介護老人保健施設(老健)とは?

介護老人保健施設とは、比較的少ない費用負担で医療管理下での看護や介護、回復期のリハビリが受けられ、医療法人や社会福祉法人などが運営する、公的な施設です。老健とも呼ばれます。

介護老人保健施設のメリット・デメリット

介護老人保健施設は、主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護状態の高齢者(65歳以上)を受け入れています。

食事や排泄の介助などの介護サービスは提供されるものの、あくまでも在宅復帰を目的としたもので、提供されるのは自宅などに戻るためのリハビリが中心です。そのため、特別養護老人ホームのように終身制ではなく、入所期間である3ヶ月ごとに退所あるいは入所継続の判定が行われ、検討会議で退所可能であると判断された場合には、退所しなくてはなりません。

  • メリット
    • 医療処置が充実
    • 機能訓練が充実している
    • 利用料が安い
    • 入居一時金が必要ない
  • デメリット
    • 長期入所は難しい
    • 多床室がほとんど
    • レクリエーションなどは少ない

介護老人保健施設の費用

介護老人保健施設の入所には、初期費用の必要ありませんが、月額利用料が必要です。

居室の設備、世帯収入や課税状況によって差があるものの、月額利用料は8万~13万円程度と特別養護老人ホームよりもやや高めに設定されています。

※下記は目安となります

  • 初期費用 必要なし
  • 月額費用 8万~13万円

介護老人保健施設への入所基準

介護老人保健施設の入所対象者は、原則、要介護度1以上の65歳以上の高齢者という基本条件のほか、「病状が安定している」「入院治療の必要がない」などです。ただし、施設によって受け入れ態勢に差があるので、詳細は問い合わせる必要があります。

なお、40~64歳でも、「特定疾病に認定された」場合には、入所基準を満たしているとみなされます。

年齢 介護レベル 認知症 共同生活 収入・資産
65歳以上 要介護1~5 対応 必須でない 少ないと優先

介護老人保健施設で提供されるサービス

介護老人保健施設で提供されるサービスは、介護職員などによる入浴・食事・排泄などの身体介護、医師や看護師による医療処置、理学療法士、作業療法士などによる回復期のリハビリテーションなどです。

掃除や洗濯、買い物やレクリエーションといった生活援助系サービスはあまり提供されておらず、身体の回復を図るためのサービス中心となっています。

生活の援助 身体の介護 身体の機能回復 医療処置

介護老人保健施設の設備

介護老人保健施設は、居室・浴室・トイレなどの共同設備、食堂と共同リビングを兼用する共同生活室、そして機能訓練室や診療室などの設備で構成され、居室内にはトイレやキッチンはありません。また介護老人保健施設は、居室の仕様によって、個室がない「多床室」、ユニット(=10人程度の生活単位)が設定されていない「従来型個室」、そしてユニットごとに共同生活室が用意される「ユニット型個室」などに分類され、それぞれ居住費やサービス費の料金も異なります。

入所期間の短い介護老人保健施設では、多床室から個室、従来型からユニット型への切り替えは養護老人ホームに比べるとゆっくりで、約6割が多床室で、ユニット型は1割弱に過ぎません。

居室 食堂・リビング 浴室 機能訓練室
多床室がほとんど あり 機械浴室 あり
健康管理・相談室 洗濯室 居室内トイレ・キッチン 理美容室
あり あり なし なし

介護老人保健施設の入所手続

介護老人保健施設への入所は、各施設の窓口などに直接申し込みます。申し込みに必要な書類は、施設利用申込書、健康診断書、健康保険証、身体障害者手帳などで、医療機関からの転院の場合には、医師の紹介状や看護サマリーなども提出します。

申し込みを受けた施設は、入居者および家族を面接し、必要なリハビリや介護を確認し、施設スタッフや医師、行政担当者などで構成される委員会が、「要介護度」「介護の必要性」「介護者の状況」「待機期間」「資産や収入額」などから総合的に判断して、入所を決定します。

介護老人保健施設の入所難易度

介護老人保健施設は、平均在所日数が1年弱と短いため、入居率は高いものの、入所基準を満たしていれば、一般に3か月~半年程度で入所可能なケースが多いようです。

ただし、都市部では満室の施設が多いため、詳細を問い合わせると同時に、複数の施設に申し込んだ方がよいでしょう。

【東京スター銀行】自宅を担保に資金調達できます。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国32,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。

お気に入りに追加しました

お気に入りから削除しました