介護療養型医療施設(療養病床)とは?

介護療養型医療施設とは、比較的重度の要介護者に対し、充実した医療処置とリハビリを提供する施設です。主に医療法人が運営する施設で、多床室もあることから比較的少ない費用負担で利用できます。療養病床とも呼ばれます。

介護療養型医療施設のメリット・デメリット

介護療養型医療施設は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設と同じく、要介護者を受け入れています。

施設では食事や排泄の介助などの介護サービスは提供されるものの、介護療養型医療施設はあくまでも医療機関であり、提供されるのは本来、急性疾患からの回復期にある寝たきり患者に対する医学的管理下のケアが中心です。そのため、特別養護老人ホームのように終身制ではなく、状態が改善してきた場合には、退所を求められることもあります。

  • メリット
    • 医療ケアが充実している
    • 機能訓練が充実している
    • 利用料が比較的安い
    • 入居一時金が必要ない
  • デメリット
    • 入居難易度が高い
    • 多床室がほとんど
    • レクリエーションなどは少ない

介護療養型医療施設の費用

介護療養型医療施設の費用は、初期費用の必要はなく、月額利用料が必要になります。月額利用料は、居室の設備、世帯収入や課税状況によって差があるものの、おおよそ9万~17万円程度と介護老人保健施設よりも高めに設定されています。

※下記は目安となります

  • 初期費用 必要なし
  • 月額費用 9万~17万円

介護療養型医療施設への入所基準

介護療養型医療施設の入所対象者は、医学的管理が必要な要介護1以上の高齢者(65歳以上)という基本条件のほか、「長期入院を必要としない」「伝染病などの疾患がない」など地域や施設によって様々で、詳細は施設に問い合わせる必要があります。ただし、60~65歳でも、「初期痴呆状態にある」などの場合には、認められます。

年齢 介護レベル 認知症 共同生活 収入・資産
65歳以上 要介護1~5 対応 かなり必要 少ないと優先

介護療養型医療施設で提供されるサービス

介護療養型医療施設で提供されるサービスは、医師による診療、医師や看護職員による療養上の医療ケアや看護、機能訓練指導員や生活相談員による回復期リハビリテーション、介護職員による介護などです。

痰の吸引、胃ろう、経鼻栄養、酸素吸入といった医学的管理下でのケアは充実している一方で、掃除や洗濯、買い物やレクリエーションといった生活援助系サービスはあまり提供されていません。

生活の援助 身体の介護 身体の機能回復 医療処置

介護療養型医療施設の設備

介護療養型医療施設は、居室、浴室・トイレなどの共同設備、機能訓練室や診療室、食堂と共同リビングを兼用する共同生活室などで構成され、病院に併設されていることも珍しくありません。

入居者100人につき医師3人が常勤といった、医療機関としての色が強い介護療養型医療施設は、サービス提供の対象者により、重度の要介護者向けの「介護療養病床」、重度の認知症患者向けの「老人性認知症疾患療養病床」にわけられます。

居室は従来型の多床室が多く、居室の約5割が4人部屋となっています。

居室 食堂・リビング 浴室 機能訓練室
多床室がほとんど あり 機械浴室 あり
健康管理・相談室 洗濯室 居室内トイレ・キッチン 理美容室
あり あり なし なし

介護療養型医療施設の入所手続

介護療養型医療施設の入所申し込みは、施設に行います。担当のケアマネジャーに入居を希望する施設への申込書を書いてもらい、窓口に提出します(複数の施設への申し込みも可能です)。

それを施設スタッフや医師、行政担当者などで構成される委員会が、「要介護度」「介護の必要性」「介護者の状況」「待機期間」「資産や収入額」などから、総合的に判断して、入所が決定されます。

介護療養型医療施設の入所難易度

2012年から新設が認められなくなり、施設数が減少している介護療養型医療施設は、定員の9割以上が埋まっており、入所まで通常、数か月程度の期間を要するといわれています。入居を希望する場合には、待機人数や待機期間などを各施設に確認し、可能であれば複数施設に申込を行った方がよいでしょう。

なお厚生労働省は、介護老人保健施設に転換させるなどにより、2011年までに介護療養型医療施設を廃止する方針を打ち出しておりましたが、入居者の受け入れ先が見つからないなどの問題のため、現在は廃止期限を2020年まで延長しています。

【東京スター銀行】自宅を担保に資金調達できます。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国32,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。

お気に入りに追加しました

お気に入りから削除しました