有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違い

多様化する高齢者住宅の中で、近年急増しているのが「サービス付き高齢者向け住宅」です。一方で「有料老人ホーム」も手厚いサービスが好評で根強い人気を誇っています。ただ、一口に有料老人ホームと言っても「介護付き」「住宅型」「健康型」といった複数の種別があります。ここではサ高住とそれぞれの有料老人ホームの特徴や違いをご紹介しますので、ご自身のライフスタイルに合った住まいを探す手がかりにしてください。 有料老人ホームを探す

そもそも「サービス付き高齢者向け住宅」とは?

「サービス付き高齢者向け住宅」は、2011年10月に「高齢者住まい法」が改正され誕生した、高齢者が安心して暮らしていけるようなサービスを提供するバリアフリー構造の住宅です。「サ高住」や「サ付住宅」とも呼ばれています。高齢者向けの賃貸住宅に『安否確認』や『生活相談』というサービスがついています。介護が必要となった際は、外部の介護サービスを利用することができます。

介護付き有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違い

まずは「介護付き有料老人ホーム」との比較をしてみましょう。

介護付き有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
施設の特徴 主に介護を必要とする高齢者が、介護や生活支援を受けて居住する施設 主に介護を必要としない自立した高齢者が様々な生活支援サービスを受けて居住する施設
入居条件 原則として65歳以上自立・要支援1~要介護5※施設により異なる 主に自立~軽度の要介護
費用 入居一時金:0~数千万円月額費用:15~40万円※施設により異なる 敷金:家賃の2~5ヶ月分月額費用:10~30万円※施設により異なる
居室面積 個室 13㎡以上 個室 原則25㎡以上
主なサービス内容 介護サービス(食事、入浴、排せつ)食事の提供リハビリ、健康管理レクリエーション 安否確認生活相談生活支援(掃除、買物代行)
契約方式 終身利用権方式 建物賃貸借契約

介護付き有料老人ホームとサービス付き高齢者者向け住宅では、受け入れている方の条件が大きく異なっています。施設の特徴や入居条件、受けられるサービス内容を見てわかる通り、介護付き有料老人ホームは介護を必要とした方に特化した施設と言え、サービス付き高齢者向け住宅は、介護を必要としない自立状態の方が安心した自由な暮らしを送るために適した施設と言えます。介護付き有料老人ホームは一日のスケジュールが比較的決まっていますが、サービス付き高齢者向け住宅は、居住されている方が自由に暮らすことができ、定期的に安否確認などのサービスを受けるようになっています。
介護付き有料老人ホームの契約は、「終身利用権方式」が一般的です。施設が提供する食事や介護のサービスも同時に契約するという条件で、居室・共用部分・設備などを利用する権利を購入します。従って、住居もサービスも一緒に契約することになります。

サ高住の契約方式は、「建物賃貸借契約」になっているため、有料老人ホーム一般にかかるような入居一時金は、「敷金」という形で支払うことになります。また、契約には家を借りるところまでしか含められていないため、食事の提供」、「訪問介護」、「訪問看護」、「デイサービス」などは別に契約する必要があります。
両者を比較した場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

介護付き有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
メリット
  • ・介護スタッフが24時間常駐
  • ・人員配置基準があり、手厚い介護が期待できる
  • ・レクが多く入居者同士の交流が盛ん
  • ・毎月提携病院からの往診がある
  • ・介護費用が毎月定額なので安心
  • ・キッチンや浴室付の建物も多く、自由度の高い生活ができる
  • ・必要な介護サービスを選択できる
  • ・住み替えがしやすい
デメリット
  • ・食事や入浴時間がある程度決まっており、生活が多少制限される
  • ・まとまった入居一時金が必要
  • ・手厚い介護が受けられるが費用は高額
  • ・施設によりサービス内容が異なりわかりにくい
  • ・入居者同士の交流は多くない
  • ・寝たきりや認知症の進行など、身体状態が重度になった場合は退去の可能性あり

住宅型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違い

次に、住宅型有料老人ホームと比較してみたいと思います。

住宅型有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
施設の特徴 自立~要介護高齢者が生活支援を受けて居住する施設 主に自立した高齢者を対象に様々な生活支援のついた居住施設
入居条件 自立・要支援1~要介護5※施設により異なる 主に自立~軽度の要介護
費用 入居一時金:0~数千万円月額費用:15~30万円※施設により異なる 敷金:家賃の2~5ヶ月分月額費用:10~30万円※施設により異なる
居室面積 個室 13㎡以上 個室 原則25㎡以上
主なサービス内容 身体介護、食事の提供生活支援、健康管理のうち何れか1つ以上を提供 安否確認生活相談生活支援(掃除、買物代行)

施設の特徴や入居条件の比較を見てわかるとおり、どちらも、主に自立状態の高齢者を対象とした居住施設になっています。また、住宅型有料老人ホームは、介護サービスを施設のスタッフが提供する介護付き有料老人ホームと異なり、外部の介護サービスを入居者ひとりひとりが個別に契約して受けるようになっており、この点も、サービス付き高齢者向け住宅との共通点です。
違いは、生活の自由度と、介護度が重くなっても長く暮らせるかどうかでしょう。住宅型有料老人ホームは食事や入浴の時間がある程度決まっており、外出にも制限がありますが、サービス付き高齢者向け住宅では好きな時に食事や入浴、外出ができます。一方サービス付き高齢者向け住宅は、寝たきりになるなど介護度が重くなると退去の可能性があるのに対し、住宅型有料老人ホームは入居者の介護度が重くなった場合でも住み続けられるよう、設備や、スタッフ体制が整っています。
以下に、それぞれのメリット・デメリットを挙げます。

住宅型有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
メリット
  • ・入居者同士の交流が盛ん
  • ・提携病院による往診などが受けられる
  • ・キッチンや浴室付の建物も多く、自由度の高い生活ができる
  • ・在宅で担当していたケアマネジャーを引き継げる
  • ・住み替えがしやすい
デメリット
  • ・食事や入浴時間がある程度決まっており、生活が多少制限される
  • ・入居時は、多くの場合まとまった額の入居一時金が必要
  • ・サービス内容が多様で分かりにくい
  • ・レクの頻度は少ない
  • ・寝たきりや認知症の進行など、身体状態が重度になった場合は退去の可能性あり。

健康型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違い

最後に、健康型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅を比較します。

健康型有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
施設の特徴 食事や生活支援等のサービスが付いた、自立した高齢者向けの居住施設 主に自立した高齢者を対象に様々な生活支援のついた居住施設
入居条件 自立 主に自立~軽度の要介護
費用 入居一時金:0~数億円月額費用:15~30万円※施設により異なる 敷金:家賃の2~5ヶ月分月額費用:10~30万円※施設により異なる
居室面積 個室 13㎡以上 個室 原則25㎡以上
主なサービス内容 食事や生活支援など 安否確認、生活相談生活支援(掃除、買物代行)

健康型有料老人ホームは自立型有料老人ホームとも呼ばれています。施設の特徴をみると、「自立した高齢者向けに生活支援を行う施設」という点は共通しており、どちらも自由な暮らしができることが特徴です。
違いは、健康型有料老人ホームではアクティブに暮らしたい高齢者のニーズに合わせ、多くの場合スポーツジムや温泉、シアタールームなどの共有スペースが充実していることが挙げられます。サービス付き高齢者向け住宅はあくまでも住居ですのでこうした施設はありません。健康型有料老人ホームは設備の充実に伴って、サービス付き高齢者向け住宅よりも、入居一時金などが比較的高額です。
また、どちらも介護度が重くなると退去の可能性がありますが、サービス付き高齢者向け住宅のほうが、健康型有料老人ホームに比べると、ある程度介護度が重くなっても住み続けることができます。

まとめ

これまで、3種類の有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いを見ていきました。
大まかな特徴を挙げてそれぞれを比較していきましたが、有料老人ホームもサ高住も、今後サービスの特徴が多様化していくと思われます。まずは興味を持たれた施設の資料を請求し、是非いくつか見学してから納得のいく所を選んでください。いつまでも笑顔で過ごせる住まいが見つかりますよう願っております。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国32,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。
※HOME’S介護は、2017年4月1日にLIFULL介護に名称変更しました。

比較検討リストに追加しました