童心にかえって楽しめる、老人ホームの「夏祭り」

老人ホームで楽しみにしている方も多い夏の一大イベント、夏祭り。

屋台や盆踊りをはじめ、家族や地域の方々の参加もあり、本格的で規模が大きい人気のイベントです。

昔懐かしい雰囲気に浸りながら童心にかえって楽しんでもらいたいという工夫がいたるところに感じられます。

夏になると、どこの地域でも開催される「夏祭り」。もちろん老人ホームでも楽しみにしている人が多いイベントです。老人ホームでは、施設内の園庭やホールで開催することが多いようです。

夏祭りは、盆踊りや屋台、花火などを楽しめる催しがたくさん揃っている夏の一大イベント。入居者からも特に人気があります。

昔懐かしい雰囲気に浸りながら、家族、入居者同士、スタッフとのコミュニケーションを深めることができるのもうれしいですね。

屋台・出店も老人ホームならではの雰囲気づくり

老人ホームでの夏祭りは、スタッフはもちろん近隣の人々が参加や協力をし、入居者により楽しんでもらえるよう盛り上げます。

なかでも屋台や出店はさまざまな工夫やアイデアでアレンジされています。

例えば、屋台メニューの定番でもある焼きそばやじゃがバターなどは、具材を細かく刻んだり、柔らかくしたものを用意しています。

また、ミルクせんべいやあんみつなど、入居者が食べやすいメニューを増やす老人ホームもあります。

また、毎年スタッフがアイデアを絞り出して、ヨーヨー釣りや輪投げ、ボウリングなど介護度に関係なく誰でも気軽に楽しめるものを出店しています。

地域との接点も楽しみのひとつ

夏祭りには盆踊りに近隣の幼稚園や小学校の子どもが参加したり、地域ボランティアの方々が出店や屋台の手伝いをしたりすることもあります。

普段接することのない多くの方とコミュニケーションを取ることは、入居者にとってよい刺激になります。

また、家族で参加できるところも多く、屋台やゲームを親子で楽しめるなど、貴重なひとときを過ごせます。

「童心にかえって楽しんでもらいたい」という願い

夏祭りは入居者の体力や好みを考慮して、催しの内容を企画します。

どの老人ホームにも共通していえることは「入居者たちが童心にかえり楽しめるようなものを作り上げたい」という思いではないでしょうか?

懐かしい食べ物や、懐かしい遊び、みんなで囲む盆踊り…。思わず昔話に花が咲きそうですね。

懐かしい思い出とともに、楽しいひとときを

昔懐かしい思い出を振り返るきっかけにもなる「夏祭り」。だからこそ老人ホームでは入居者の方に楽しんでもらえるよう、さまざまな工夫を凝らしているようです。

暑さがつらい季節ですが、それを忘れるくらい夢中になれるのが夏祭りの魅力です。

屋台や出店のほかにもスタッフによる歌やダンス、そして、夏祭りの最後を飾るメインイベントの盆踊りで思い出に残る夏のひとときを過ごすことができます。

【PR】憩いとやすらぎの老人ホーム、介護事業40年の創生会グループ

合わせて読みたい関連記事

この記事と関連するQ&A

すべてのQ&Aを見る

老人ホーム・介護施設を探す

希望エリアをクリックしてみてね!

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

情報セキュリティマネジメントシステム 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。