質問

父は身体が弱くちょっとしたことでも入退院を繰り返すので、いつ長期の入院を必要となるか分かりません。入院するかもしれないけど老人ホームに入居できますか。
また、老人ホーム入居後に入院した場合は、ホーム側から退去をせまられるのでしょうか。教えてください。

回答
中村 真佐子

老人ホーム入居中に入院することになっても、すぐ退去を迫られることはありません。
ただし、入院中で老人ホームで生活していなくても「家賃」や「管理費」等の支払いは発生します。
入院療養費と老人ホームの費用を二重に負担することになりますので、長期間の入院が見込まれる場合は、施設側と相談し今後を判断することとなります。
また、入居前の心身の状態によっては、老人ホームに入居できないケースもあります。医療処置が常に必要であるといった場合などのケースです。
すべての老人ホームで医療処置ができないわけではなく、24時間看護師が常駐しており、可能な医療処置をうたっている老人ホームも一部あります。
ここでは老人ホーム入居後に入院が生じた場合に想定される生活について解説していきます。 中村 真佐子(マイアドバイザー®登録FP)

【目次】
  1. 1.入院してもすぐに退去を迫られることはない
  2. 2.入院中でも老人ホームの費用は発生する
  3. まとめ

1.入院してもすぐに退去を迫られることはない

1-1.体調に問題なければまた老人ホームに戻ることは可能 

入院して居室が空いている状況であっても、老人ホーム側からすぐに退去の話はありません。
入居者の病状や入院の期間によって、いったん退去(契約解除)するのか、そのまま契約を続けるのか判断をすることになります。

病院では、急性期の治療が終われば、退院を促します。特別な治療は必要ないものの、引き続き療養が必要なケースであれば、住み慣れたホームに戻ることが本人にとってもよいと思われます。ただ、退院後も引き続き必要な医療処置の有無によっては老人ホームに戻れないということもあります。

1-2.長期間に渡る入院の場合は契約解除もある

入院期間が2~3ヶ月以上と長引いた場合、老人ホーム側から入居者の家族へ相談する二つのケースがあります。
一つ目は入院療養費と老人ホームの費用を二重に負担しなければならならず、老人ホームの費用が経済的な状況から支払えないことが予想される場合。
二つ目は、病状によっては老人ホームでの生活が困難である、という場合です。その場合は、退去手続きを取ることになります。


このように、一方的に老人ホーム側から退去を迫ることはありませんので、本人にとってより良い判断ができように本人及び家族、老人ホームとでよく話し合うとよいでしょう。

2.入院中でも老人ホームの費用は発生する

入院している最中も、契約を解除しない限り月額費用は発生します。
負担するものは、一般的に「家賃」と「管理費」
になります。介護保険自己負担分(原則一割負担)や食事代の負担はありません。光熱費やその他日常生活費等の費用の扱いは老人ホームによって異なりますので、入居時に確認をしましょう。
「老人ホームの月額費用」と「病院での入院費用」の2重の費用負担の支払いが困難場合は、早めに老人ホーム側に相談をしましょう。

2-1.長期入院を必要とする場合とは。高齢者に多い病気 

長期入院するケースとして、脳梗塞や脳卒中などの脳血管疾患などは、ガンや心臓病と比べて入院期間が長くなります。さらに脳血管疾患は、麻痺が残るケースが多く、日常生活に戻るまでにリハビリを行う必要があり、急性期の治療が終わった後、リハビリ専門の病院に転院するケースがあります。介護状態となる要因の第1位は脳血管疾患で、早い段階で「要介護4 や 5」となってしまうのもこの病気が最も多いと言われています。

病気のほかに高齢者が入院する要因として、骨折があります。特に女性は更年期を過ぎると骨が弱くなる傾向があり、転倒や骨粗しょう症等による骨折のため入院するケースも少なくありません。
骨折する箇所としては、大腿部(脚の付け根)や腰の骨折が多く 、これらの部位は立つ姿勢を保つのにも、立ち上がる動作にも必要な個所でそれをきっかけに歩けなくなり介護状態になるということがあります。このように、高齢期の入院の原因は様々です。入院中の治療の状況は、老人ホーム側とも情報を共有しましょう。

また、特別養護老人ホームなどの介護保険施設では、長期入院する場合注意が必要です。3か月を超えて入院することが予想される場合は、退去手続きをすることになります。ただ、その後退院して特養等に再度入りたいという場合は、優先的に入居できるように配慮してくれるところもありますので、退去手続きの際に確認をしましょう。

2-2.繰り返される短期入院

心疾患やがん、糖尿病や腎臓に関する慢性的な病気などは、入退院を繰り返すことがあります。
一回の入院は短期間であっても繰り返し入院することがありますが、全体的に入院日数は短期化傾向にあります。入院したからと言って、すぐに老人ホームの契約解除する必要はありません。
退院後に住み慣れたホームに戻るのが本人にとっても一番適切
といえます。

また、老人ホームによっては、退院後ホームでの生活に慣れるため、居室にすぐ戻るのではなく「一時介護室」に入ることがあります。一時介護室は、ヘルパーステーションのすぐ近くに配置されており、投薬のペースに慣れるためや、体調の変化に早く気が付けるようにするための部屋です。一次介護室での生活に慣れてきたら、自分の居室に戻ります。

まとめ

老人ホーム入居中は、幾度となく入院する可能性があります。
新たな病気が発生したり、転んでけがをしたり、インフルエンザやノロウイルスなどの季節的な感染症が重症化して入院することもあります。
入院の短期化傾向はこれからも変わらないでしょう。退院後はまた元の生活に戻れるようにホームでの受け入れ態勢は整っています。ただ、入院が長期化することになることが予想される際は、費用面も含めてホーム側と密に相談することをお勧めします。

このQ&Aに回答した人

中村 真佐子
中村 真佐子(マイアドバイザー®登録FP)

ファイナンシャルプランナーとして、住宅ローン・教育資金など、若い世代の普通の家庭におこりうるお金周りの相談は、生活者目線を大切にしています。
社会福祉協議会で生活支援員としての活動もしており、高齢者や障害者の介護、住み替え、成年後見制度分野の相談も得意としています。