健康型有料老人ホームとは?

健康型有料老人ホームとは、家事手伝いなどのサポートを受けられ、日常生活を楽しむための設備が充実している施設です。主に民間事業者が運営しています。
基本的に自立(介護認定なし)あるいは要支援状態の高齢者を受け入れていますが、介護度が上がると退去となります。

健康型有料老人ホームのメリット・デメリット

健康型有料老人ホームの特長は、ほとんどの家事を施設スタッフに依頼でき、シニアライフを楽しむための図書室やスポーツジム、シアタールームなどの設備が充実していることです。ただし多くの施設では、重度の要介護状態や日常的な医療ケアが必要になると退去しなくてはなりません。

  • メリット
    • レクリエーションや設備が充実している
    • 外部サービスを利用することで、軽度の要介護状態に対応可能
    • 外部サービスを利用することで、健康状態を管理
  • デメリット
    • 重度の介護状態では、基本的に住み続けられない
    • 要介護度が高いと介護サービス費用が割高
    • 一般に、入居一時金や利用料が高い

健康型有料老人ホームの費用

健康型有料老人ホームの入居には、多くの場合、初期費用と月額利用料が必要になります。施設の場所や地域、設備やスタッフによって、初期費用は0~数億円、月額利用料は10~40万円程度とかなり差があります。なお健康型有料老人ホームは一般に、入居時一時金の額が高めに設定されています。

※下記は目安となります

  • 初期費用 0~数億円
  • 月額費用 10万~40万円

健康型有料老人ホームへの入所基準

健康型有料老人ホームでは、基本的には自立した人を受け入れていますが、「伝染病などの疾患がない」「身元引受人がいる」など、独自の入居基準を設定しているところもあります。詳細は施設に問い合わせましょう。

年齢 介護レベル 認知症 共同生活 収入・資産
基本60歳以上 自立~軽度の要介護 基本対応しない 必須でない 支払可能かチェック

健康型有料老人ホームで提供されるサービス

健康型有料老人ホームで提供されるサービスは、施設スタッフによる見守り、食事・掃除・洗濯の世話、緊急時の対応などです。

また多くの施設が近隣の医療機関と提携しており、定期的なメディカルチェックや必要に応じた治療を受けられるようになっています。

生活の援助 身体の介護 身体の機能回復 医療処置

健康型有料老人ホームの設備

健康型有料老人ホームの設備は、入居費用に応じて様々です。基本的な設備である居室、食堂や共同リビングなどの共同生活室のほか、施設によっては理美容室や医務室、キッチンや売店なども設置されています。

特に違いが大きいのは、居室と共同生活室の仕様です。居室にはトイレ・浴室・キッチンなどの設備が設置され、間取りや広さも様々です。また、共同生活室として、カラオケ・園芸・アトリエ・麻雀卓・図書室などの趣味設備、フィットネス用具・プール・温泉などの健康設備、その他ゲストルームや駐車場などを備えている施設もあります。

居室 食堂・リビング 浴室 機能訓練室
個室 あり 基本、通常浴室 あり
健康管理・相談室 洗濯室 居室内トイレ・キッチン 理美容室
あり 代行サービスあり あり あり

健康型有料老人ホームの入所手続

健康型有料老人ホームへの入居の申し込みは、各施設に行います。

入居申込書の提出、訪問あるいは来訪による面談の後、住民票・健康診断書・所得証明書などの必要書類を提出し、面談の結果を施設スタッフなどが、「要介護度」「介護の必要性」「資産や収入額」などから、総合的に判断して、入居が決定されます。

健康型有料老人ホームの入所難易度

健康型有料老人ホームが有料老人ホームに占める割合は1%以下と極めて低くなっています。入居一時金が高額であることもあって、入居者も限られるため、条件が合えば入居が特に難しいわけではありません。入居を希望する場合には、まずは施設に条件を確認した方がよいでしょう。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護施設や老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国32,000件以上掲載するLIFULL介護(ライフル介護)。メールや電話でお問い合わせができます(無料)。介護施設選びに役立つマニュアルや介護保険の解説など、介護の必要なご家族を抱えた方を応援する各種情報も満載です。

比較検討リストに追加しました

比較検討リストから削除しました