サービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き) とは?

サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリー対応の賃貸住宅で、主に自立(介護認定なし)あるいは軽度の要介護状態の高齢者を受け入れています。生活相談員が常駐し、入居者の安否確認や様々な生活支援サービスを受けることができます。

サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット

サービス付き高齢者向け住宅は、主に民間事業者などによって運営され、都道府県単位で認可・登録された賃貸住宅です。サ高住・サ付きとも呼ばれています。

サービス付き高齢者向け住宅の特長は、一般的な賃貸住宅よりも高齢者が住みやすく、借りやすいことです。また利用権方式ではなく賃貸借方式で契約する施設が多いので、多額の入居金を必要とせず、「入居者の居住の権利」が確保しやすいという点も挙げられます。また、入居時に支払う敷金は、一般的な賃貸住宅と同様に、原状回復等に必要な額を差し引いて退去時に返還されます。

入居者にとっては、他の介護施設と比較して選択肢が豊富なサービス付き高齢者向け住宅を選ぶことで、住み慣れた地域に住み続けやすくなるというメリットもあります。

  • メリット
    • 高齢者が契約しやすい賃貸住宅である
    • 高齢者が生活しやすい設備が整っている
    • 新規参入が多く、選択肢が豊富
    • 介護認定のない自立した高齢者も入居できる
    • 自宅同様、自由な生活を継続できるところが多い
  • デメリット
    • 一般的な賃貸住宅に比べ家賃が高い
    • 連帯保証人を求められる
    • 重度の介護状態では、基本的に住み続けられない
    • 介護は訪問介護サービスを利用する
    • 施設によって提供されるサービスに差がある

サービス付き高齢者向け住宅の費用

サービス付き高齢者向け住宅の入居には、多くの場合、初期費用(敷金)と月額費用が必要になります。施設の場所や居室面積によって、初期費用は0~数百万円、月額利用料は10~30万円程度とかなり差があります。なお費用は、大都市圏の方が高めに設定されています。

※下記は目安となります

  • 初期費用 0~数百万円
  • 月額費用 10万~30万円

サービス付き高齢者向け住宅への入所基準

サービス付き高齢者向け住宅の入居では、60歳以上の高齢者または要介護者・要支援者が基本条件となっています。そのほかの条件は、「身の回りの管理ができる」「感染症にかかっていない」「認知症患者ではない」など、施設によって様々で、詳細は施設に問い合わせる必要があります。

年齢 介護レベル 認知症 共同生活 収入・資産
60歳以上 自立~軽度の要介護 基本、対応しない 必須でない 特に影響なし

サービス付き高齢者向け住宅で提供されるサービス

サービス付き高齢者向け住宅で提供されるサービスは、「安否確認」と「生活相談」です。

ただし、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている一部の施設では介護職員による食事・掃除・洗濯のサポート、介護職員や看護師による入浴・食事・排泄などの介護、機能訓練指導員によるリハビリテーションなど、介護付有料老人ホームとほぼ同様のサービスを行っています。

生活の援助 身体の介護 身体の機能回復 医療処置

サービス付き高齢者向け住宅の設備

サービス付き高齢者向け住宅には、基本的な設備である居室のほか、施設によっては食堂と共同リビングを兼用する共同生活室などの設備が備えられています。

居室には台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室などが設置され、1戸当たりの床面積は原則、25平方メートル以上ですが、十分な面積の共同生活室がある場合には、18平方メートル以上とされています。また、施設全体が床の段差がない、廊下幅が78センチ以上あるなど、バリアフリー構造が義務化されています。

なおサービス付き高齢者向け住宅には、居宅介護支援事業所が併設されているケースも多く見られます。

居室 食堂・リビング 浴室 機能訓練室
個室 多くの施設である 基本、一般浴室 なし
健康管理・相談室 洗濯室 居室内トイレ・キッチン 理美容室
一部あり 一部あり あり なし

サービス付き高齢者向け住宅の入所手続

サービス付き高齢者向け住宅への入居の申し込みは、各施設に行います。

入居申込書・本人確認書類・連帯保証人の本人確認書類・収入・資産などの証明書類の提出、訪問あるいは来訪による面談による健康状態や懸案点などの確認を経て、施設スタッフなどが、「自立度」「介護の必要性」「資産や収入額」などから、総合的に判断して、入居を審査します。

基本的に、一般的な不動産契約同様、連帯保証人が求められます。

サービス付き高齢者向け住宅の入所難易度

サービス付き高齢者向け住宅は現在非常に増えていることもあり、地域にもよりますが、空き物件は比較的簡単に見つけられます。ただし、低価格帯の物件は人気があるので、条件が合う物件を見つけた際には早めに申し込んだほうがよいでしょう。

なおサービス付き高齢者向け住宅は、高齢者向けの住宅を増やし、高齢者が借りやすくすることを目的とする「高齢者住まい法」に基づいて作られた制度です。2011年10月のサービス付き高齢者向け住宅の制度開始により、制度が複雑で基準が明確でないなど問題点の多かった「高齢者円滑入居賃貸住宅」「高齢者専用賃貸住宅」「高齢者向け優良賃貸住宅」はすべて、サービス付き高齢者向け住宅に一本化されました。

HOME'S

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き) の説明。介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国32,000件以上掲載するHOME'S介護(ホームズ介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。