さいたま市中央区について

さいたま市中央区の概要

さいたま市は埼玉県の南東部に位置する県唯一の政令指定都市です。県庁所在地でもあります。2001年に浦和市、大宮市、与野市が合併して誕生しました。さらに2005年に岩槻市とも合併し、現在は10区の行政区から構成されています。

中央区はさいたま市の中央からやや西南に寄った位置にあります。旧与野市の全域とさいたま新都心の西側の一部を足した範囲が中央区となります。

大宮台地上にあり、区の中央を北から南に向かって流れる鴻沼川沿いは低地になっています。関東平野の真ん中に位置するため、土地は平坦で標高差があまりありません。最も低い地点で約6メートル、最も高い地点で17メートルです。住宅地が多く、ごく少ないながら鴻沼川の両岸に農地が見られます。

区の東側をJR東日本の京浜東北線が、区の中央を埼京線が通っています。区の北東の境界線にJR京浜東北線のさいたま新都心駅と与野駅があり、またJR埼京線の駅は北から北与野駅、与野本町駅、南与野駅の3駅があります。

旧与野市にあたる中央区ですが、「与野」の地名の由来には諸説あり、その名自体は鎌倉時代末まで遡ることができます。室町時代には鎌倉街道の中継地として市が立ち、栄えていた場所です。

さいたま市中央区の老人ホーム状況

2017年2月現在、LIFULL介護に掲載されている中央区の有料老人ホームのうち入居金ゼロ円の料金プランを用意している施設は12施設あります。

入居金0円のプランで最も安い月額料金は14万8千円、最も高い月額料金は31万4千円で、平均月額料金は約20万円となっています。

一方、入居金を設定しているプランで最も安い月額料金は13万4千円、最も月額料金は29万7千円で、平均月額料金は約20万円と、入居金0円プランのそれとあまり変わらない数字となっています。入居金の最高額は720万円で、最低額は67万2千円です。

居室数は最も少ない施設で42室、最も多い施設で66室であまり差がなく、施設の規模には違いが見られません。

八王子について

さいたま市中央区八王子は中央区の西部に位置する町です。

北東に国道17号新大宮バイパスが通っており、少し北上したところにある与野出入口から首都高速道路埼玉大宮線に乗ることができます。

街の様子

国道17号新大宮バイパス沿いには、ホームセンターや食料品店のチェーン店がいくつか見られます。駐車場も広く、この付近はいつも買い物客で賑わっています。

国道17号新大宮バイパスから離れると閑静な住宅街が広がっていますが、中央区八王子を東西に貫く白鍬通りから続く道は、比較的交通量が多くなっています。一戸建てが多く、集合住宅もありますが、ほとんどがアパートで、背の高い建物はあまり見当たりません。ところどころに畑があり、中央にある八王子公園をはじめとして、緑が多い住宅街です。駐車場として使われている土地も多く、静かな町並みが広がっています。

八王子公園の西側には鴨川の支流である白神川が流れています。幅の狭い両岸をコンクリートで固められた川です。川というより排水路といった様子で、実際に排水路として利用されています。川の西には団地が建っています。団地の周辺にはコンビニエンスストアや飲食店などの店舗がいくつか見られます。

公園

八王子公園にはクレーコートのテニスコート2面、そして軟式野球場が1面あります。このほか遊具なども備え付けられており、木々も多く植えられています。春になると桜が咲き誇り、花を見に訪れる人で賑わいます。

その八王子公園の南東に与野八王子サッカーグランドという人工芝のサッカー場があります。少年サッカー用のグランドと大人用のグランドがそれぞれ1面ずつあり、ナイター設備も完備されています。

八王子神社

八王子には八王子神社があります。1810年から1830年までに武蔵国について編纂された地誌である『新編武蔵風土記稿』の中に、この八王子神社について記述があります。要約すると、村名(むかし、このあたりは八王子村という村でした)と同じ「八王子」の名がつく神社だから古い神社に違いない。ただし、由緒などは伝わっていない、というようなことが書かれています。

また、鎌倉時代末期の絵巻物『融通念仏縁起』には、与野郷の名主が念仏を修し家族が疫病を免れたとあります。与野郷とは旧与野市、つまりさいたま市中央区のことです。

本町西について

本町西は中央区の中央から少し西に位置する町です。

与野公園

与野公園は本町西の南部にある公園で、広さは約5.1ヘクタール、与野本町駅から歩いて11分ほどのところにあります。公園内にはバラ園があり、約170種、3000株のバラが植えられています。毎年5月、バラの花が咲き誇る時期に「ばらまつり」が行われています。

ばらまつりでは園内に出店が出たり、ステージが作られ、踊りや演奏などのパフォーマンスが行われたりと賑わいます。そのほか、バラの苗木の即売会やバラ育成の講習会などバラに関する催しも開催される楽しいイベントです。

また、この与野公園は桜の名所としても知られています。ソメイヨシノやヤエザクラなど約300本もの桜の木が植えられています。桜の季節には露店なども出て、多くの花見客が訪れます。

このほか公園内には、すりばち山、弁天池、いくつかの広場、小さい子ども向けの遊具などがあります。すりばち山は公園内にある小山で、階段が整備されていて登ることができます。2つの石碑があり、すりばち山が富士信仰による富士塚であることを示しています。弁天池は、平安時代に「坂東武士の鑑」と称された畠山重忠が、鎌倉への道すがらこの池で刀を洗い清め武勲を立てたとの言い伝えが残されている、歴史ある場所です。

与野公園の歴史

与野公園の歴史は古く1877年に開園しました。発端は1873年に明治政府から各府県に対して出された太政官布達第16号です。それは景勝地や名所、史跡、お寺の境内などを公園として申し出よ、というものでした。これを受けて天祖神社、御嶽神社、大国社の境内が整備され与野公園が開園しました。同じさいたま市の浦和区にある調公園も太政官布達によって設置された公園です。

与野公園はもともと、公園内にある天祖神社や公園の周りにある御嶽社と大国社の境内だったのです。

与野七福神めぐり

中央区には七福神が点在しており、毎年お正月には「与野七福神巡り」として各寺社から御朱印を受けることができます。また、この時期には七福神仮装パレードも行われます。

七福神めぐりは本町通りを中心に回ることができます。順番が決められており、本町東にある上町氷川神社の福禄寿から始まり、一山神社の恵比須神、与野公園内にある天祖神社の寿老神、その隣にある御嶽社の弁財天、与野公園の東隣にある圓乗院の大黒天、与野公園から500メートルほど北にある圓福寺の布袋尊、圓福寺から1キロメートルほど離れている鈴谷大堂の毘沙門天と巡ります。

桜丘について

桜丘は中央区の西部に位置する町で、八王子と本町西に挟まれています。西の境界線を国道17号新大宮バイパスが走っており、国道17号新大宮バイパスを挟んだ向かいには与野公園があります。南北で1丁目と2丁目に分かれていて、北が2丁目、南が1丁目になっています。

桜丘の公園や施設など

1丁目にある桜丘ふれあい公園は、子ども向けの遊具のほか、健康遊具なども設置されており、幅広い世代が利用できます。1丁目2丁目とも閑静な住宅街で、少しだけですが畑もあり、2丁目には西与野コミュニティホールとその2階にさいたま市与野図書館西分館があります。西与野コミュニティホールには、36人収容できる会議室が2部屋、18人収容できる会議室が1部屋、和室、調理室、150人収容の多目的ルームが利用できます。プロジェクターやミキサーなどの音響映像設備なども別料金で使用できます。

図書館では小さな子ども向けにおはなし会や紙芝居の上演などが行われています。このほか映画会や講演会なども催されており、映画は子供向けのものだけでなく、大人が見ても楽しめる作品も上映されています。

桜丘の街並み

国道17号新大宮バイパス道路沿いには、ファミリーレストランとオートバイ販売店があるだけで、ほかは住宅が立ち並んでいます。国道17号新大宮バイパスと歩道の間には植え込みがあり、歩道の幅も広くとられているので、車の往来に危険を感じることはまずありません。見上げると国道17号新大宮バイパスの上を高架道路の首都高速埼玉大宮線が通っています。

下落合について

下落合は中央区の中央から東部にかけて位置する町です。中山道が南北に貫いていて、与野駅入口の交差点から東に10分ほど歩くとJR京浜東北線の与野駅にたどり着きます。また、この与野駅入口の交差点から西南方向にJR埼京線の与野本町駅がありますが、こちらも与野駅入口の交差点から徒歩10分くらいの距離にあります。2つの路線の駅に挟まれた下落合は、交通の利便性がたいへん優れた地域といえます。

区役所周辺

西部には中央区の区役所を中心として、与野郵便局、さいたま市消防局中央消防署、さいたま市立与野図書館、さいたま市産業文化センター、東京入国管理局さいたま出張所など多くの行政機関があつまっています。交通の便だけでなく、生活の便もよい地域です。

区役所の近くにはさいたま市与野体育館があります。バスケットボールコート2面分の広さの競技場や24畳ある和室が2部屋、定員80名と定員120名の会議室があり、シャワー室も完備しています。体育館の向かいには下落合プールがあります。屋内の25メートル6コースのプールと、夏季のみの50メートル7コースの屋外プールのほか、幼児プールなどが利用できます。

渋滞対策

さいたま新都心周辺で車の渋滞が慢性化していることから、国道17号の中央区下落合の交差点から埼玉県さいたま市大宮区の桜木町までの2.7キロメートルを、2車線から4車線に拡幅する事業が進行中です。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。