さいたま市見沼区について

さいたま市見沼区の概要

さいたま市は埼玉県の南東部に位置する政令指定都市です。2001年に浦和市、大宮市、与野市が合併して誕生しました。さらに2005年に岩槻市とも合併し、現在は10区の行政区から構成されています。県庁所在地でもあり、浦和区に庁舎が置かれています。

見沼区はさいたま市の北部に位置します。10区中2番目に面積が大きく、区の南部には自然や田畑が多く残っています。

区名は、かつてあった見沼という沼に由来します。見沼は、江戸時代に干拓され「見沼田圃」と呼ばれるとても広い水田になりました。現在は荒地になったところも見られますが、市民と自治体による保全活動が続けられています。

鉄道は東武野田線(東武アーバンパークライン)が中央を東西に走り、区内には七里駅と大和田駅があります。また、北西部にはJR東北本線(宇都宮線)の東大宮駅があり、駅を中心に市街地が形成されています。

見沼区の老人ホーム状況

2017年2月現在、LIFULL介護に掲載されている見沼区の有料老人ホームは19施設あり、そのうち入居金ゼロ円の料金プランを用意している施設は16施設あります。

入居金の最高額は6445万円、最低額は1万円、見沼区における入居金の最低額の平均は約991万円で、入居金の最高額の平均は約1649万円と最低額と最高額とで大きな開きがあります。さいたま市の他区のLIFULL介護掲載有料老人ホームと比べると、入居金の最高額はかなり高めですが、最低額はどこよりも安くなっています。これは入居金の平均額で比べてみても同じことが言えます。

月額利用料金の平均額については、入居金を設定しているプランの場合も、入居金0円プランの場合も20万円台前半となっています。さいたま市の他の区と比べると、入居金を設定しているプランの場合は高くもなく安くもない額ですが、入居金0プランの場合は少し高めとなります。

居室数は最も少ない施設で36室、最も多い施設で151室で、平均居室数は67.5室となっています。

南中丸について

南中丸は見沼区の南西に位置する町です。一戸建ての住宅が建ち並ぶ中、ところどころに田畑が見られます。中央には片側2車線の埼玉県道1号さいたま川口線が南北に走り、道路沿いには大型電気店や自動車のディーラーなど大きめの商業店舗が建っています。

北に東武野田線の大和田駅がありますが、南中丸の中央付近からは徒歩で30分ほどかかります。

また、南中丸の西に大宮駅があり、歩くには距離がありますが、大宮駅東口から出ている多くのバス路線が、南中丸内や付近の主要道路を通るので、交通の便はいいと言えます。

南中丸の植物園

南中丸の南西部にあるハナミズキの森は、農家の石井実生園が無料開放している植物園です。オリジナルのハナミズキがあり、毎年4月にはハナミズキまつりが開かれています。ハナミズキだけでなく、珍しいカレーノキ、ハンカチノキ、アメリカナンジャモンジャノキなど季節ごとに色々な花が鑑賞できます。

南中丸緑地公園

南中丸緑地公園は南中丸の西部、芝川にほど近い場所にある公園です。木々が鬱蒼と生い茂る森の中には遊歩道が整備され、自然を感じながら散策できるスポットとなっています。紅葉の季節には、地面に落ち葉の絨毯が広がります。アスレチック遊具やベンチなども設置されています。

南中丸の鎮守

大宮八幡中学校の北には八幡神社があります。昔から南中丸の鎮守として信仰されてきた3社のひとつです。あとの2社は、八幡神社のほど近くにある神明社と南中丸の南部にある神明神社です。この3社は明治時代末期の神社合祀政策により見沼区中川にある中山神社に合祀されてしまいますが、戦後すぐに3社とも復祀されます。

中世の中丸城跡

神明神社の付近にはかつて中丸城があったといわれています。中丸城は別名、春日氏館といいます。観応の擾乱(1349年〜1352年)における勲功により足利尊氏から足立郡桶皮郷内菅谷村(現上尾市菅谷)を与えられた春日八郎行元を祖とする、春日氏の誰かが居住したと考えられています。

堀崎町について

堀崎町は見沼区の中央やや北西寄りにある町です。見沼区役所の所在地で、区役所の周辺には堀崎公園や大宮武道館、大宮東図書館があります。東部に広い農地がありますが、ほとんどが低層住宅が建ち並ぶ住宅街です。

鉄道は南に東武野田線が、東にはJR東北本線が走っています。JR東北本線の東大宮駅と、東武野田線の大和田駅、七里駅の3駅を直線で結んでできる三角形の中心に位置する堀崎町は、場所によって最寄駅が変わります。

堀崎町の公園

堀崎公園は区役所の北側に隣接する細長い公園です。人工芝のサッカー場1面と、同じく人工芝のテニスコートが5面設置されています。サッカー場はソフトボールやグランドゴルフにも利用できます。ナイター設備があり、仕事帰りにサッカーやテニスで汗を流す人もいるようです。

大宮武道館

大宮武道館は区役所の道を挟んで東隣にあるスポーツ施設です。主道場はバレーボールコートで2面、卓球台で16面を取ることができ、498席ある観客席とステージがあります。他に2面とれる剣道場や240畳もある柔道場、近的6人立の弓道場があり、シャワー室や更衣室も設置されてます。

春岡について

春岡は見沼区の北部にある町です。JR東北本線と東武野田線に挟まれたエリアにあり、芝浦工業大学大宮キャンパスに接して南西の場所に位置します。最寄駅はJR東北本線の東大宮駅、または東武野田線の七里駅です。住宅の合間には畑地やビニールハウス、屋敷森も見られ、いまだ緑豊かで静かな町です。

見沼区深作との境界には見沼代用水東縁が流れ、春にはその水辺に桜や菜の花が美しい花を咲かせます。見沼代用水は江戸時代、1728年に普請された灌漑農業用水です。埼玉県行田市の利根川の水に端を発し、下流は川口市を経て、東京都足立区に流れ込みます。

春岡の公園

町のほぼ中央にあるのが春岡中央公園です。約1.5ヘクタールというその広い敷地にはロング滑り台をはじめとする大型の遊具が設置され、子どもたちの人気を博しています。多目的広場と呼ばれるグラウンドでは野球やサッカー、グラウンドゴルフやゲートボールなども行われ、ゲームに興じる人々の笑い声が響きます。

江戸時代から続く春岡の寺院

町の北、芝浦工業大学大宮キャンパスの東側には、真言宗智山派の寺院、覚蔵院があります。ここは江戸時代初期に開山され、新秩父三十四ヶ所霊場の28番に数えられています。現在も引き継がれている「深作ささら獅子舞」はここが発祥だとされています。

島町について

島町は見沼区の北部にあり、春岡のすぐ南西に位置する町です。明治の中頃までは島村というひとつの村でしたが、合併を重ね、1940年に大宮市発足と同時に大宮市大字島という地名になり、現在はさいたま市見沼区島町に変更されています。

春岡同様、JR東北本線と東武野田線に挟まれたエリアにあり、最寄駅は東大宮駅、または七里駅です。南東はずいぶん宅地化され、戸建の住宅が続きます。さいたま市立島小学校に近い北西のエリアはいまだ農地や空き地が広がっていますが、一方で中層の大型マンションが複数建てられており、ドラッグストアやスーパーマーケットなど、生活に便利な施設も集まっています。

また、町内には2か所の自然の森と三番関公園、民間のテニスクラブがあり、住民の憩いの場となっています。

円空仏のある島町の寺院

町の南東には大きな木に囲まれて建つ真言宗智山派の寺院、薬王寺があります。ここには江戸時代の仏師として知られる円空の手による薬師如来立像、日光菩薩像、月光菩薩像、十二神将像等、29体のの仏像が残されています。これらは1961年、当時の大宮市によって有形文化財に指定されています。常時公開はされていませんが、貴重な円空の作品を多数見られる寺として、開帳日には遠方から訪れる人もいるようです。

染谷について

染谷は見沼区の中央よりやや南東寄り、東武野田線とJR武蔵野線の間に挟まれたところにあるごく狭いエリアです。北西には思い出の里市営霊園、南東は見沼自然公園が控え、町内も林や畑など、昔と変わらぬのどかな風景が広がっています。造園業が盛んで、町のあちらこちらで花々や観賞用の樹木が育てられています。また、世界に知られるヘルメットメーカーの(株)アライヘルメット片柳工場もここにあり、1970年以来製造を続けています。

鉄道の最寄駅は東武野田線の大和田駅と七里駅ですが、どちらからも2キロ以上離れており、住民の主な足は国際興業バスです。JR大宮駅または浦和駅に直通の便があります。市の運営するコミュニティバスも大和田駅や七里駅、見沼区役所を通り、便利に利用されています。

明治の中頃までは染谷村という村でしたが、合併を繰り返し、現在はさいたま市見沼区染谷となっています。

町の中央には400席の多目的ホール、163席の多目的ルーム、集会室や和室、アトリエ、調理室などが複数設置された片柳コミュニティセンターがあり、名作映画会や各種コンサート、レクリエーション活動などが行われています。二階部分は収容冊数6万冊のさいたま市立片柳図書館となっています。

常泉寺

この町の南には曹洞宗の常泉寺があります。1500年代に建てられた寺で、本堂正面には山岡鉄舟の手による山額が掲げられています。平和を祈る広島・長崎の火が住職によって灯し続けられていて、そのモニュメントも建てられました。毎年、その火を囲む集いも催されているということです。

染谷の花しょうぶ園

染谷には敷地約8,000平方メートル、品種約200、株数約2万という規模を誇る花しょうぶの植物園があります。開花時期の6月のみ開園する施設で、園内には花見台をはじめ、あずまや、池に八つ橋、紫染庵という名の茶室、売店、ギャラリー等も設けられ、観光客も大勢訪れます。6月中旬以降はあじさいもその花を咲かせ、色とりどりの花しょうぶとともに人々の目を楽しませてくれます。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国38,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。