大阪市住吉区について

大阪市住吉区の概要

大阪市は基礎自治体としては横浜市につぐ人口270万人をかかえ、域内総生産は約22兆円(2014年度)と、全国一の経済規模を誇ります。市内は24区で構成されていますが、住吉区はその南端に位置し、その南側は大和川をはさんで堺市と接する内陸の区です。

1925(大正14)年に旧住吉郡などが大阪市に合併する形で誕生し、総人口は153,869人(2016年10月現在)で、1800年の歴史を有する住吉大社が全国的に知られます。

JR阪和線、南海本線、南海高野線などがほぼ南北に走り、駅数も多いため、たいへん交通至便な区だといえます。

住吉大社周辺には旧家がいまも多く見られ、関西では指折りの高級住宅街、帝塚山があるのも住吉区の大きな特色といえます。この高級住宅街は帝塚山古墳にその名の由来をもち、上町台地の西端に位置しています。余談ですが、NHKの連ドラ「マッサン」では、主人公の酒造会社が住吉区内にあるという設定でした。

旧制大阪商科大学の伝統を引き継ぐ大阪市立大学のキャンパスも住吉区内にあり、古くは、稀代の作家、織田作之助が好んで暮らしたことからも、大都市周辺のベッドタウンにはない歴史的な地層が見え隠れするのも住吉区の魅力です。

大阪市住吉区の老人ホーム状況

2017年2月現在、LIFULL介護に掲載されている大阪市住吉区の有料老人ホームは17施設あり、そのうち7施設で入居金ゼロ円の料金プランが用意されており、どちらも月額は平均で18~20万円程度となっています。

入居金の最高が6000万円と大阪市内ではかなり高い水準となっているのは、高級住宅街・帝塚山の影響ですが、入居金が10数万円といった施設もありますので、かなりバラエティに富んでいると言えます。

1施設の居室数は最も少ない施設で12室、最も多い施設で103室、平均で約48室というのは、大阪市内の各区と比較して、ごく平均的な水準といます。

大阪市住吉区の高齢者サポート

住吉区には4か所の地域包括支援センターをはじめ、「ブランチ」と呼ばれる連携施設が区内に5か所あって、高齢者の総合的な相談窓口を担っています。

浅香について

大阪市南部の住吉区のなかでも南端に位置するのが浅香エリアです。浅香の歴史は、大和川の氾濫をおさえるために改修された江戸時代中期に遡ります。水害を防ぐために川を南へ迂回させたことから、現在の大阪市立大学などがある一帯が誕生しました。

しかし、農業に適さないことから、決して豊かとはいえない時代が長く続きました。

あびこ車庫と跡地利用

浅香に大阪市地下鉄御堂筋線のあびこ車庫ができたのは、1960(昭和35)年のことでした。御堂筋線があびこ駅まで延びたことにともない、10ヘクタール(甲子園球場3つ分)という広大な車庫が完成しました。

この車庫については、建設をめぐって町内が賛成派と反対派で分かれた歴史があるそうですが、御堂筋線があびこ駅から中百舌駅まで延伸したことで、1987(昭和62)年に廃止されました。

跡地は、浅香中央公園や住宅地となっています。中央公園には、車庫があったことを示す碑や線路の一部、また労働者の銅像などが点在しています。さらに、一戸建て住宅となっているエリアは「御堂筋ハウス」と呼ばれているそうです。

この跡地利用をめぐって結成されたグループは、現在でも年に一度、中央公園で「あさかで祭り」を開催しています。隣接する大阪市大応援団によるパフォーマンスや地元に伝わる「浅香太鼓」の演舞などが行われます。

浅香のスポーツ施設

もうひとつ、住吉区浅香で特筆すべきは住吉スポーツセンター・屋内プールです。我孫子車庫の跡地に2000年に建てられた公共スポーツ施設で、1850平方メートルの第一体育館や屋内プールがあります。2010年からはバスケットの大阪エヴェッサがホームアリーナとして使用した実績もあります。現在は、命名権により「サンエイワーク住吉スポーツセンター」となっています。

粉浜について

住吉区を南北に貫通する南海本線粉浜(こはま)駅は、お隣の住之江区との境にあります。かつて、この付近が大阪湾の浜辺で「木浜」と呼ばれたのが地名の由来とされます。

戦後ながらく一帯は「粉浜」の地名でしたが、1974(昭和49)年に、住吉区から住之江区が分区した際に、「粉浜」「粉浜西」「東粉浜」などの住所表示に変更されて現在に至っています。

風景になじむ路面電車

万葉集にも「住吉の粉浜のしじみ開けもみず隠りてのみや恋わたりなむ」と詠まれたように、古い歴史をもつ粉浜ですが、現在の町の風景に大きな特色を生み出しているのは路面電車の阪堺線です。

恵美須町から我孫子町まで、大阪市南部をほぼ南北に貫く約14キロの路線で、住吉区内はほぼ半分の区間が専用軌道をもたない路面電車となっています。

同じく阪堺電鉄の上町線と合流する住吉駅周辺は、路面でふたつの路線が交差する独特の景観をもっていました。

しかし、住吉から住吉公園駅までの区間が2016年1月に廃止になり、全国の鉄道ファンに惜しまれたものです。

南海本線粉浜駅と住吉団地

南海本線の粉浜駅は、1917(大正6)年に開業しました。1980(昭和55)年に高架化され、2013(平成25)年には無人駅となっています。普通電車のみ停車するローカル駅ですが、西口から住吉大社まで続く粉浜商店街は大正時代からの歴史のある商店街です。

その粉浜駅を最寄り駅とするのが、UR住吉団地です。1968(昭和43)年から入居を開始した団地ですが、URでは「美団地」のひとつとして積極的なリニューアルを続けています。合計11棟、約1200戸にのぼる大型団地で、すぐ東側を国道26号線が走りますから、マイカーを利用するファミリー層にも便利な団地です。

鬼才の「ふるさと」

粉浜生まれの著名人に、漫画家の水木しげると作家の筒井康隆がいます。二人とも親戚がこの地に縁があり、粉浜に生まれましたが、育ったのは別の町で、正式にも「出生地」とはなっていません。しかし、戦後史を彩るといって過言ではない、マンガとSFの鬼才が奇しくも同じ土地に縁があるのは、どちらのファンにとっても大変興味深いことです。

墨江について

住吉区の西部、住吉大社の南側に位置する墨江(すみえ)は、万葉の時代から地名が見られ、現在の住之江区の由来になっているとも言われます。

地域の多くは、低層の住宅街で、国道479号(長居公園通り)が東西に通り抜けています。最寄り駅は、南海高野線の沢ノ町駅または南海本線の住吉大社駅、住ノ江駅となります。ほかに、阪堺線もありますので、交通至便なエリアと言えます。

墨江には、1940 年代に住吉女学校として創立された歴史をもつ私立清明学院高校があります。戦後はながらく女子校の住吉学園高校として知られてきましたが、2000(平成12)年に共学化され現在の校名となりました。

いまでは特進コース、看護・医療系コースなどを有し、Jリーガーの丸橋祐介選手(セレッソ大阪)や山口蛍選手(同)の母校でもあります。

南朝の仮御所跡

墨江のランドマークといえば、南朝の天皇仮御所があったとされる住吉行宮(あんぐう)跡です。

いまでは住宅街のなかにひっそりとたたずむ史跡となっていますが、14世紀の南北朝時代の後村上天皇と長慶天皇がこの地にいたと伝えられます。日本の歴史上の大事件のひとつの現場がここにあったのです。

後年、明治天皇は住吉大社を参った際に、住吉行宮にも立ち寄っています。土地は住吉大社の神主家が管理してきましたが、人の手に渡ったりして、1933(昭和8)年に大阪府に寄贈され、1939(昭和14)年に国の史跡となりました。

駐車場完備のスーパー

阪急オアシス住吉店は、2010(平成22)年に長居公園通り(国道479号)沿いに開店したスーパーマーケットです。片側2車線の幹線道路に面していて駐車場を完備していることから、マイカーで利用されるお客さんが多いのが特色です。

阪急オアシスは、1961(昭和36)年に第1号店を大阪府高槻市に開店しました。その後、さまざまな統合等をへて、現在は大阪府、兵庫県を中心に84店舗を展開しています。2008(平成20)年に「専門性、ライブ感、情報発信」をコンセプトに高質な食品スーパーとして打ち出し、阪急百貨店のブランドイメージとの相乗効果で売上を伸ばしています。

庭井について

住吉区の南端、大和川に臨む庭井の歴史は古墳時代に遡ります。

衣網(よさみ)池と呼ばれる潅漑用のため池が作られ、農地として開発されたのがいまから1500年以上前のことです。

この池があったため、干ばつなどを逃れ、現在の地下鉄御堂筋線あびこ駅周辺に村々を生み出しました。お隣の浅香同様に、江戸時代に大和川の流れを変える大工事が行われたことで、農地が減少したりしましたが、一貫して古代から集落があったと考えられています。

埋め立てられた衣網池

しかし、1960年代に地下鉄の開通などもあり、宅地化が進みました。そのため、1968(昭和43)年に衣網池は農業用のため池としての機能を失って埋め立てられました。

その跡地が大阪府立阪南高校のグラウンドになっています。

1959(昭和34)年に開校した阪南高校は、全日制の普通科です。土井正博、福本豊、高橋二三男ら錚々たるプロ野球選手を数多く輩出している阪南大学高校(大阪府松原市)と混同されることも少なくありませんが、それとは別の学校であり、作家の東野圭吾が卒業生として知られます。昭和世代には「ビューティフルサンデー」で知られる「田中星児の母校」と言った方が馴染みがあるかも知れません。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。