よりよい老後を考えた早めの選択

アンケートでいただいたコメント集 よりよい老後を考えた早めの選択

ここまでご紹介したのは、やむをえない事情でしたが、将来的なことを考えて早めに決断される方もちらほら見受けられます。理由としては「何かあったときに安心」「子供に迷惑をかけたくない」といった声が目立ちました。

友人の老人ホームへの入居がきっかけでした。私は、自分の体調に対して特に不便は感じていないのですが、これから先もそうであるとは限らないので、元気なうちに自分が入居する老人ホームを選んでおこうと思いました。

友達ができるから。適切なケアが充実しているから、これからの残りの人生を有意義になるから。

知っているホテルが改装して高齢者向け住宅になったことをキッカケに、一人暮らしで自分自身の生活に不安を抱えている祖父自身が話を持ちかけた。

出来る限り子供にかかる負担を軽減したいから。

子供達が結婚しだしたので、子供をあてにしてはいけないと、決めた。

気をつかいながら子供に世話になりたくない。

単身になったので子供たちが心配して緊急対応のあるシニア住宅を進言したので。

子供達と同居していない為、在宅介護を受けるようになった時のために今のうちから安全と安心感のために本人も望んでいる。

急を要する状態になる前であれば、余裕をもって比較検討もできますね。子供にかかる負担が気になるのは、やはり親心ということでしょうか。

【東京スター銀行】自宅を担保に資金調達できます。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国32,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。

お気に入りに追加しました

お気に入りから削除しました