無料

0120-905-743 携帯電話・PHSも利用可能

ベネッセスタイルケアお客様相談窓口につながります。

受付時間 9:00~18:00(年中無休)
※「LIFULL介護をみて電話をした」と必ずお伝えください。

入居をお考えなら、ぜひ見学して雰囲気を確かめましょう

施設見学の受け入れ状況 条件付きで見学可 オンライン見学相談可 ※2022/06/29 時点

閉じる

【見学時の条件について】
見学時の条件は施設にお問い合わせください。

【オンライン見学について】
お手持ちのパソコン等とベネッセのホームをリアルタイムでつなぐ、「オンライン」でのご見学・入居相談も承っております。共用部や居室等の居住スペース、ホームの雰囲気をライブ映像でご確認ください。
閲覧中にご質問等があれば、その場でお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。
※カメラ付きのパソコン、タブレット、スマートフォンが必要です。通信料金は個人のインターネット契約に準じますので、オンライン見学をご希望の方は事前にご確認ください。
通信環境や回線によって音声の途切れや映像が不安定になる場合には、動画や写真等でご案内いたします。

リハビリホームグランダ赤羽
1/17
リハビリホームグランダ赤羽
2/17
リハビリホームグランダ赤羽
3/17
リハビリホームグランダ赤羽
4/17
リハビリホームグランダ赤羽
5/17
リハビリホームグランダ赤羽
6/17
リハビリホームグランダ赤羽
7/17
リハビリホームグランダ赤羽
8/17
リハビリホームグランダ赤羽
9/17
リハビリホームグランダ赤羽
10/17
リハビリホームグランダ赤羽
11/17
リハビリホームグランダ赤羽
12/17
リハビリホームグランダ赤羽
13/17
リハビリホームグランダ赤羽
14/17
リハビリホームグランダ赤羽
15/17
リハビリホームグランダ赤羽
16/17
リハビリホームグランダ赤羽
17/17

【外観】

土地の所有形態:事業主体非所有 建物の所有形態:事業主体非所有

認知症の方、パーキンソン病の方、
血液透析を受けられている方もお気軽にご相談ください。
※入居受入れの可否については、ご入居者様、ご家族様、主治医等とご相談させていただきます。
ホームの状況やご本人様の心身の状態等によっては、入居のお受け入れや継続的なサービス提供ができない場合もございます。まずは、ご相談ください。

2022年6月新規オープン。リハビリに強化したホームです。

  • 入居 145.92万円 ~3,911.6万円
  • 月額 21.16万円 ~121万円
  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
  • 認知症
    相談可
  • 手厚い
    人員体制
  • 2人部屋
    有り
  • 築浅
  • 駅近
見学会・イベント
キャンペーン情報

2022/06/01 ~ 2022/08/31

ベネッセの暮らし体験「夏の体験ショートステイ」キャンペーン

施設の特長・評判(リハビリホームグランダ赤羽)

2022年6月オープン。機能訓練指導員による個別のリハビリやこだわりのお食事、広々としたウッドデッキ(300㎡以上)での活動企画など、各所に工夫を凝らしたホームで、「ご自分らしい暮らし」の実現をサポートいたします。

資料請求や見学のご予約、入居に関するご相談は、web予約やお電話でも受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。


特徴1◆リハビリと日常を掛け合わせた多彩なプログラムを提供しています。

特徴2◆広々としたウッドデッキテラス(300㎡以上)をはじめとした趣向をこらした住空間。

特徴3◆日々の楽しみであるお食事は、四季折々の味覚で暮らしを華やかに彩ります。


※入居受入れの可否については、ご入居者様、ご家族様、主治医等とご相談させていただきます。
ホームの状況やご本人様の心身の状態等によっては、入居のお受け入れや継続的なサービス提供ができない場合もございます。まずは、ご相談ください。

運営方針

~介護事業25年以上の実践と業界トップクラスの有料老人ホーム運営数 ベネッセスタイルケア~

「自分や自分の家族にしてもらいたいサービスを提供する」という理念のもと、お一人ひとりに誠実に向き合うことを大切にし、その「想い」を一つひとつの行動に表していくことを常に心がけています。
「お客様本位」の介護をスタッフが自ら考えてサービス提供できることを目指しています。

【ベネッセのホームが選ばれる理由】
理由1◆スタッフの「雰囲気・対応」
理由2◆その方の人生を学ぶことからケアを考える「生活プラン」
理由3◆これまで通りの暮らしを実現する環境づくり
理由4◆生活スタイルに合わせて選べる豊富なバリエーション
理由5◆介護事業25年以上の実践と業界トップクラスの有料老人ホーム運営数
理由6◆ベネッセならではの財務基盤

無料

入居に関するお問い合わせ(携帯電話も可)0120-905-743

入居をお考えなら、ぜひ見学して雰囲気を確かめましょう

料金プラン・入居条件(リハビリホームグランダ赤羽)

料金プラン一覧(40件)

プラン名/居室詳細 入居時費用 月額費用

入居金型プラン基本方式A1タイプ(22.3㎡~22.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  22.3022.50
980万円 26.16万円 詳しくはこちら

入居金型プランb方式A1タイプ(22.3㎡~22.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  22.3022.50
1,130万円 23.66万円 詳しくはこちら

入居金型プランc方式A1タイプ(22.3㎡~22.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  22.3022.50
1,280万円 21.16万円 詳しくはこちら

月額支払型プランA1タイプ(22.3㎡~22.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  22.3022.50
145.92万円 45.48万円 詳しくはこちら

入居金型プラン基本方式A2タイプ(24.6㎡~24.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  24.60
1,080万円 26.95万円 詳しくはこちら

入居金型プランb方式A2タイプ(24.6㎡~24.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  24.60
1,243.5万円 24.22万円 詳しくはこちら

入居金型プランc方式A2タイプ(24.6㎡~24.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  24.60
1,407万円 21.5万円 詳しくはこちら

月額支払型プランA2タイプ(24.6㎡~24.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  24.60
160.38万円 48.23万円 詳しくはこちら

入居金型プラン基本方式A3タイプ(23.6㎡~25.3㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  23.6025.30
1,190万円 26.95万円 詳しくはこちら

入居金型プランb方式A3タイプ(23.6㎡~25.3㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  23.6025.30
1,353.5万円 24.22万円 詳しくはこちら

入居金型プランc方式A3タイプ(23.6㎡~25.3㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  23.6025.30
1,517万円 21.5万円 詳しくはこちら

月額支払型プランA3タイプ(23.6㎡~25.3㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  23.6025.30
172.92万円 50.32万円 詳しくはこちら

入居金型プラン基本方式A4タイプ(31.5㎡~31.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  31.50
1,480万円 29.74万円 詳しくはこちら

入居金型プランb方式A4タイプ(31.5㎡~31.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  31.50
1,691.5万円 26.21万円 詳しくはこちら

入居金型プランc方式A4タイプ(31.5㎡~31.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  31.50
1,903万円 22.69万円 詳しくはこちら

月額支払型プランA4タイプ(31.5㎡~31.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  31.50
216.9万円 58.84万円 詳しくはこちら

入居金型プラン基本方式A5タイプ(35.5㎡~36.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  35.5036.60
1,880万円 31.32万円 詳しくはこちら

入居金型プランb方式A5タイプ(35.5㎡~36.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  35.5036.60
2,118.5万円 27.34万円 詳しくはこちら

入居金型プランc方式A5タイプ(35.5㎡~36.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  35.5036.60
2,357万円 23.37万円 詳しくはこちら

月額支払型プランA5タイプ(35.5㎡~36.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  35.5036.60
268.68万円 68.15万円 詳しくはこちら

入居金型プラン基本方式A6タイプ(44.9㎡~44.9㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  44.90
2,180万円 34.9万円 詳しくはこちら

入居金型プランb方式A6タイプ(44.9㎡~44.9㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  44.90
2,480万円 29.9万円 詳しくはこちら

入居金型プランc方式A6タイプ(44.9㎡~44.9㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  44.90
2,780万円 24.9万円 詳しくはこちら

月額支払型プランA6タイプ(44.9㎡~44.9㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  44.90
316.92万円 77.72万円 詳しくはこちら

入居金型プラン基本方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  49.20
2,480万円 38.47万円 詳しくはこちら

入居金型プラン基本方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

二人部屋  49.20
2,480万円 55.16万円 詳しくはこちら

入居金型プランb方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  49.20
2,814.2万円 32.9万円 詳しくはこちら

入居金型プランb方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

二人部屋  49.20
2,814.2万円 49.59万円 詳しくはこちら

入居金型プランc方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  49.20
3,148.4万円 27.33万円 詳しくはこちら

入居金型プランc方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

二人部屋  49.20
3,148.4万円 44.02万円 詳しくはこちら

月額支払型プランB1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  49.20
358.86万円 87.14万円 詳しくはこちら

月額支払型プランB1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

二人部屋  49.20
358.86万円 103.83万円 詳しくはこちら

入居金型プラン基本方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  61.10
3,080万円 43.24万円 詳しくはこちら

入居金型プラン基本方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

二人部屋  61.10
3,080万円 60.54万円 詳しくはこちら

入居金型プランb方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  61.10
3,495.8万円 36.31万円 詳しくはこちら

入居金型プランb方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

二人部屋  61.10
3,495.8万円 53.61万円 詳しくはこちら

入居金型プランc方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  61.10
3,911.6万円 29.38万円 詳しくはこちら

入居金型プランc方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

二人部屋  61.10
3,911.6万円 46.68万円 詳しくはこちら

月額支払型プランB2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

個室  61.10
445.92万円 103.7万円 詳しくはこちら

月額支払型プランB2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

二人部屋  61.10
445.92万円 121万円 詳しくはこちら

[個室]入居金型プラン基本方式A1タイプ(22.3㎡~22.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 980万円 月額費用[解説]月額費用について 26.16万円
居室タイプ 個室
広さ 22.30 ~ 22.50m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 9,800,000
入居金 [解説]入居金について 9,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 261,580
家賃 50,000円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 90,200円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランb方式A1タイプ(22.3㎡~22.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,130万円 月額費用[解説]月額費用について 23.66万円
居室タイプ 個室
広さ 22.30 ~ 22.50m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 11,300,000
入居金 [解説]入居金について 11,300,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 236,580
家賃 25,000円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 90,200円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランc方式A1タイプ(22.3㎡~22.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,280万円 月額費用[解説]月額費用について 21.16万円
居室タイプ 個室
広さ 22.30 ~ 22.50m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 12,800,000
入居金 [解説]入居金について 12,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 211,580
家賃 0円
管理費 [解説]管理費について 90,200円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]月額支払型プランA1タイプ(22.3㎡~22.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 145.92万円 月額費用[解説]月額費用について 45.48万円
居室タイプ 個室
広さ 22.30 ~ 22.50m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 1,459,200
入居金 [解説]入居金について
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他 1,459,200円(非課税) 敷金
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について
初期償却 [解説]初期償却について
返還方式 [解説]返還方式について
備考 敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 454,780
家賃 243,200円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 90,200円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プラン基本方式A2タイプ(24.6㎡~24.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,080万円 月額費用[解説]月額費用について 26.95万円
居室タイプ 個室
広さ 24.60m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 10,800,000
入居金 [解説]入居金について 10,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 269,490
家賃 54,500円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 93,610円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランb方式A2タイプ(24.6㎡~24.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,243.5万円 月額費用[解説]月額費用について 24.22万円
居室タイプ 個室
広さ 24.60m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 12,435,000
入居金 [解説]入居金について 12,435,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 242,240
家賃 27,250円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 93,610円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランc方式A2タイプ(24.6㎡~24.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,407万円 月額費用[解説]月額費用について 21.5万円
居室タイプ 個室
広さ 24.60m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 14,070,000
入居金 [解説]入居金について 14,070,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 214,990
家賃 0円
管理費 [解説]管理費について 93,610円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]月額支払型プランA2タイプ(24.6㎡~24.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 160.38万円 月額費用[解説]月額費用について 48.23万円
居室タイプ 個室
広さ 24.60m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 1,603,800
入居金 [解説]入居金について
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他 1,603,800円(非課税) 敷金
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について
初期償却 [解説]初期償却について
返還方式 [解説]返還方式について
備考 敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 482,290
家賃 267,300円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 93,610円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プラン基本方式A3タイプ(23.6㎡~25.3㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,190万円 月額費用[解説]月額費用について 26.95万円
居室タイプ 個室
広さ 23.60 ~ 25.30m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 11,900,000
入居金 [解説]入居金について 11,900,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 269,490
家賃 54,500円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 93,610円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランb方式A3タイプ(23.6㎡~25.3㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,353.5万円 月額費用[解説]月額費用について 24.22万円
居室タイプ 個室
広さ 23.60 ~ 25.30m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 13,535,000
入居金 [解説]入居金について 13,535,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 242,240
家賃 27,250円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 93,610円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランc方式A3タイプ(23.6㎡~25.3㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,517万円 月額費用[解説]月額費用について 21.5万円
居室タイプ 個室
広さ 23.60 ~ 25.30m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 15,170,000
入居金 [解説]入居金について 15,170,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 214,990
家賃 0円
管理費 [解説]管理費について 93,610円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]月額支払型プランA3タイプ(23.6㎡~25.3㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 172.92万円 月額費用[解説]月額費用について 50.32万円
居室タイプ 個室
広さ 23.60 ~ 25.30m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 1,729,200
入居金 [解説]入居金について
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他 1,729,200円(非課税) 敷金
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について
初期償却 [解説]初期償却について
返還方式 [解説]返還方式について
備考 敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 503,190
家賃 288,200円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 93,610円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プラン基本方式A4タイプ(31.5㎡~31.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,480万円 月額費用[解説]月額費用について 29.74万円
居室タイプ 個室
広さ 31.50m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 14,800,000
入居金 [解説]入居金について 14,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 297,370
家賃 70,500円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 105,490円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランb方式A4タイプ(31.5㎡~31.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,691.5万円 月額費用[解説]月額費用について 26.21万円
居室タイプ 個室
広さ 31.50m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 16,915,000
入居金 [解説]入居金について 16,915,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 262,120
家賃 35,250円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 105,490円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランc方式A4タイプ(31.5㎡~31.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,903万円 月額費用[解説]月額費用について 22.69万円
居室タイプ 個室
広さ 31.50m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 19,030,000
入居金 [解説]入居金について 19,030,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 226,870
家賃 0円
管理費 [解説]管理費について 105,490円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]月額支払型プランA4タイプ(31.5㎡~31.5㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 216.9万円 月額費用[解説]月額費用について 58.84万円
居室タイプ 個室
広さ 31.50m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 2,169,000
入居金 [解説]入居金について
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他 2,169,000円(非課税) 敷金
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について
初期償却 [解説]初期償却について
返還方式 [解説]返還方式について
備考 敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 588,370
家賃 361,500円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 105,490円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プラン基本方式A5タイプ(35.5㎡~36.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 1,880万円 月額費用[解説]月額費用について 31.32万円
居室タイプ 個室
広さ 35.50 ~ 36.60m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 18,800,000
入居金 [解説]入居金について 18,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 313,190
家賃 79,500円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 112,310円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランb方式A5タイプ(35.5㎡~36.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 2,118.5万円 月額費用[解説]月額費用について 27.34万円
居室タイプ 個室
広さ 35.50 ~ 36.60m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 21,185,000
入居金 [解説]入居金について 21,185,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 273,440
家賃 39,750円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 112,310円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランc方式A5タイプ(35.5㎡~36.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 2,357万円 月額費用[解説]月額費用について 23.37万円
居室タイプ 個室
広さ 35.50 ~ 36.60m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 23,570,000
入居金 [解説]入居金について 23,570,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 233,690
家賃 0円
管理費 [解説]管理費について 112,310円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]月額支払型プランA5タイプ(35.5㎡~36.6㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 268.68万円 月額費用[解説]月額費用について 68.15万円
居室タイプ 個室
広さ 35.50 ~ 36.60m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 2,686,800
入居金 [解説]入居金について
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他 2,686,800円(非課税) 敷金
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について
初期償却 [解説]初期償却について
返還方式 [解説]返還方式について
備考 敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 681,490
家賃 447,800円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 112,310円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プラン基本方式A6タイプ(44.9㎡~44.9㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 2,180万円 月額費用[解説]月額費用について 34.9万円
居室タイプ 個室
広さ 44.90m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 21,800,000
入居金 [解説]入居金について 21,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 348,980
家賃 100,000円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 127,600円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランb方式A6タイプ(44.9㎡~44.9㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 2,480万円 月額費用[解説]月額費用について 29.9万円
居室タイプ 個室
広さ 44.90m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 24,800,000
入居金 [解説]入居金について 24,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 298,980
家賃 50,000円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 127,600円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランc方式A6タイプ(44.9㎡~44.9㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 2,780万円 月額費用[解説]月額費用について 24.9万円
居室タイプ 個室
広さ 44.90m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 27,800,000
入居金 [解説]入居金について 27,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 248,980
家賃 0円
管理費 [解説]管理費について 127,600円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]月額支払型プランA6タイプ(44.9㎡~44.9㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 316.92万円 月額費用[解説]月額費用について 77.72万円
居室タイプ 個室
広さ 44.90m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 3,169,200
入居金 [解説]入居金について
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他 3,169,200円(非課税) 敷金
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について
初期償却 [解説]初期償却について
返還方式 [解説]返還方式について
備考 敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 777,180
家賃 528,200円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 127,600円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プラン基本方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 2,480万円 月額費用[解説]月額費用について 38.47万円
居室タイプ 個室
広さ 49.20m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 24,800,000
入居金 [解説]入居金について 24,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 384,690
家賃 111,400円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 151,910円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[二人部屋]入居金型プラン基本方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 2,480万円 月額費用[解説]月額費用について 55.16万円
居室タイプ 二人部屋
広さ 49.20m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 24,800,000
入居金 [解説]入居金について 24,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 551,643
家賃 111,400円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 197,483円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 165,000円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 77,760円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランb方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 2,814.2万円 月額費用[解説]月額費用について 32.9万円
居室タイプ 個室
広さ 49.20m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 28,142,000
入居金 [解説]入居金について 28,142,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 328,990
家賃 55,700円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 151,910円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[二人部屋]入居金型プランb方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 2,814.2万円 月額費用[解説]月額費用について 49.59万円
居室タイプ 二人部屋
広さ 49.20m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 28,142,000
入居金 [解説]入居金について 28,142,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 495,943
家賃 55,700円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 197,483円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 165,000円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 77,760円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランc方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 3,148.4万円 月額費用[解説]月額費用について 27.33万円
居室タイプ 個室
広さ 49.20m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 31,484,000
入居金 [解説]入居金について 31,484,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 273,290
家賃 0円
管理費 [解説]管理費について 151,910円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[二人部屋]入居金型プランc方式B1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 3,148.4万円 月額費用[解説]月額費用について 44.02万円
居室タイプ 二人部屋
広さ 49.20m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 31,484,000
入居金 [解説]入居金について 31,484,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 440,243
家賃 0円
管理費 [解説]管理費について 197,483円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 165,000円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 77,760円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]月額支払型プランB1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 358.86万円 月額費用[解説]月額費用について 87.14万円
居室タイプ 個室
広さ 49.20m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 3,588,600
入居金 [解説]入居金について
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他 3,588,600円(非課税) 敷金
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について
初期償却 [解説]初期償却について
返還方式 [解説]返還方式について
備考 敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 871,390
家賃 598,100円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 151,910円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[二人部屋]月額支払型プランB1タイプ(49.2㎡~49.2㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 358.86万円 月額費用[解説]月額費用について 103.83万円
居室タイプ 二人部屋
広さ 49.20m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 3,588,600
入居金 [解説]入居金について
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他 3,588,600円(非課税) 敷金
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について
初期償却 [解説]初期償却について
返還方式 [解説]返還方式について
備考 敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 1,038,343
家賃 598,100円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 197,483円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 165,000円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 77,760円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プラン基本方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 3,080万円 月額費用[解説]月額費用について 43.24万円
居室タイプ 個室
広さ 61.10m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 30,800,000
入居金 [解説]入居金について 30,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 432,350
家賃 138,600円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 172,370円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[二人部屋]入居金型プラン基本方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 3,080万円 月額費用[解説]月額費用について 60.54万円
居室タイプ 二人部屋
広さ 61.10m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 30,800,000
入居金 [解説]入居金について 30,800,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 605,441
家賃 138,600円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 224,081円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 165,000円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 77,760円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランb方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 3,495.8万円 月額費用[解説]月額費用について 36.31万円
居室タイプ 個室
広さ 61.10m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 34,958,000
入居金 [解説]入居金について 34,958,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 363,050
家賃 69,300円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 172,370円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[二人部屋]入居金型プランb方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 3,495.8万円 月額費用[解説]月額費用について 53.61万円
居室タイプ 二人部屋
広さ 61.10m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 34,958,000
入居金 [解説]入居金について 34,958,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 536,141
家賃 69,300円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 224,081円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 165,000円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 77,760円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]入居金型プランc方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 3,911.6万円 月額費用[解説]月額費用について 29.38万円
居室タイプ 個室
広さ 61.10m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 39,116,000
入居金 [解説]入居金について 39,116,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 293,750
家賃 0円
管理費 [解説]管理費について 172,370円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[二人部屋]入居金型プランc方式B2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 3,911.6万円 月額費用[解説]月額費用について 46.68万円
居室タイプ 二人部屋
広さ 61.10m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 39,116,000
入居金 [解説]入居金について 39,116,000円(非課税) ※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について 5年 (60ヶ月)
初期償却 [解説]初期償却について 30%
返還方式 [解説]返還方式について
備考

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 466,841
家賃 0円
管理費 [解説]管理費について 224,081円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 165,000円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 77,760円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[個室]月額支払型プランB2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)1名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 445.92万円 月額費用[解説]月額費用について 103.7万円
居室タイプ 個室
広さ 61.10m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 4,459,200
入居金 [解説]入居金について
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他 4,459,200円(非課税) 敷金
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について
初期償却 [解説]初期償却について
返還方式 [解説]返還方式について
備考 敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 1,036,950
家賃 743,200円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 172,370円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 82,500円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 38,880円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

[二人部屋]月額支払型プランB2タイプ(61.1㎡~61.1㎡)2名利用の場合 ※2022/04/01 時点

入居時費用[解説]入居時費用について 445.92万円 月額費用[解説]月額費用について 121万円
居室タイプ 二人部屋
広さ 61.10m²
居室に関する備考

入居時費用

入居時費用 [解説]入居時費用について 4,459,200
入居金 [解説]入居金について
敷金
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(入居時)について
その他 4,459,200円(非課税) 敷金
返還制度 あり
償却期間 [解説]償却期間について
初期償却 [解説]初期償却について
返還方式 [解説]返還方式について
備考 敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

月額費用

月額費用 [解説]月額費用について 1,210,041
家賃 743,200円(非課税)
管理費 [解説]管理費について 224,081円(税込) ・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。
上乗せ介護費 [解説]上乗せ介護費(月額)について 165,000円(税込) <上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2.5名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、夜間帯(22時~翌6時)最少時の介護職員数は3名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。
生活支援サービス費
食費 [解説]食費について 77,760円(税込) 食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。
その他

※上記は金額の30日分の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

その他

別途費用に関する説明 【利用料の支払い方式】選択方式

●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。
・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額95,000円(税込104,500円)を加算した金額となります。

・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

介護保険サービスの自己負担額(月額)

要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
負担割合[解説]自己負担額について 1割 8,070 12,710 21,810 24,184 26,702 29,004 31,486
2割
3割

※上記は金額の目安になります。詳細は各施設にお問合せのうえ、必ずご確認ください。

入居条件

年齢 65歳以上
要介護度 自立、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5
認知症 受け入れ相談可
身元引受人[解説]身元引受人について
身元保証人[解説]身元保証人について

生活保護 -
お住まいの地域[解説]お住まいの地域について

全国から受け入れ可能

その他条件 ※入居受入れの可否については、ご入居者様、ご家族様、主治医等とご相談させていただきます。
ホームの状況やご本人様の心身の状態等によっては、入居のお受け入れや継続的なサービス提供ができない場合もございます。まずは、ご相談ください。

短期利用

ショートステイ[解説]ショートステイについて

体験入居

相談可 (本入居が前提となります)

6泊7日  77,000円
※ホームの状況やお身体の状態によってはお受けできない場合もあります。

無料

入居に関するお問い合わせ(携帯電話も可)0120-905-743

入居をお考えなら、ぜひ見学して雰囲気を確かめましょう

介護・医療体制(リハビリホームグランダ赤羽)

医療面の受け入れ

「○相談可」の項目は、ご入居される方のお身体の状態などの理由で、受け入れ可能かどうかが変わります。
まずはお電話などでご相談ください。 ( 老人ホームで受けられる医療行為について

  • インシュリン投与 相談可
  • ストーマ・人工肛門 相談可
  • たん吸引 相談可
  • ペースメーカー 相談可
  • 胃ろう ×不可
  • 気管切開 相談可
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 相談可
  • 在宅酸素 相談可
  • 中心静脈栄養(IVH) ×不可
  • 人工透析 相談可
  • 尿バルーン 相談可
  • 鼻腔経管 ×不可
  • 褥瘡(とこずれ) 相談可
  • 人工呼吸器 ×不可

感染症面の受け入れ

「○相談可」の項目は、ご入居される方のお身体の状態などの理由で、受け入れ可能かどうかが変わります。
まずはお電話などでご相談ください。 老人ホームの感染症の受け入れについて

  • HIV 相談可
  • MRSA(ブドウ球菌感染症) 相談可
  • 肝炎 相談可
  • 結核 相談可
  • 梅毒 相談可
  • 疥癬(かいせん) 相談可

サービスの特長・とりくみ

医療サービス 【看護職員体制】日中配置 看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。

ご入居にあたり医療的ケア(診療の補助)を必要とされる方には、ホームの看護職員が主治医と連携を取り、必要に応じて主治医の指示のもとで、医療的ケアをさせていただきます。 主治医はご入居者様ご自身にて選定いただいております。また、訪問診療が可能な協力医療機関をご紹介することも可能です。 受診の際は、ご入居者様と医療機関の診療契約が必要となり、医療費はご入居者様ご負担となります。

※上記に記載の医療面の受け入れ体制につきましては、「〇」の場合でも、ホームの状況やご本人様の心身の状態等によっては、入居のお受け入れや継続的なサービス提供ができない場合もございます。まずは、ご相談ください。
介護サービス 【夜間帯最少介護職員数】夜間帯(22時~翌6時)3名を配置(満床時)。※人数はシフト数を記載
【介護保険】東京都指定特定施設入居者生活介護、指定介護予防特定施設入居者生活介護
個別リハビリ

対応あり

お一人おひとりに合ったリハビリメニューをご提案いたします。

歯科・口腔ケア[解説]歯科・口腔ケアについて
看取り実績

介護保険外サービス

介護保険給付の範囲外となるサービスをご希望の場合、別途料金がかかる可能性があります。
詳細は各施設にお問い合わせの上、必ずご確認ください。

無料

入居に関するお問い合わせ(携帯電話も可)0120-905-743

入居をお考えなら、ぜひ見学して雰囲気を確かめましょう

職員体制 ※2022/01/28 時点

介護に関わる職員体制[解説]介護に関わる職員体制について 入居者2.5人:スタッフ1人以上
介護の手厚さ
3人:1人未満
3人:1人以上
2.5人:1人以上
2人:1人以上
1.5人:1人以上
職員数(常勤換算) [解説]職員数(常勤換算)について 看護職員: 2.0人 / 介護職員: - / 機能訓練指導員: 1.0人
看護職員の勤務形態 常勤: - / 非常勤: -
常勤の従業者が勤務すべき時間数(1週間)
夜勤時間帯
夜間の最少職員数 [解説]夜間の最少職員数について 看護職員: - / 介護職員: -

協力医療機関 ※2022/04/01 時点

医療機関名 医療法人社団 福寿会 赤羽岩渕病院
住所 東京都北区赤羽2-64-13
診療科目 内科、循環器内科、血液腫瘍内科、整形外科、皮膚科、リウマチ科、内分泌代謝科、消化器内科、消化器外科
協力内容 協力医療機関の医師は、ホームからの、ご入居者様の健康管理等に関する相談に応じます。

また緊急時には、ご入居者様が適切な治療、入院加療または健康管理が受けられるよう、可能な限り、ホームからの相談に応じると共に、他の近隣医療機関等の紹介に努めます。

ご入居者様が協力医療機関を受診する場合には、ご入居者様と医療機関の直接の診療契約が必要です。(医療費はご入居者様負担)
医療機関名 医療法人社団ときわ 赤羽在宅クリニック
住所 東京都北区赤羽2-69-6 ベティ・ロロマ 1階
診療科目 内科、緩和ケア内科、血液内科
協力内容 協力医療機関の医師は、ホームからの、ご入居者様の健康管理等に関する相談に応じます。

また緊急時には、ご入居者様が適切な治療、入院加療または健康管理が受けられるよう、可能な限り、ホームからの相談に応じると共に、他の近隣医療機関等の紹介に努めます。

ご入居者様が協力医療機関を受診する場合には、ご入居者様と医療機関の直接の診療契約が必要です。(医療費はご入居者様負担)
無料

入居に関するお問い合わせ(携帯電話も可)0120-905-743

入居をお考えなら、ぜひ見学して雰囲気を確かめましょう

生活(リハビリホームグランダ赤羽)

食事

  • 食事一例(和食/洋食)

    食事一例(和食/洋食)

    料理はホーム内の厨房で調理し提供いたします。塩分・カロリー制限やきざみ食などもご相談いただけます。

    ※画像は参考例です

無料

入居に関するお問い合わせ(携帯電話も可)0120-905-743

入居をお考えなら、ぜひ見学して雰囲気を確かめましょう

交通アクセス(リハビリホームグランダ赤羽)

住所
〒115-0044 東京都 北区 赤羽南 2-4-9
最寄り駅
その他交通 「赤羽南二丁目」停留所下車、徒歩2分(約110m)・JR「赤羽駅」東口の国際興業バス乗り場からご利用いただけます。
来訪者用駐車場
無料

入居に関するお問い合わせ(携帯電話も可)0120-905-743

入居をお考えなら、ぜひ見学して雰囲気を確かめましょう

お知らせ・ブログ(リハビリホームグランダ赤羽)

イベント情報

キャンペーン情報ベネッセの暮らし体験「夏の体験ショートステイ」キャンペーン

【開催日】 2022/06/01(水) ~ 2022/08/31(水)

実際のホームの暮らしやサービスなどを体験いただけるキャンペーンをご用意いたしました。在宅介護や退院後のご生活が不安な方、老人ホームの暮らしを確かめたい方など、自立から要介護5の方までご利用可能です。

【当ホームご利用料金:5,500円(税込)】 
 ※お食事付き/1泊2日あたりの料金(1名様利用)

●2泊3日~6泊7日までご利用可能
●自立、要介護度にかかわらず料金一律 
●介護保険上の手続きは不要(介護保険の給付対象外サービスのため全額自己負担)

※注意事項:
・2022年6月1日~8月31日ご利用開始までの期間限定です。
・お身体の状態やご希望の期間、空室状況によってお受けできない場合もございます。
・ご利用料金には食材費、管理費、介護サービス費等(ただし、個別の要望に基づく外出同行等を除く)が含まれます。個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入等は含まれません。
・利用開始日の3日前までにご利用取消もしくは期間短縮の申し入れがない場合、また利用開始後に期間短縮をされる場合は、所定のキャンセル料が発生します。

詳しくは本ページのフリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせください。

無料

入居に関するお問い合わせ(携帯電話も可)0120-905-743

入居をお考えなら、ぜひ見学して雰囲気を確かめましょう

施設概要(リハビリホームグランダ赤羽)

施設概要

施設名称 リハビリホームグランダ赤羽 (りはびりほーむぐらんだあかばね)
施設種別[解説]施設種別について 介護付き有料老人ホーム(特定施設)
介護保険事業所番号
土地面積 3,171.59 m²
延床面積 2,713.43 m²
建築年月日 2022年06月01日
建物階数

地上13階建て

(1階の一部及び2~5階を使用)1棟

建物構造 RC(鉄筋コンクリート)造
居住契約の権利形態[解説]居住契約の権利形態について 利用権方式
土地の権利形態 非所有
建物の権利形態 非所有
開設年月日 2022年06月01日
定員 63人
居室総数 60室
居室設備 クローゼット、テレビ配線、ナースコール、温水洗浄機能付トイレ、介護用電動ベッド、洗面、電話配線、冷暖房設備 ※すべての居室にない設備もございます。
備考
共用設備 ウッドデッキテラス、ダイニングルーム、ティールーム、ビューティサロン(各種の外部サービス〔利用者実費負担〕を受けるための部屋)、ファミリールーム、機能訓練室、健康管理室兼事務室、浴室
備考
無料

0120-905-743 携帯電話・PHSも利用可能

ベネッセスタイルケアお客様相談窓口につながります。

受付時間 9:00~18:00(年中無休)
※「LIFULL介護をみて電話をした」と必ずお伝えください。
情報更新日:2022/06/29

株式会社ベネッセスタイルケアの東京都内のその他施設

この施設のよくある質問

【施設パンフレット】施設の資料をもらうにはどうすればよいですか?

リハビリホームグランダ赤羽の資料は、お問い合わせフォームより無料でお取り寄せすることができます。

LIFULL介護では、複数施設の資料をまとめてお取り寄せすることも可能です。
同じ地域でお探しの場合は、北区の施設一覧から、ご希望の施設を選択して、まとめて資料請求いただけます。

また、気になる施設や、後で見たい施設を「比較検討リスト」に登録しておくと、エリアや費用をはじめ、入居条件・施設の特長・医療体制・空室状況などの項目で比較して、ご希望の施設だけを一度に資料請求することができます。

【近くにある他の施設】近隣にある他の高齢者向け施設も探せますか?

リハビリホームグランダ赤羽の近くには、下記の施設がございます。

近隣の施設

LIFULL介護では、その他にも北区の施設60件掲載しています。(2022/06/29時点)
料金や施設の特長など、詳細な条件を指定して検索することができます。ぜひお試しください。

【コロナ禍の見学状況】現在、この施設を見学することはできますか?

リハビリホームグランダ赤羽の見学受付状況(2022/06/29時点)

  • 現地での見学 :条件付きで可能です
  • オンライン見学:相談可能です

<お問い合わせ先>
お電話:0120-905-743(無料)
ベネッセスタイルケアお客様相談窓口につながります。 受付時間 9:00~18:00(年中無休) ※「LIFULL介護をみて電話をした」と必ずお伝えください。

施設の詳細、見学の注意事項については、リハビリホームグランダ赤羽の詳細情報をご確認ください。
現地見学日時のご相談・お申込みは、上記のお問い合わせ先までご連絡ください。
※一部施設は、詳細情報の見学申込フォームからもお申込みいただけます。

【認知症のケア】認知症でもこの施設に入居することができますか?

リハビリホームグランダ赤羽では、認知症の方の入居相談も可能です。
ただし症状によりご対応が難しい場合もございますので、詳しくは、お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先、その他の医療・介護体制は、リハビリホームグランダ赤羽の詳細情報からご確認いただけます。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

情報セキュリティマネジメントシステム 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。

比較検討リストに追加しました

閉じる