質問

要介護3の母と二人暮らしで介護をしています。母のわずかな年金で介護サービス費用をやりくりしていますが、それでは足りず医療費やオムツ代などは私が支払っています。
遠方に住む弟は昔から親のことに無関心で、介護も金銭支援もありません。

私は長男なので仕方ないと思っていましたが、最近は何もしない弟に対し怒りがこみあげるようになりました。弟に介護費用を請求することはできますか?

回答
中村 真佐子

民法では、質問者さんも弟さんも「扶養義務者」となりますので、親に必要な介護費用を負担する義務があります。そのため、離れて暮らす弟さんに介護費用を請求するこができます。
ただし、兄弟とはいえそれぞれに生活がありますので、負担したくてもできない場合もあります。

このように、親族間で介護費用をめぐってトラブルがあります。今回は、兄弟で負担する親の介護費用についての考え方や、トラブルへの法的な解決策を解説します。 中村 真佐子(マイアドバイザー®登録FP)

【目次】
  1. 介護費用を分担するには
  2. 話し合いで解決しなければ調停を申し立てる
  3. 調停で合意されなければ「審判」に移行
  4. まとめ

介護費用を分担するには

親の介護費用は、実際に身の回りの世話をする「人的負担」と、介護に必要なお金を援助する「経済的負担」の2つを考える必要があります。質問者さんのように、人的負担も経済的負担も一人で担っている場合は、兄弟間の不公平を感じるのも無理はありません。


民法には「扶養義務者」が定められており、ひとり親の扶養義務者は、子ども、兄弟がなし、お互いに扶養する義務があると定められています。

親の介護費用を分担しあうには、「現実を正確に共有し「お互い冷静に話し合うことが必要です。お金が絡んでくれば親族間でもトラブルは起こりがち。質問者さんのように怒りがこみあげることはあっても、感情を優先して話し合えばこじれてしまいます。

状況を整理して共有する

「現実を正確に共有」するために、まずは状況を整理しましょう。
最初に生活と介護にかかる収支を明らかにします。収入は、お母様と質問者さんは同居していますので二人の収入を合わせて考えます。支出は、お母様と質問者さんの「生活費」と、お母様に係る「介護費・医療費」を整理します。

そして、質問者さんの人的支援を計るものとして、一週間の母親の介護スケジュールと質問者さんの就業や介護のスケジュールを整理します。質問者さんの金銭負担と、介護にどのくらい時間をかいるのかが目に見えてわかるものを作り、帰省や法事などで弟さんと会う機会に共有しましょう。


可能な範囲で兄弟に負担を求める

弟さんが遠方に住み人的負担ができない環境であれば、経済的負担だけでもしてほしい気持ちを伝えます。例えば、生活費の支援は質問者さんが行い、入院時などまとまったお金が必要なときには、弟さんにも負担してもらう。「全額」や「半分ずつ」などその負担割合を決め、お互いできる範囲の妥協点を探っていきましょう。常に兄弟間で連絡を取り合い、お母様の心身の状態を共有できるような環境を整えることも重要です。介護の現実を正しく知ってもらい、弟さんからできる事を提案してもらいましょう。


話し合いで解決しなければ調停を申し立てる

兄弟間の感情のもつれなどにより、話し合いがうまくいかない場合があります。その際は、家庭裁判所に「扶養請求調停」を申し立てることで、解決に向けて話し合うことができます。
仮に、今回のケースを当てはめると質問者さんが申し立てを行い、裁判所が選任した調停委員が質問者さんと弟さんの間に入り、双方の合意を目指して助言や提案を行います。

話し合いの際、調停委員は以下について確認します。

①生活状況
介護に必要な人的負担(質問者さんが介助をする具体的な状況を説明します)

②経済状況
母親、質問者さん、弟さんの収入(それぞれの源泉徴収票や所得証明書などを提出します)

このように、「兄弟間の感情の行き違い」や「親に対する想い」、そして「介護に対する考え方の違い」などを調停員が聴きとります。併せて、客観的な資料を基に経済状況を確認し、調停委員解決策を提示します。例えば、「弟さんも毎月●万円の金銭援助をする」といった解決策を提示して、弟さんが合意すれば調停成立となります。

その後、裁判所が合意内容の書面(調停調書)を作成し、当事者はその内容を履行します。もしも支払い義務を果たさない場合は、強制執行が可能で、債務者の財産が差し押さえられます。



調停で合意されなければ「審判」に移行

仮に質問者さんと弟さんが、調停での話し合いで合意に至らなかった場合、「審判」という手続きに移行されます。審判とは、調停で合意がとれなかった事項について提出書類や調査結果をもとに、裁判所が当事者に代わって取り決めを行うものです。
最終的に裁判官が決定し、質問者さんと弟さんはその決定事項に従うこととなります。



まとめ

法律で扶養義務者が定められているため、家族間のトラブル解決に調停を申し立てることができます。

ただ、家族間でのお金のトラブルは、金銭の多寡よりも、感情的なものが左右するので、調停で解決するにも相応の時間と労力が必要です。また、お母様としてみれば、自分の介護費用をめぐって家族がいがみ合うのは辛いことでしょう。

家族が悲しい想いをしないためにも、まずは弟さんときちんと話し合う場をもうけましょう。

このQ&Aに回答した人

中村 真佐子
中村 真佐子(マイアドバイザー®登録FP)

ファイナンシャルプランナーとして、住宅ローン・教育資金など、若い世代の普通の家庭におこりうるお金周りの相談は、生活者目線を大切にしています。
社会福祉協議会で生活支援員としての活動もしており、高齢者や障害者の介護、住み替え、成年後見制度分野の相談も得意としています。