質問

50代の主婦です。一人暮らしの母が高齢になり、足腰が弱ってきたため、介護付有料老人ホームへの入居を考えています。母は特定の疾患はありませんが、慢性的な腰痛を患っており、時々訪問マッサージを受けておりました。老人ホームに入居してからもマッサージを受けることはできるのでしょうか。

回答
宮下 公美子

介護付有料老人ホームでも、多くの場合マッサージを受けることができます。
「機能訓練指導員」として理学療法士などのリハビリ職が勤務しているホームでは、機能訓練指導員によるマッサージを行っているところもあります。入居予定のホームに確認してみるとよいでしょう。
機能訓練指導員によるマッサージが行われていないホームでは、外部のマッサージ師による訪問施術を受けるという方法もあります。
その際、医師が治療上必要と認めた場合、医師の同意書があれば医療保険が適用されます。まずは、訪問マッサージを受けたいことをホームに伝えて相談します。ホームに断りなく外部のマッサージを依頼することは避けましょう。 宮下 公美子(介護福祉ライター 社会福祉士 臨床心理士)

【目次】
  1. 1.老人ホームでマッサージを受ける場合は
  2. 2.訪問マッサージを受ける場合の注意点
  3. 3.訪問マッサージに医療保険は適用される?
  4. 4.他にもある、こんな訪問サービス
  5. まとめ.事前に施設に相談し、外部サービスを上手に利用しましょう

1.老人ホームでマッサージを受ける場合は

介護付きなどの有料老人ホーム、介護保険施設である特別養護老人ホームなどでマッサージを受けたいと希望したら、基本的に担当するのは「機能訓練指導員」になります。一般の介護職員は、医療行為に当たるマッサージを提供することはできないということを知っておきましょう。

※機能訓練指導員とは、日々の生活で必要な身体の動きを維持・改善するための訓練を行う職員のことで、各老人ホームに1人以上勤務しています。

機能訓練指導員は、理学療法士、作業療法士などのリハビリ職や、あん摩マッサージ指圧師などが担うほか、看護師が看護業務と兼務して担当するホームも少なくありません。
看護師が兼務しているホームや、機能訓練指導員が1人しか勤務していないホームでは、利用者1人ひとりのマッサージに時間を取るのは難しい場合もあります。

一方で、月に数回リハビリ職等が巡回訪問して、マッサージやリハビリを行っているホームもあります。また、マッサージやリハビリに力を入れ、複数のリハビリ職等を雇用しているホームもあります。入居するホームがどのような体制になっているか、事前に確認してみるとよいでしょう。

2.訪問マッサージを受ける場合の注意点

入居したホームで機能訓練指導員によるマッサージを受けることが難しい場合は、外部の訪問マッサージ師の施術を受けるという方法もあります。
訪問マッサージを受ける場合は、まず施設に相談してみましょう
。施設が懇意にしているマッサージ業者があるようなら、紹介してもらうとスムーズです。

反対に、自宅でいつも依頼していたマッサージ業者にホーム入居後も施術を受けたい場合も、必ず事前にホームに相談しましょう。つきあいのない事業者を利用されるのを好まないホームもあります。なぜ、その事業者の訪問マッサージを受けたいのか、理解してもらえるよう説明しましょう。

3.訪問マッサージに医療保険は適用される?

訪問マッサージは、治療上マッサージが必要だと医師が認めた場合は、医療保険が適用されます。
医療保険で訪問マッサージを受ける際は、事前に医師に同意書や診断書を書いてもらう必要があります。単なる疲労や腰痛、肩こりなどを対象としたマッサージは医療保険の対象ではなく、自費利用となりますので注意しましょう。

医師の同意書は、自宅で訪問マッサージを利用していた方の場合、主治医に書いてもらっていたかと思います。老人ホーム入居後は多くの場合、主治医をホーム提携の協力医療機関の医師に変更することになりますが、「訪問マッサージのための同意書は作成しない」という医師もいますこれは、マッサージ治療の必要性について判断が難しいことが影響していると言われています。訪問マッサージを利用したいという希望がある場合は、入居前にこの点について確認しておく方がよいでしょう。

4.他にもある、こんな訪問サービス

老人ホームによっては、このほかにも訪問サービスとして、「理美容、ネイル、化粧、アロマテラピー、リフレクソロジー」などが受けられるところもあります。多くの場合これらのサービスは、レクリエーションの一環として提供しています。

理美容については有料ですがプロの訪問理美容師のサービスが受けられます。外部サービスやボランティアが多数訪れているホームは、外部に向開かれている風通しのよいホームだとも言えます。訪問サービスをそんな視点から捉えてみるのもよいかもしれません。

まとめ.事前に施設に相談し、外部サービスを上手に利用しましょう

有料老人ホーム等では、機能訓練指導員によるマッサージが受けられるホームもありますが、個別のマッサージは行っていないホームもあります
機能訓練員によるマッサージが受けられない場合は、外部の訪問マッサージの利用を検討
してみるとよいでしょう。
また、医師の同意書がある治療目的のマッサージであれば、医療保険が適用になります。まずはホームに相談してみましょう。

老人ホームに入居すると、どうしても外出の機会が減ってしまいがちです。しかし、訪問マッサージや、 アロマテラピーなど外部のサービスは、外からの風を運んできてくれます。こうしたサービスを利用することで、上手に気分転換を図ると良いでしょう。

このQ&Aに回答した人

宮下 公美子
宮下 公美子(介護福祉ライター 社会福祉士 臨床心理士)

東京生まれ。ホームヘルパー養成研修2級課程修了。できるだけ現場に近づき、現場目線から情報発信することがモットー。現在、介護福祉ライターとして活動しつつ、認知症を持つ高齢者の成年後見人や神経内科クリニックの臨床心理士としても勤務している。
ホームページ「介護の世界」 http://www.e-miyashita.com/