白い砂浜のある稲毛海浜公園や東京大学薬用植物園など、豊かな自然と都心へのアクセスの良さを兼ね備えたロケーションにある「グッドタイムホーム・新検見川」。

今回は施設長の足立育美さんから施設についてのお話と、2018年11月から入居されている野口枝美子さんからここでの暮らしの魅力について伺いました。

[記事広告]


ご家族の信頼を高め、関わるスタッフと協力しながらご入居者さまの求める暮らしを実現させる


――足立さんが施設長として心がけていらっしゃることはありますか?

関係する人たちとのコミュニケーションを密に取ることですね。それが最終的にはご入居される方々の暮らしやすさにつながっていると思っています。



と言いますのも、私が介護業界に入る前の話ですが、実母が施設に入っていた時期がありました。そのときその施設に対して不信を感じることが間々あり、私は施設へ信頼を置けないことがどれだけ不安なことか身をもって体験していました。

今では介護施設を運営する立場ですので、施設長になってからこの2年間、ご入居者さまのご家族と私たちの間に信頼関係をつくることを第一に考えて来ました。そのためには施設とご入居者さまのご家族とのコミュニケーションが大切なことだと考えています。


――ご自身の体験から介護施設に求められることを感じられたのですね。

ほかにも施設長という立場上、働くスタッフ間の信頼関係づくりも重要だと考えています。

施設内には「訪問介護事業所」「居宅介護支援事業所」が併設されています。その両事業所のスタッフ、そして私たち施設のスタッフ。どちらのスタッフも自分たちの目線でご入居者さまのことを第一に考えた意見を出します。だからそのときに異なる意見が出るのは仕方ないことです。

そこでご入居者さまの性格、健康状態、現在の状況を把握した、施設にいる生活相談員が各スタッフ間をつなぎます。もし医療的な要望がある場合はその生活相談員が直接医師と連携を取ることもあります。

このようにご入居者さまに関わるスタッフ全員で協力して実現するサポートの「質」が「グッドタイムホーム・新検見川」の特色だと考えています。




「住宅型有料老人ホーム」で働く私たちにとって、「住宅」という言葉の存在は非常に大きい


――理想の施設像のようなものはありますか?


ご入居者さまにとって「平凡に暮らせる施設」と言えば良いのでしょうか。「住宅型有料老人ホーム」で働く私たちにとって、「住宅」という言葉の存在は非常に大きい。自由を感じながら普通に暮らす。それが実現できる空間づくりが私たちの目指す場所です。


実際、「グッドタイムホーム・新検見川」では、ご入居者さまに対して無理のない範囲で、できることは自分でやっていただき、ただし必要なサポートを行いながらご自身の身体機能の維持・向上を目指します。

またこのエリアでは定期巡回・随時対応型訪問介護の利用ができます。厳格に時間の制限に縛られず、比較的融通を利かせながら対応ができることは、「普通の生活」「自分らしい暮らし」に貢献できる要因だと思っています。





――最後に施設をこれからご検討中の方やご家族に伝えたいことはありますか?

もしも可能であるならば、是非ご家族と一緒にご入居者するご本人も見学に来ていただけると嬉しいですね。日常の生活風景を実際に見てもらうことで、自分にあった毎日の暮らしをイメージすることができます。またそこでご入居後のサポートの方向性を私たちが感じることもできます。見学には私も原則、毎回立ち会いますよ。

――どうもありがとうございました。それでは次にご入居されている野口枝美子さんからこちらでの生活の様子を伺いたいと思います。

大切にしたのは自分の目で見て感じた雰囲気



――野口さんが施設選びで大切にされたことは何ですか?

パンフレットで調べたり、実際に足を運んで施設を見ることから始めました。自分が生活する場所なのでやっぱり自分で選びたいし、表面的な様子だけではなく多くのことを知りたいと思っていました。こちらの施設には3~4回くらい見学に来ましたよ。


――たくさんの施設の中から「グッドタイムホーム・新検見川」を選ばれたきっかけは何ですか?

私は海が好きなんです。昔は家族で毎年のように千葉の海へ遊びに行っていました。九十九里であったり、御宿であったり、それこそ(この施設から近くの)稲毛の浜であったり。それまでは東京に住んでいましたが、次は海の近くで暮らしたいと当時のケアマネージャーに相談したところ、こちらを紹介されました。

実際に見学に来るとスタッフの皆さん、入居者の方、施設含めてすべての雰囲気がピタッとはまった感覚があったんです。



スタッフや入居者同士のふれあいが元気の源


――入居後の生活はいかがですか?

スタッフの皆さんは私たちに対してフンワリと包んでくれるような、とても和やかな雰囲気で満足しています。

(入居者同士の)お友だちもたくさんできて、よく私のお部屋に何人か遊びに来て女子会をするんですよ(笑)。

ここに入居するまでは一人暮らしだったのですが、寂しいことが本当に嫌だったんです。お友だちが遊びに来ても、みんなが帰った後には一人であることを感じてしまう。でもここではスタッフもお友だちもすぐそばにいて、笑い声がいつも聞こえてくる。それは私にとってとても安心できることなんです。


あと入居したころは少し腰が痛くて歩くことが大変だったんですね。でもこちらに来てからだんだん元気になってきて、今では外に散歩に行くことも多々あります。家族が遊びに来たときは、何度かここの近くにある稲毛の浜へも行きました。

――スタッフの方のご印象をお聞かせください。

スタッフの皆さんには、日々の生活や健康などをこまめに気にかけてもらっていることを感じますよ。こうやって元気に、楽しそうなことを歩いて探せるようになりましたから。

とくに私の気持ちが落ち込んだ時はスタッフに話を聞いてもらって気持ちを上げています。皆さんお忙しいはずなのに話を聞いてくれ、またスタッフの皆さんからも話しかけてくれます。

皆さんとおしゃべりできることが本当にうれしいんです。スタッフの皆さんはもちろん、お友だちからも元気をもらえる。生活面や健康面での安心感だけでなく、私にとっては精神面でも大きな支えになっていると感じています。




(取材を終えて…)

住宅型有料老人ホーム。施設であって施設でない。居住性や環境など、「住まい」としての暮らしがそこにあった。もちろんご自身の要介護度や医療依存度にも対応できる体制がある安心感も大きな魅力である。しかしその先の「暮らし心地」。「となり近所」とのつながりやそこで働くスタッフの方たちとの交流といったふれあいが、いかに大切なのかを痛感した取材だった。


(記事中のサービス内容や施設に関する情報は2019年12月時点の情報です)