【理学療法士が解説】ADLとは?

ADLとは、Activities(動作) of Daily(日常) Living(生活)の略で、日本語では「日常生活動作」と呼ばれています。

具体的には「歩く」ことや「着替えをする」こと、「入浴する」ことなど、日常生活を送るうえで欠かせない基本的な動作のことです。

骨折や変形性関節症などの整形疾患、認知症、脳血管疾患、内科疾患や、加齢に伴う筋力低下などの要因でADLが低下する場合があります。

このページでは、ADLやBADL、IADLとは何か、ADL低下を予防するにはどうすれば良いのかを、現役の理学療法士がわかりやすく解説します。

ADLとは何か?

ADLは「歩くこと」や「階段の登り降り」、「食事」や「排泄行為」など、日常生活での基本的な動作のことを指します。

基本的な動作能力や自立度を客観的に示す指標として、ADLという概念が生まれました。

ADLはどのように使われているか

ADLは自立度を図るものさしになっており、要介護認定の調査項目や、リハビリの効果判定に使われたりしています。

ADLは、普段しているADL(しているADL)と、やればできるADL(できるADL)に区別されています。

「しているADL」は、その方の普段の日常生活動作レベルを指しているのに対し、「できるADL」は、リハビリ等の場面では1人でできるが、自宅などの環境では1人でできない動作のことを指します。

「しているADL」と「できるADL」との乖離が大きい場合、一見動作が行えているようでも、転倒などトラブルのリスクが潜んでおり、在宅生活では注意が必要と判断できます。

ADLの分類

ADLはおおまかに、「BADL」と「IADL」に分類されています。

BADL(Basic ADL)は基本的な生活動作を、IADL(Instrumental ADL) は複雑な生活動作を示しています。次の項目で詳しく述べていきます。

BADLとは

BADLとは、Basic Activity of Daily Living(Basic ADL)の略で、日本語では「基本的日常生活動作」と呼ばれています。

生活をしていくうえで欠かせないベーシック(基本的)な動作のことを指し、日本ではBADLのことを「ADL」と呼ぶことが多いです。

IADLとは

IADLとは、Instrumental Activities of Daily Living(Instrumental ADL)の略で、日本語では「手段的日常生活動作」と呼ばれています。

IADLは、BADLよりも高次で複雑な生活動作のことを指します。

例えば、買い物をする、部屋の掃除をする、電車やバスを利用して外出する、食事の支度をするなどの項目がIADLに当てはまり、生活の質を高めるために必要な動作です。

BADLとIADLの違い
BADL(毎日の生活の中で習慣的に行っている最低限必要な動作) IADL(ADLよりも複雑で高度なレベルの動作)
食事 ・食べ物をお皿から口まで運び、噛んで飲み込むことができる ・料理の献立を考える
・調理をする(火の取り扱いができる)
・盛り付けを行うことができる
移動 ・歩くことができる
・車椅子の操作して移動ができる
・バスや電車を使って1人で外出ができる
・日用品の買い物ができる

運動機能低下によるADL低下の予防方法

ADL低下の要因

ADLの低下は、骨折や変形性関節症などの整形外科的疾患や内科的な疾患、認知症の影響や、加齢に伴う筋力の衰えが引き金となるケースもあります。

例えば、筋力や体力が衰えると、立って歩くことが難しくなります。そうすると、外に出る機会や運動をしたり家事をしたりする機会も減少し、筋肉の衰えが更に進行するという悪循環に陥りやすくなりますね。

筋力低下はADLの低下に直結するため、運動を習慣化することはADL低下の予防に直結するのです。

ADL低下の予防方法(運動機能編)

ADL低下を予防するには、筋力の維持・向上が必要不可欠です。

筋力の低下は、運動不足や食事量の不足によって起こる場合が多いです。運動と食事のどちらが欠けても良い筋肉を維持することはできず、ADLの低下に結びつく可能性があります。

高齢者の場合、運動不足であったり、摂取エネルギー量が足りなかったり、筋肉の原料である「たんぱく質」の摂取量が少ないなど、筋力が低下しやすい状態の方が多いです。

筋力を維持するための運動というと、スポーツジムに通ったりマシンを使う運動を想像する方が多いですが、普段の生活に少しのウォーキングを追加したり、ラジオ体操を定期的に実施するだけでも筋力は十分に維持することが可能です。

人生100年時代、運動は毎日実施できなくても構いません、ご自身に合った続けられる運動を見つけていきましょう

ADLのチェック方法「FIM」について

FIMとは

FIMとは、BADL(基本的な日常生活動作)を「自分でしているのか」、していない場合は「どのくらい介助に手間がかかっているのか」を簡単にチェックできるADL評価法です。ADLを数値化することで対象者の現状レベルや改善の程度が判断しやすくなるため、世界の医療・介護分野で幅広く用いられている評価法です。

FIMの評価項目は?

FIMは「運動能力」と「認知能力」という2つの大項目があり、最終的に小項目は全部で18項目になります。

自分で動作の全てが行える状態を「自立」として7点、動作の全てを介助されている状態を「全介助」として1点とカウントします。

点数が高いほうがADLの自立度が高いことを示していて、全ての小項目が自立状態だと126点、全て全介助の状態だと18点となります。

FIMの評価項目
認知項目 社会認識 記憶
問題解決
社会的交流
コミュニケーション 表出(音声・非音声)
理解(聴覚・視覚)
運動項目 移動 階段
歩行・車いす
移乗 浴槽・シャワー
トイレ
ベッド・椅子・車いす
排せつ 排便コントロール
排尿コントロール
セルフケア トイレ動作
更衣(下半身)
更衣(上半身)
整容
食事
  • 厚生労働省【(参考)日常生活動作(ADL)の指標 FIMの概要 - 厚生労働省】より

人生の最期まで元気でいるために

大切なのは、できることを行い続けること

ADLを末長く維持することは、生活の質(Quality of Life)を維持することに繋がります。

ADLを維持していくためには、前述の通り筋力を維持することが大切です。動作を行う機会が減少すると、筋力は徐々に衰えてしまいます。

外出時に意識的に階段の登り降りをしたり、買い物には歩いて出かけたり、椅子に座る前に数回スクワットをするだけでも、筋力の維持に繋がります。

また、食に関しては、運動した直後に糖質とたんぱく質をセットで摂ることで、運動効果を引き上げられると言われています。

ご自身の体調や体力と相談しながら、日常生活内にちょっとした運動と食事のエッセンスを加えて、「できることを行い続けること」が、ADLを維持する秘訣だと私は考えています。

できないことが増えても1人で悩まずに

それでもヒトは加齢と共に筋肉量が減少したり、基礎疾患が増えたりして、自分でできることは限られてきてしまいます。1人で悩み、無理に動作を続けること転倒や怪我に繋がり、余計なADLの低下を招いてしまうケースも少なくありません。

そんな方々が安心して暮らしていけるように介護保険制度が存在しています。生活が立ち行かなくなってしまう前に、お住まいの地域包括支援センターや役所に問い合わせてみてください。できることは自分で、できなくなってきたことは他者の力を借りて、末長く元気に生活をしていきましょう。

【PR】【一度は検討したい】介護保険外サービスで暮らしがもっと快適に

イラスト:坂田 優子

この記事の制作者

新田 智裕

著者:新田 智裕(理学療法士)

横浜市青葉区の青葉さわい病院にて3歳〜105歳までのリハビリの担当を経験したうえで独立。現在は、同じ青葉区内で理学療法士と管理栄養士がつくる 「デイサービス BALENA」を運営。

内海 久美子

監修者:内海 久美子(砂川市立病院 副院長・認知症疾患医療センター長)

NPO法人中空知・地域で認知症を支える会理事長、一般社団法人認知症疾患医療センター全国研修会代表理事も務める。
長年にわたり、医師として認知症の診断、治療の傍ら、地域に向けた啓発や関係者とのネットワークづくりに尽力。
「砂川モデル」として全国からも注目され、講演、取材、TV出演など多数。

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

情報セキュリティマネジメントシステム 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。