点は限定的かと思いますので、まずは老人ホームの相談窓口に問い合わせ、適切な専門家に繋げてもらうことから取っ掛かりを作るのが無難です。

まとめ

現金や貴重品の管理は、家族は老人ホームに任せっきりにするのではなく、ホームに訪問した際に職員から入居者の日常生活の様子を聞き、入居者本人とは日常のお金の使い方(どんな物がほしいのか、どのくらい現金をもっておきたいのか、など)について希望を直接確認しましょう。

貴重品管理をホーム内部で行うには負担が大きすぎる場合は、外部の専門家と連携することも必要です。いずれにしても、入居者が自分らしい生活を送ることができるように、ホームと家族が互いに協力しあうことが大切です。


このQ&Aに回答した人

西村 英記
西村 英記(介護保険の評価調査員/外部評価、第三者評価)

かず総合コンサルティング研究所/エリアマネージャー
行政書士法人御池事務所/行政書士
これからの人生を楽しく過ごすための終活トータルサポートを行う。