シニア向け分譲マンションの費用・料金

初期費用は数千万~数億円、月額費用はおよそ10~30万円で、初期投資は必要ですが、資産として血縁者などへの継承が可能です。

シニア向け分譲マンションの費用の考え方

シニア向け分譲マンションでは、初期費用として購入費を支払った上で、入居後に月額費用として生活費(居住費・食費・その他日常生活費)を負担することになります。介護が必要になった場合には、訪問サービスや通所サービスなどを利用して、要介護度に応じた介護サービス費の自己負担分を支払います。

下の図は、介護サービスを利用しないときの費用負担のイメージです。

例)介護サービスを利用しない場合

生活費に含まれる居住費(管理費・修繕積立金など)は地域や設備、居室の大きさなどによって決まり、一般に都市部の方が高く設定されています。また施設ごとに、その他日常生活費として、居室の水道光熱費のほか、送迎費や健康管理費、清掃費やゲスト宿泊費などの項目・料金が設定されており、入居者は、実費を負担します。詳細は施設に確認してください。

シニア向け分譲マンションの月々の費用(目安)

以下は、東京のシニア向け分譲マンションにおける自己負担額の例です。

シニア向け分譲マンションの費用(30日換算)

内訳 利用料
居住費 ¥70,000
食費 ¥50,000
その他費用 ¥68,000
合計 ¥188,000

シニア向け分譲マンションの費用は、基本的に収入額や課税額などによる差はありませんが、様々なオプションサービスによって月額費用が変わってきます。自分が必要とするサービスを利用した場合の負担金額については、施設に確認しましょう。

シニア向け分譲マンションとは

シニア向け分譲マンションとは、民間事業者によって販売・運営される分譲住宅で、場所や設備、居室の大きさなどにより、分譲価格はもちろん、管理費・修繕積立金などにもかなりの差があります。

基本的なサービスは、見守り、食事・掃除・洗濯の世話、緊急時の対応などですが、多くの場合、オプションサービスとして、多様なレクリエーションプログラムや豪華な食事、外部への送迎や外部からのゲスト宿泊などのメニューが用意されています。

また分譲形式なので物件を売却・相続・賃貸することが可能になります。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国32,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。

比較検討リストに追加しました

比較検討リストから削除しました