資料請求する(無料)

0037-630-23062 携帯電話からも可。光電話・IP電話は不可

見学希望の方はお電話・資料請求時にお伝えください

ブログ一覧に戻る

鬼とは痛いものなのです♪

2019/02/21

皆様こんにちは。
介護付有料老人ホームすこや家・川崎明津 施設長の子安です。

2月3日の節分に豆まきを行いました。

節分とは
季節を分けるという意味で、「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいいますが、中でも旧暦で新年の始まりと重なることの多い立春の前日が重要視されるようになりました。春を迎えるということは、新年を迎えるにも等しいぐらい大切な節目だったため、室町時代あたりから節分といえば立春の前日だけをさすようになりました。

中世の陰陽道では、年越しにあたる節分の夜は、1年の中で陰から陽へと秩序が最も変わる日とされ、このような日には、普段姿を隠している鬼や魔物が出現しやすいと考えられていました。豆まきは、それらを追い払うための行事です。

豆まきは、古代中国から伝来した「追儺(ついな)」という行事に由来します。平安時代の追儺では、方相氏と呼ばれる鬼払いの役人が先導し、桃の弓と葦の矢で魔物を追い払っていましたが、次第に広範囲にまけて生命力を意味する豆にとってかわり、室町~江戸時代に庶民に広がったといわれています。社寺では「豆打ち」が行われるようになり、庶民は「豆まき」として親しむようになっていきました。

それはさておき、皆様にも例にならって豆まき(豆ではありませんが・・・)を楽しんでいただきました。

皆様それはもう容赦なく鬼目掛けて投げる投げる!
至近距離でお面目掛けて投げられる。鬼とは痛い役割なのですよ。
楽しんでいただけたようでなによりです!
これで邪気払いは完璧ですね!!
終わった後は甘納豆をおいしくいただきました。もしかしたらこれのほうが楽しまれていたかもしれません(笑)

ブログ一覧に戻る

すこや家・川崎明津(かわさきあくつ) [介護付き有料老人ホーム]

すこや家・川崎明津(かわさきあくつ)

住所
神奈川県川崎市高津区明津167-1
入居
0
月額
19.25万円

通話無料

0037-630-23062 ※携帯電話からも可。光電話・IP電話は不可

見学希望の方はお電話・資料請求時にお伝えください

すこや家・川崎明津(かわさきあくつ)の基本情報に戻る

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

比較検討リストに追加しました