川崎市高津区について

川崎市高津区の概要

川崎市は神奈川県の北東部にある7つの区からなる政令指定都市です。市の北側の市境線は多摩川と重なり、東京都と接しています。都心のベッドタウンとしての面があり、東京から延びる鉄道各駅を中心に街が発展しています。西部が丘陵地帯となっているものの、比較的起伏の少ない平坦な地が広がっています。東西に細長い形をしており、住宅街だけでなく、昔ながらの田園風景が見られる地域もあれば、東京湾沿岸は京浜工業地帯として知られる重工業エリアとなっているなど、その街並みは多様さがあります。かつては東海道五十三次の2番目の宿場、川崎宿として栄えた歴史ある街でもあります。

その中にある高津区は、市の中央に位置します。江戸中期、高津区は大山街道の宿場町として栄え、大山阿夫利神社への参拝者で賑わいました。現在北の区境には多摩川が流れ、西部は多摩丘陵の緑が広がり、豊かな自然が多く残っています。

高津区は、1972年に川崎市の政令指定都市移行とともに誕生しました。1982年の行政区再編により宮前区と分かれ現在の形となります。高津区はかつて神奈川県橘樹郡高津村だった北部の高津地区と、神奈川県橘樹郡橘村だった南部の橘地区に分けることができ、北部は溝口駅を中心とした賑やかな市街地が広がり、南部は都市農業や史跡などが残る自然豊かな土地が広がっています。また、高津区はものづくりの町としても発展しています。高津区坂戸にある「かながわサイエンスパーク」には、ベンチャー企業や様々な企業の研究部門などが集まっています。

川崎市高津区の老人ホーム状況

2017年2月現在、LIFULL介護に掲載されている高津区の有料老人ホームは26施設あり、そのすべての施設で入居金がないプランが用意されています。入居金の最高額は6,610万円、最低額は9万円強と大きな差があります。高津区における入居金の平均額は約807万円(最低額の平均)から約850万円(最高額の平均)で、LIFULL介護に掲載している川崎市他区の有料老人ホームと比べると、やや高くなっています。

月額利用料金の平均額については、入居金を設定しているプランで約25万円、入居金0円プランで約26万円とあまり差は見られません。川崎市の他の区の月額利用料金平均額も20万円台半ばがほとんどで、区による差はあまりありません。室数は最も少ない施設は18室、最も多い施設は246室で、小規模な施設から大規模な施設まであります。平均客室は66.1室となっています。

野川について

野川は高津区南部と宮前区東部にまたがる町で、高津区と宮前区の両方に野川という町名があります。宮前区が分区されたときに、野川は2つに分かれました。

丘と谷とその間の緩やかな傾斜地からなっている地形で、高津区の野川は南北に細長く、中央を中原街道が通っています。中原街道沿いは商店がいくつか集まっていますが、道を一本奥に入ると一戸建ての住宅が立ち並んでいるほか、大型マンションやまとまった緑地、畑などがあります。

野川の交通事情

野川の周囲に鉄道の駅はなく、自家用車かバスが主な交通手段となります。バスは武蔵小杉駅や鷺沼駅など周辺の駅へと伸びており、主要道路を走っています。主要道路は低地を通っているので、住民はバス停に出るのに歩いて坂を上り下りする必要があったのですが、今は住宅街と主要道路をつなぐコミュニティバスが走っています。

野川の歴史

野川という地名は室町時代以降、様々な書物で見ることができます。その由来はわかっていませんが「野」と「川」があったことから野川という地名になったと考えられています。戦後間もなくまでは、低地に水田、台地に畑、ところどころ雑木林といった昔ながらの農村風景が残っていましたが、1950年代に入ると開発が進み、公営団地や住宅などが建てられました。その頃建てられた団地などでは、現在住民の高齢化が進んでいます。

たちばなふれあいの森と影向寺

「たちばなふれあいの森」は1990年に整備された公園で、「ホタルの里」として有名です。

その「たちばなふれあいの森」からすぐ西のところに、影向寺があります。宮前区の方の野川にあるお寺です。740年の聖武天皇の勅願による創建と伝えられていますが、発掘された軒丸瓦がこの年代よりも古いものであることから、7世紀末には創建されていたと考えられています。歴史のある寺院だけあって、国の重要文化財に指定されている薬師如来両脇侍像や市の重要歴史記念物に指定されている十二神将立像などの文化財が保存されています。

末長について

末長は高津区の中央部にある町です。戦前は農村地帯でしたが、戦後、企業の進出などにより住宅地として発展しました。東部に梶が谷駅があり中央を神奈川県道14号鶴見溝ノ口線が南北に走っています。県道14号鶴見溝ノ口線を境に西は台地となっており、東は低地が広がっています。低地には整理された区画に企業や学校、住宅が立ち並び、その中をJR南武線と第三京浜道路が交差しています。谷戸が切り込む西の台地部分は、住宅街の中に緑地と畑がところどころ存在しています。

末長の交通事情

末長内にはJR南武線の駅はありませんが、JR南武線と重なるように南武沿線道路が通っており、武蔵溝ノ口駅や武蔵新城駅へのアクセスも容易です。また、町内には第三京浜道路の出入り口、京浜川崎インターチェンジがあります。交通量の割に料金所のレーン数が少なく、朝晩の通勤時間帯には頻繁に渋滞が起こります。

西部にある梶が谷駅は東京急行電鉄田園都市線の駅です。急行や準急は停まりませんが、東京急行電鉄によって開発が進められた多摩田園都市の入り口にあたり、マンションなどが多く建っています。大きな店舗などもあり、駅周辺は新興住宅地といった街並みになっています。

末長の地名の由来

地名の由来ははっきりとはわかっていませんが、いくつかの説があります。19世紀前半に編纂された「新編武蔵風土記稿」に、1091年、源義家がこの地の丘の上で奇妙な岩を見つけて弓矢を納め、末長く民が栄えるようにと祈ったという伝承が由来になったと記載されていますが、末長の地名が確認できる一番古い資料は1559年に編纂された「小田原衆所領役帳」で、源義家が生きた1091年とはだいぶ開きがあります。地名の由来としては、このほか、「末長く」という言葉のめでたさから付けられたという説や、「背長(丘陵が伸びている地形)」が転じて末長となった説などが言われています。

末長杉山神社

杉山神社は横浜市を中心に多く見られる神社で、横浜市、川崎市、町田市、稲城市以外に「杉山神社」と名のつく神社はありません。住宅の間に細い参道があり、坂と階段を登ったところに社殿があり、その横には大きく立派な御神木の椎の木があります。隣にある明鏡寺は、かつてこの神社の別当寺を勤めていたそうです。

新作について

新作は高津区の中央部、北側を末長と接している街です。末長と同じく東西に長く、中央に第三京浜道路と県道14号鶴見溝ノ口線が南北方向に走っています。県道14号鶴見溝ノ口線の東側は区画された住宅街となっており、西側は谷戸が入り込んだ台地に住宅と農地や緑地が混在しています。

東の町境線を越えてすぐに武蔵新城駅があります。駅周辺には飲食店が多く、その外側に住宅地が広がっており、一戸建てよりも集合住宅の方が目立ちます。

川崎市民プラザ

西武の市民プラザ通り沿いにある川崎市民プラザは、川崎市が政令指定都市に移行したことを記念して作られた複合施設です。定員500名の演奏や演劇に利用できる「ふるさと劇場」や催し物を開催できるガラス屋根に覆われた屋内広場、演劇や演奏のリハーサルができる練習室、25メートルのコースが5本ある屋内温水プール、時間帯によって一般開放される体育館、様々なマシンが設備されているトレーニングルーム、この地の自然を生かしたつくりの日本庭園など多くの施設があります。

川崎市橘リサイクルコミュニティセンター

同じく市民プラザ通りにある川崎市橘リサイクルコミュニティセンターは、市民のリサイクル活動を支援する施設です。リサイクル家具展示コーナーでは、粗大ゴミとして出された家具のうち再利用が可能なものを抽選により市民に提供しています。また、市民が持ち寄った不用品が販売されているフリーマーケットが常設されているほか、環境について学習できる情報コーナーや学習室が設けられています。

新作八幡宮

新作内、第三京浜道路のすぐ西に新作八幡宮があります。いつ創建されたかは不明ですが、新作村の鎮守として人々の信仰を集めてきました。玉依姫命、応神天皇、神功皇后を祀っています。高台の先端にある境内からは、高津区内の低地に広がる市街地を一望でき、夜景スポットとして人気を集めています。

久本について

久本は高津区の中央よりやや北に寄った位置にある町です。駅舎の所在地は高津区溝口になりますが、久本の北西部はJR武蔵溝ノ口駅の南口ロータリーにかかっています。南口ロータリーと接している県道14号鶴見溝ノ口線は久本の北西から入って南に伸びています。県道14号鶴見溝ノ口線の西側は台地となっており、東側は低地が広がっています。

公的施設が所在する久本

久本北部から南東に抜けているJR南武線沿いに南武沿線道路が通っており、通りの両側には市立の小中高学校や私立の中高一貫校など学校が集まっています。武蔵溝ノ口駅、東京急行電鉄溝の口駅の南口すぐに高津区役所があり、久本内にもハローワーク川崎北溝ノ口庁舎、川崎北税務署、高津年金事務所など公的施設が所在しています。

両駅の周辺は高津区の中心地区として賑わっており、久本内にも複数棟のマンションと大型商業施設が並んで立っている地区が武蔵溝ノ口駅近くにあります。

久本神社

県道14号鶴見溝ノ口線の西にある久本神社は、1873年に当時の久本村にあった4つの神社を合祀してできた神社です。天照皇大神を祀っています。合祀の際に久本神社と名付けられました。「新編武蔵風土記稿」によれば、合祀前の4つの神社は八幡社、2つの杉山社、神明社で、それぞれの創建年は不明ですが、古くから住民の信仰を集めていた鎮守だったと伝えられています。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。