サービス付き高齢者向け住宅を選んだ・選ぶ理由は?

介護施設探しの口コミ・リアルな声! ~介護者に聞きました~

ひとりで生活することが困難になった高齢者を受け入れているのは、特別養護老人ホームなどの介護付き老人施設です。しかし、入居希望者が年々増えているため、なかなか空きがありません。
そこで、新しい受け皿として国が整備しているのが、「サービス付き高齢者向け住宅」。利用者の声からわかった、その利点と実情です。 サービス付き高齢者向け住宅を探す

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、1人で暮らせなくなった高齢者のための、介護付き老人施設に変わる住宅施設です。現在、国では「サービス付き高齢者向け住宅」整備を急ピッチで進め、2020年までに60万戸作る予定になっています。

この住宅施設は、介護が必要な人でも1人で入居できます。食事の世話をしてもらったり、日常生活全般の手助けをしてもらったりできるので、一人暮らしが難しくなり、介護を必要とする高齢者支援の場として、いま注目を集めています。

サービス付き高齢者住宅を選択した理由

「サービス付き高齢者住宅」に入居している方のご家族に、なぜこの施設を選んだのかを尋ねてみました。その声をお聞きください。

  • 「施設というより、家に近いイメージがあるため」(42歳)
  • 「賃貸なので高額の入居料が要らない。マンションと同じ様に暮らせる。ヘルパーが常駐しているので安心」(58歳)
  • 「自分で生活する能力はあるので、自尊心が傷つかずに家族が安心できる方法を選んだ」(50歳)

自宅の延長線上で考えた結果、サービス付き高齢者住宅を選択した方の声です。

  • 「じっくり考えて選ぶ時間が無かったので、すぐに受け入れてもらえる所にしました。スタッフの対応が良かったのと、施設の新しさ清潔さで決めました。まだ全てに介護が必要ではないので、自分でできる事は自分でやれば費用は抑えられるという話でしたので決めました」(50歳)
  • 「すぐに入れるところで、条件的にぴったりだったので、他のところは探さなかった」(55歳)
  • 「他の施設は、入居待ちでいつ入れるか全くわからなかったので」(62歳)

すぐに入居できる場所がこの施設だったという意見です。特養やケアハウスなどでは、入居までに時間がかかるため、代替でサービス付き高齢者住宅を選択する人は多いようです。

  • 「サービス付き高齢者住宅という名前になっているが、実際は完全看護で老人ホームと同じサービスが受けられると知ったから」(48歳)
  • 「個室である。介助してくれる人がいる」(57歳)
  • 「すぐに入所できて介護もしっかりしている」(53歳)

「住宅」とはなっているが、実際はしっかりとした介護が受けられる施設であることが、選択の決め手となった方の声です。他の施設に比べ、入居がしやすいのもポイントです。

  • 「費用とサービスとのバランス」(40歳)
  • 「利用料金が案外安かったから」(51歳)
  • 「費用が、意外に安かったし、自宅から近かったから。新しかったので、設備もよく、きれいだった」(47歳)

入居にかかる費用、毎月の利用料など、有料老人ホームや施設、グループホームに比較すると、安く入居でき介護サービスを受けられます。そのような費用面での優位性が選択のポイントとなった人が多くいました。

これからの課題

サービス付き高齢者住宅は、特別養護老人ホームに代わる新しい受け皿として考えられています。しかし、現在はまだ普及途上です。当然、デメリットもあります。

  • 入居費用と月額使用料が特養に比べて高額
  • 認知症、糖尿病などの持病がある場合、受け入れてもらえないことがある

このような課題の解決が、サービス付き高齢者住宅の今後の普及にかかってきます。とはいえ、民間でも同様の施設が増えている現在、高齢者の新しい介護施設として注目であることに、間違いはありません。高齢化社会を迎えた日本で、サービス付き高齢者住宅の役割は、さらに増していくことでしょう。

HOME'S

アンケートからみるサービス付き高齢者向け住宅を選んだ理由。介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国32,000件以上掲載するHOME'S介護(ホームズ介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。

お気に入りに追加しました

お気に入りから削除しました