大切なのは気持ちより技術? 「動かされて」わかったことー介護されるってどんな気持ちだろう

介護されるってどんな気持ちだろう?―介護ベッドの上で

寝かせてもらう、起こしてもらう、座らせてもらう、着させてもらう……。頭の中に浮かぶ「介護される人」の日常は、“もらう”ことの連続だ。そして「介護する人」は、“あげる”ことに一日の大半を費やしているように思える。

いかにも大変そうな「介護のある暮らし」。しかし、ちょっとしたコツを知り、互いの気持ちを理解することで、その大変さを軽減できる場合もあるという。「介護される人」の身になって、介護技術の実際を体験してみた。

見た目と体感は大違い。電動ベッドの意外な「寝心地」

介護という言葉から多くの人が最初に連想するのは、ベッドからの起き上がりや衣類の着替えなど、体に直接触れて行う介助を指す「身体介護」だろう。そして、介護に対する不安においても、身体介護は心理的&物理的に、かなり大きなウェイトを占めるのではないだろうか。

今回「介護される人」体験をするために参加したのは、介護サービス大手・SOMPOケアの「家族のための介護技術」講座。起き上がりや座りなおしといった体位変換を中心に、介護に役立つ技術を学ぶことを目的とする講座だ。

今回はグループ企業である損保ジャパン日本興亜の社員を対象とした開催だったが、今後は講座を商品化するとのことだ。

「家族のための介護技術講座」がスタート

テーマは、する側とされる側の双方にとって負担が少ない介護。

介護の負担といえば、する側の立場で考えがちだが、確かにされる側にだって負担を感じる場面がいくつもあるはず。そこで講座では、する側とされる側の両方を体験し、互いの気持ちを理解することにより「介護のある暮らし」の質向上に役立つ知見を得てもらうのだという。

たとえば、食事をしたりテレビを見たりする際に、自力に頼らず上半身を起こしてくれるしくみになっている電動ベッド。以前から「すごい快適そう!」と、ひそかに憧れていたのだが、実際に寝てみると、イメージとはずいぶん勝手が違う。

上半身を起こしてくれる電動ベッド

上の写真は、介護役の人が考える「適切な角度」まで背を上げてもらっているところだ。見た目には、いい塩梅に起き上がっているかのように見えるかもしれないが……。

手で表すと、体感する角度はこのくらい

寝ている側にとって、これはかなりの急角度。自分の姿勢が見えないため、感覚的には手で示しているくらいの角度かのような圧迫感があるのだ。

これぞまさに、体験してみないとわからない感覚。する側が良かれと思ってしていることが、必ずしもされる側にとって良いことではない。これぞ互いに楽しく支えあうために、まず肝に銘じておくべきことなんだなぁと、この体験だけで実感してしまった。

介護される側にとっても嬉しい。互いの負担を軽減する便利グッズたち

一方、あらためて介護する側(健康な人)の感覚を確認しておくことが、介護の役に立つ場合もある。寝返りや起き上がりといった動作を補助する「体位変換」の基本がそれだ。

たとえば、寝返り(から起き上がり)の動作補助。介護する側は、つい「抱きかかえて動かしてあげる」気持ちになってしまうが、それでは「補助」にならないばかりか、互いの負担も大きくなってしまうのだという。

そこで重要なのが「人間の自然な動作」を理解しておくこと。自分で寝返りの動作を実践してみれば、どこを、どれくらいの力で補助すればよいのかがわかり、互いの負担も軽くなるわけだ。

両ひざを立ち上げる動作
手を体の上にのせ、頭を起こして寝返る側に目線を向ける

寝返りの自然な動作は、上の写真のように「両ひざを立ち上げる」、「両手を体の上にのせ、頭を起こして寝返る側に目線を向ける」といった流れになる。そこで介護する側は、この動作を順番に補助してあげるようにすればOK、のはずなんだが……。

介助者が膝を立たせる
介助者が上体を横に倒そうとする

そう簡単にいかないのが、介護の難しいところ。

慣れないうちは、どうしても力業になってしまうし、そもそも一度くらい「自然な動作」を確認したところで、すぐに補助のコツがつかめるわけではない。実際、介護のプロでも、ある程度の経験を積まなければ自然な補助が難しいのだという。

そこで登場するのが、身体介護の便利グッズである。

スライディングシート

講師が持っている黄色い布のようなものは、「スライディングシート」と呼ばれる福祉用具だ。シルクのような触感の繊維が筒状になっており、これを体の下に敷くことで楽に体位変換の補助ができるという。実際に使ってみると、その効果は劇的!

スライディングシートを寝ている人の身体の下へ

大げさにいえば、まるで氷の上に乗っているかのように、少し押されるだけでスルスルと体が移動してしまうではありませんか。体の下にシートを差し込まれたり引き抜かれたりする際も、予想以上にスムーズでほとんど違和感がない。

スライディングシートの上の身体は軽い力で動く

介護される側として何よりよかったのは、自分が楽というだけでなく、介護してくれる側の人もシートなしに比べ、明らかに表情が柔らかくなっていること。「相手に負担をかけている」という気持ちが軽減されるのって、思っていた以上に安心というか、嬉しいものなのだ。

身体介護の負担を軽減する福祉用具は、スライディングシートのほかにもたくさんあるそうで、今回の講習ではベッドから車いすに等に移乗(移動)する際に使う「トランスファーボード(スライディングボード)」も体験させてもらった。

トランスファーボード(スライディングボード)

こちらは滑り台のような感覚で、スルっと車いすに座ることができてしまう。

トランスファーボードでスルッと車いすへ移乗
スライディングシートで正しく座る

スライディングシートを併用すれば、正しい位置への座り直しも、難なく補助してもらうことができた。

実際には「人間の自然な動作」を理解した上での適切な補助と組み合わせていくわけだが、こうした福祉用具があるとなしとでは、互いの負担が大きく違うのは確実。その存在を知っているかどうかも、楽しく介護をするうえで重要なポイントになるのだろう。

する側とされる側、双方の気持ちを理解することが幸福な介護の第一歩

寝返りや車いすへの移乗のように力が必要な身体介護以外にも、コツを知らなければ大変な場面はいくつもある。講座の最後に体験した、衣服の着脱もそうだ。自由に体を動かせる人なら、上着をはおることなんて無意識にできてしまうわけだが、これが「着せてもらう」、「着せてあげる」となれば話は別。

衣服の着脱

介護される側として上手に着せてもらうように、なるべく協力しているつもりなのだが……。

技術なく衣服を着せた場合

どう頑張ってみても、斬新な着こなしになってしまう。もちろんこれでは、互いにストレスがたまるばかりだ。

しかし、袖を肘に通す場合には「洋服の裏生地を伸ばして肘を保護しながら通す」、肩まで着せたら「先にある程度のゆとりをつくってから着せていく」といった、ちょっとしたコツを教わるだけで、着心地は俄然変わってくる。

洋服の裏生地を伸ばして肘を保護しながら通す
先にある程度のゆとりをつくってから着せていく

一度、簡単に教わっただけで、ビフォーアフターはごらんのとおり。まるで、自分ひとりではおったかのようなフィット感である。

技術を知ってから衣服を着せた場合

このほかにも講座では、車いすでの移動や紙おむつの着脱などを体験したのだが、いずれの場合にも共通してわかったのは、してもらう側とする側双方に共通認識があることで、はじめてスムーズで快適な介護が実現するということだった。

たとえば介護の鉄則となる、これからどういった補助をするのかを伝える「声掛け」などは、まさに共通認識を得るために欠かせないもの。これだって、意味がわかっていなければ、ただ声を出しているだけになってしまうかもしれない。

また、介護される側も、する側の気持ちをある程度理解してあげることが、結果的に快適な暮らしにつながるはずだ。

本格的な体験をすることは難しいかもしれないが、簡単なシチュエーションなら、自宅でも十分にできそうな介護の疑似体験。近い将来やってくるかもしれない「介護のある暮らし」を、なるべく楽しいものにするためにも、一度は試してみてはいかがだろう。

森カズシゲ=撮影

石井敏郎
石井敏郎

1970年生まれ。編集者・ライター・愛犬家。

石井敏郎さんの記事をもっとみる

おすすめの関連記事

介護が不安な、あなたのたよりに

tayoriniをフォロー ⁄ いいね!して
最新情報を受け取る

“ほっと” な話題

最新情報を受け取る

介護が不安な、あなたのたよりに

tayorini
フォロー ⁄ いいね!する

週間ランキング

ページトップへ