大阪市城東区について

大阪市城東区の概要

大阪市は基礎自治体としては横浜市につぐ人口270万人をかかえ、域内総生産は約22兆円(2014年度)と、全国一の経済規模を誇ります。市内は24区で構成されていますが、城東区はその北東部に位置し、四方を中央区、都島区などすべて大阪市の行政区に囲まれた内陸の区です。

城東区は1943年に東成区と旭区からそれぞれ分離する形で誕生しました。その後に、東側部分が鶴見区として分離し(1974年)、現在の区域になりました。

総人口は165,360人(2016年10月現在)で、市内では4番目ですが、人口密度は約19,700人で市内では1番、全国的にも東京都豊島区などに次いで全国4番目の高さです。区内ではさらに高層マンションの建設が進んでいることから、その順位はまだまだ上昇する可能性があります。

大阪市城東区の交通と地理

地下鉄の2路線(長堀鶴見緑地線と今里筋線)が区内のほぼ中央に位置する蒲生四丁目駅で交差し、JR片町線と京阪本線が走るため大阪中心部へのアクセスは比較的便利です。

城東区は、区内の真ん中を東西に流れる寝屋川と南北に貫く今里筋をそれぞれの境にして、北東部、北西部、南東部、南西部の4つのエリアに分けることができます。その名の由来となっている大阪城には西端で隣接し、江戸時代の大動脈であった堀割が残る姿から、その歴史をうかがうことができます。

大阪市城東区の特色

大阪市城東区は、牛乳石鹸やタイガー魔法瓶など、全国で知られるメーカーの本拠地、発祥の地でもあります。さらにCMが強烈な印象を残すハナテンの本社があることも、関西人にとっては馴染みの地域と言えるでしょう。

ラグビーの聖地、花園に近いこともあってか、大西一平(神戸製鋼)や大畑大介(同)といった世界水準のラガーを生み出しているのも城東区です。

大阪市住吉区の老人ホーム状況

2017年2月現在、LIFULL介護に掲載されている大阪市城東区の有料老人ホームは10施設でほかの区に比べると比較的少なくなっています。そのうち9施設では、入居金ゼロの料金プランが用意されています。入居金の金額については5万円から280万円と幅広くありますが、平均が約76万円と大阪市内ではごく平均的な水準と言えます。月額はおおよそ12~14万円前後となっています。

1施設の居室数は最も少ない施設で18室、一方で最も多い施設は286室とかなり大規模な施設も存在しています。平均でも約100室と、大阪市内の各区と比較して、かなり高い数字となっています。

大阪市城東区の高齢者の相談窓口

城東区には2か所(諏訪4丁目、中央2丁目)の地域包括支援センターがあり、高齢者の総合的な相談窓口を担っています。

城東区北西部について

城東区北西部は、寝屋川の北、今里筋の西に位置するエリアです。現在の地名でいうと「新喜多(しぎた)」、「成育(せいいく)」といった町で構成されています。いずれも難読地名といっていい町名ですが、それぞれ古い歴史を有しています。

新喜多、聖賢などの地名の由来

新喜多の地名は、江戸時代中期に開発された新田に由来します。新田開拓した三人の名前ーー(鴻池)新十郎、(鴻池)喜七、(今木屋)多兵衛の1文字ずつから命名されました。寝屋川の右岸に位置して、JR大阪環状線や京阪本線が乗り入れるターミナル駅、京橋に隣接していることから近年では高層マンションの建設などが進んでいます。

おなじエリアにある大阪市立聖賢小学校は、約100年の歴史のある小学校です。自らを「聖賢(せいけん)」と称することに驚く人もあるかも知れませんが、昭和20年代に学校の前にあった聖賢橋から由来しています。いまでは川が埋め立てられ、橋の面影もありませんが、その名はこれからも生徒たちに親しまれることでしょう。

小学校名が地名になった町

城東区北西部には京阪本線が走っています。その駅のひとつが関目駅で、大阪市営地下鉄の関目成育駅と隣接していることから、付近は小さな商店街となっています。地下鉄路線の西側が成育です。

これも珍しい地名ですが、戦後まもなくに同地区に小学校が新設されることになり、当時の関目と野江のふたつの地区を校区とするため地名の使用を避け、子供のすこやかな成長を願って「成育」小学校となり、のちの住所表示改正にあたって地名になったのです。それにともなって、京阪本線野江駅に残る「野江」という地名は消滅しました。

城東区北東部について

城東区北東部は、寝屋川の北、今里筋の東に位置するエリアです。かつては、広く「鯰江(なまずえ)」と呼ばれた地区で、現在の町名では、古市や今福西・東・南などにまたがる地域です。

大坂冬の陣の古戦場

北東部で忘れてはならないのが、大坂冬の陣の戦場となった「今福・蒲生の戦い跡」です。この戦いでは1614(慶長19)年に徳川方の佐竹義宣が、豊臣方の矢野正倫らが護衛する今福の柵を攻撃し、上杉景勝らの援軍をえて勝利したとされます。この戦いの場となったのが、現在の今福西1丁目で、小さな碑が建てられています。

大河ドラマ「真田丸」で脚光をあびた大坂冬の陣ですが、合戦は1日で終わったのではなく、城下のあちこちで戦闘が繰り広げられたのです。その結果、難攻不落といわれた大坂城の外堀が埋められ、夏の陣をへて、戦国時代が名実ともに終焉を迎えたのは、多くの人が知るところです。

国民的石鹸の本拠地

「牛乳石鹸よいせっけん」のCMで知られる牛乳石鹸共進社の本社は、城東区北東部にあります。大阪市内での創業から20年目の1928(昭和3)年に現在の城東区今福西に新工場を建設しました。この新工場とともに「牛乳石鹸」のブランドが誕生し、以来80年以上にわたって国民の衛生環境の向上に貢献しているのです。現在では工場はなくなり、本社機能を残すのみですが、その知名度から、いまも地域のランドマークといえる存在です。

この牛乳石鹸本社がある地域はかつて鯰江(なまずえ)川が流れ(現在は埋め立てられました)ていたことから「鯰江」の名で知られていました。その名残で、大阪市立鯰江小学校や鯰江公園などがあります。鯰江公園の隣には近年になって大型マンションが開発され、人口が急増しています。

城東区南西部について

城東区南西部は、寝屋川の南、今里筋の西に位置するエリアで、まさに大阪城の「お膝元」といった風情です。現在の地名では、鴫野西、森之宮、中浜といった地区で、かつては、白山(しらやま)、中道(なかみち)といった地名がありました。

現在も鴫野の地名が残る一帯は、中世からその名が見られます。旧大和川と寝屋川の合流地点で古くから干拓開発されてきました。

現地名の鴫野西は北の寝屋川、南の大川にはさまれた地域で、JR大阪環状線や京阪本線の京橋駅までは徒歩圏内です。

大阪城下のオアシス

その鴫野西の南側、大川をはさんで隣接するのが中浜。こちらも300年以上の歴史があり、平野川と千間川にはさまれた荘園として開発されたのが町の起こりです。

大阪府庁などが建ち並ぶ官庁街まで1キロたらずの立地にも関わらず、一帯は低層住宅地になっています。中浜町内には白山(しらやま)神社があります。住宅街のひっそりしたたたずまいですが、境内は大銀杏などの緑が生い茂り、ちょっとしたオアシスになっています。昭和のはじめころは、この神社から「白山町」という町名も存在したそうです。

一大軍事工場跡

大阪城の東側一帯は、かつて大阪砲兵工廠(陸軍造兵廠)と呼ばれる兵器工場でした。城東区でも森之宮のほぼ全域がその工場となっていました。1870年に大村益次郎によって兵器工場が設置され、太平洋戦争の敗戦まで70年以上にわたって大砲や戦車を生産しました。戦後は荒廃した工廠跡に忍び込んで鉄くずを奪い去る「アパッチ族」が現れ、その様子を開高健や梁石日らが小説に描きだしています。

城東区南東部について

城東区南東部は、寝屋川の南、今里筋の東に位置するエリアで、下町の風景が色濃くなってくる、現在の地名では、永田、諏訪、放出西といった地区です。かつては、三組、左専道(させんどう)といった地名がありました。

左専道の名は、いまも永田2丁目の左専道運動場に残ります。そのいわれは、菅原道真が九州へ送られる途中に休憩した石があったことから、左遷される道とされたとの言い伝えがあります。その後に、左遷では縁起がよくないということで「左専」の文字をあてるようになったそうです。

その左専道運動場の北側が放出西となります。

関西で知らぬ人はないハナテン

「放出(はなてん)」は、関西圏以外の人にとってはかなり難易度の高い難読地名ですが、関西圏でその地名を知らない人はとても少ないでしょう。

それも、通称「ハナテン中古車センター」(現在の株式会社ハナテン)の発祥の地で、1970年代から「あなた、一体誰?」「ハナテン中古車センター」のフレーズで有名なCMが大量にながされたからです。そのハナテンの本社があるのが、城東区の南東部にある諏訪3丁目で、現在はガラス張りの立派な本社屋になっていますが、偶然に通りかかった関西人は、いまでも「あなた、一体誰?」とお約束のように反応するそうです。

JR片町線の放出駅は、城東区から分離した鶴見区にいまは存在しますが、大阪市立放出小学校や放出中学校は城東区の南東部(放出西)に位置しています。

城東区を守る第二寝屋川

城東区南東部を東西に横切るのが第二寝屋川です。かつては放出駅付近から北上し、寝屋川に合流していましたが、洪水対策のため真西へ向けて、約1キロにわたって開削され、現在の姿になりました。この人工河川が作られた1969(昭和44)年は、大阪万博が開催される前年でした。

いまでは、住宅が密集し、そのような工事は不可能に思えますが、あれから半世紀がたち、第二寝屋川はいまも城東区を水害から守って流れています。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。