施設介護サービスの内容と費用

施設介護サービスとは、介護保険施設に入居して受ける介護サービスです。介護保険施設には「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」の3つがあり、必要とする介護の内容により入所できる施設が違います。
上記の「介護保険3施設」は公的施設の意味合いが強いので、施設を運営する母体は、地方公共団体や社会福祉法人、医療法人などに限られています。施設建設に補助金が出たり、運営する法人が法人税などの優遇を受けられるため、入所者の費用も有料老人ホームと比べて低く抑えられます。
超高齢化社会を迎え、施設の数が足りず、特別養護老人ホームへの入所待ちの高齢者数は全国で数十万人にものぼります。多くの人が必要としている3つの介護保険施設の違いとかかる費用をみていきましょう。
老人ホーム・介護施設を探す

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

特別養護老人ホーム(以下、特養)は、常に介護が必要で、自宅での介護が困難な方が対象となります。
これまでは、「要介護1以上」の方から入所できましたが、2015年8月からは、原則「要介護3以上」の方が対象となりました。現在入所している要介護1や2の方は、そのまま継続して施設での生活が続けられます。また、やむを得ない事情がある場合は、要介護1や2の方でも入所できます。やむを得ない事情とは、例えば一人暮らしの認知症の方で徘徊などを起こし常に見守りが必要であるというケースや、同居家族の虐待を受けているケースなどがあります。受けられるサービスは、日常生活における食事や、入浴、排せつ、機能訓練や健康管理などの介助となります。

※入居条件などは施設により変動する場合があります。各施設へお問い合わせください。

また、特養には4種類の居室形態があり、下記のような違いがあります。

ユニット型個室

ユニット(10名程度)で利用できる共用のリビングなどを併設している居室

ユニット型準個室

室内は、天井との隙間がある仕切りで個室のように区切られ、ユニット(10名程度)で利用できる共用のリビングなどを併設している居室

従来型個室

リビングを併設していない個室

多床室

定員2人以上の個室ではない居室

基本的性格 要介護高齢者のための生活施設
定義 65歳以上の人であって、身体上又は、精神上著しい障害があるために常に介護を必要とし、かつ居宅において介護を受けることが困難な人が入所し、養護することを目的とする施設
主な設置主体 地方公共団体社会福祉法人
1日あたりの施設サービス費(1割)の目安
要介護度 従来型個室 多床室 ユニット型個室・ユニット型準個室
要介護3 743円 743円 830円
要介護4 816円 816円 902円
要介護5 887円 887円 944円

※東京都区部2015年8月時点。地域により費用は変動します。

介護老人保健施設

「要介護1以上」の方を対象とし、病院での治療を終え病状が安定した方が、リハビリに重点を置き在宅復帰を目的とする施設です。受けられるサービスは、医学的な管理の元、介護や看護、リハビリと日常生活の介護となります。リハビリの専門家である理学療法士や作業療法士の配置が定められており、計画的にリハビリが行われます。入所者一人につき少なくとも週2回程度行うとされています。在宅復帰を目的とする施設なので、特養のように終身利用を前提として生活することはできません。

※サービス内容などは施設により変動する場合があります。各施設へお問い合わせください。

基本的性格 要介護高齢者にリハビリなどを提供し、在宅復帰を目指す施設
定義 要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、看護、医学的管理の下における介護及び、機能訓練その他必要な医療、並びに日常生活上の世話を行うことを目的とする施設
主な設置主体 地方公共団体医療法人
1日あたりの施設サービス費(1割)の目安
要介護度 従来型個室 多床室 ユニット型個室・ユニット型準個室
要介護1 757円 837円 843円
要介護2 806円 889円 892円
要介護3 873円 955円 960円
要介護4 929円 1,011円 1,018円
要介護5 985円 1,064円 1,073円

※東京都区部2015年8月時点。地域により費用は変動します。

介護療養型医療施設

「要介護1以上」の方が対象。治療を終え病状が安定しているものの、引き続き長期間療養を必要とする方が入所する医療施設です。受けられるサービスは、介護体制が整った医療施設で医療や看護及び日常生活の介護となります。

※入居条件などは施設により変動する場合があります。各施設へお問い合わせください。

基本的性格 医療の必要な要介護高齢者の長期療養施設
定義 療養病床などを有する病院又は、診療所であって、当該療養病床などに入院するよう介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護その他必要な医療を行うことを目的とする施設
主な設置主体 地方公共団体医療法人
1日あたりの施設サービス費(1割)の目安
要介護度 従来型個室 多床室 ユニット型個室・ユニット型準個室
要介護1 689円 812円 836円
要介護2 810円 924円 948円
要介護3 1,054円 1,167円 1,191円
要介護4 1,157円 1,270円 1,294円
要介護5 1,250円 1,363円 1,387円

※東京都区部2015年8月時点。地域により費用は変動します。

施設サービスを利用した時の自己負担

施設サービス費の自己負担分(1割又は2割)に、居住費、食費、日常生活費を加えたものが、施設で掛かる費用の総額となります。

施設サービスを利用した時の自己負担

居住費と食費は、施設と利用者との契約により決まりますが、施設の平均的な費用を基に水準額が定められています。

住居費、食費の水準額(1日あたり)
施設の種類 居住費 食費
従来型個室 多床室 ユニット型個室 ユニット型準個室
介護老人福祉施設 1,150円 840円 1,970円 1,640円 1,380円
介護老人保健施設 1,640円 370円 1,970円 1,640円
介護療養型医療施設

※東京都区部2015年8月時点。地域により費用は変動します。

特養が、有料老人ホームと比べて安い費用で済むのは、居住費と食費について、水準額が定められていることと、所得が低く資産が少ない方の負担軽減が大きいといえます。所得や資産に応じて自己負担額の上限が定められており、これを超えるものは「特定入所者サービス費」として介護保険から給付されます。
「特定入所者サービス費」は、これまで所得のみが判断基準でしたが、2015年8月より保有している資産額や、住民票上世帯が異なる配偶者の所得も判断基準に加わりました。これは、在宅や有料老人ホームで生活している方は、所得や資産に関係なく食費や居住費は全額自己負担であることから、不公平感をなくすための改正です。
また、これから新設される特養は、厚生労働省が推進するユニット型が増加していく傾向にあります。ユニット型は従来型個室や多床室に比べ、人員体制が手厚く入居者のプライバシーも確保できる、というメリットがあります。一方で、従来型と比べて居住費や介護サービス費が割高となり、公的施設とはいえ費用水準が上がっていくと予想されます。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国32,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

比較検討リストに追加しました